1 2 3 4 5 6 7 ... 16 17

やりたいことをとことんやる人生。


SHOE DOG 靴にすべてを。

ナイキ創業者、フィル・ナイトの自伝。

ビジネススクールに行きだしてから読書にはまって

久々に500ページ超えの本を読破したけど

気がつけば読み終えるまでに一ヶ月程かかってしまった、、、

 

 

最近はおすすめの本を読んでいたけど

たまには、自分でも選んで読んでみようと張り切ったものの

こんなびっしりの内容とは思ってなかったのですが

読み終えると、妙な達成感があります。笑

 

この本を選んだのは、好きなブランドやし

創業者が経営学修士(MBA)を取得していたから。

スポーツ×MBAという構図に惹かれました。

 

一ヶ月で読破して今思っているのは

ビジネスはお金儲けじゃないよなーって事。

本気でやりたい事を見つけて

それをビジネスにして生きるのってかっこいいし

自分も、そんな人生でありたいと思う。

 

夢中で成し遂げるというか、目の前に立ちはだかる

壁を必死で乗り越え続けるという

まさに、スポーツであり、戦いであり、これこそビジネスという。

 

そんな、戦いの中には凄いドラマがあって

振り返ることで、こんなに詰まった本になるくらいの人生ができている。

経営戦略とかも大切だけど、その前に大事な事が

やりたいコトに夢中になることなんだと思った。

 

ちなみにMBA的な方法で難題を乗り切るのかなって思ったけど

そういう話はほぼ出てこなかったのか、拾いきれなかったのか、、、

 

最後に響いたのは若者へのメッセージが

仕事や志を決めつけるなという言葉。

天職が何かわからなくても追い求め続けろということ。

 

若い頃って本当に人生が見通せなくて

目の前の事に必死になっていたけど

気がつけば、今の仕事が天職になっていたし

この言葉には凄く共感できた。

 

やっぱり、若い頃にスポーツやってたし

そういうのもあるんやろうな。

何かを夢中で生きてきたから

フィールドが変わっても夢中になれるんやと思う。

 

今の仕事が合ってるとか合ってないとか

やりたい事とか、そうじゃないとか

そんなことよりも、とりあえず熱中してみる事と

必死で考える続けるという事が大事なんやと思う。

 

まだ、41歳やし、まだまだ走れる年齢なんで

今自分のやりたい事をやり続けながら

今の天職に満足せず、もっと追い求めようと思う。

SHOE DOG 熱狂宣言 おもしろかったです。


カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論, 読書メモ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

10歳の誕生日。


本日7月19日は10回目の創業記念日です。

先日、自宅で41歳の誕生日を祝ってもらいましたー。♫

10年前本当は7月14日の誕生日に創業したかったんだけど

司法書士の先生に伝えられていたなかったので5日送れて創業したのが懐かしい。

長男は0歳だったので、気がつけばずいぶん大きくなりました。

 

その間に、次男と長女も生まれて騒がしい自宅と会社を行ったり来たり

子供の成長と共に会社も大きくなったけど、まだまだ外面だけで

内面はやらないといけないことでいっぱいの状態です。

 

とはいえ無事にまる10年経営する事ができたので

多くの会社が10年の存続を目標にして創業していると思うので

まずはライン突破できた事を素直に喜んで次の目標に向かいます。

次は20周年、51歳か、、、人生長いようで短いですね。

 

大きな目標だけど100年続く企業には絶対にしたいと思います。

131歳か、、、

まあ、まだまだこのままじゃ100年企業は無理だと思うので

当面は強い企業となるための経営体制の強化が急務です。

 

かなり素晴らしいスタッフと協力会社さんがいるので

後はしっかり仕組みを考えて、人で圧勝するだけ

やるべきミッションとやれるリソースは整っていると思うので

そこを目指して全員で突き進んで行きたいと思います。

 

greatful days… www


カテゴリー: ヒトリゴト, 素敵なコト   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

10期が終わりました。


そして、11期が始まります。

6月末でコトスタイル株式会社は10期を終える事が出来ました。

本当に、たくさんの人に助けられた10年でした。

2011年の創業の時を思い返せば、よく始めたなと自分でも思います。

 

設計とか、施工とか、不動産とかを専門とする企業はたくさんあるけど

何故かお店づくりを専門にした会社がないと思ったのがはじまり。

物件探しは店舗設計とか施工のプロがアドバイスした方がより具体的だし

設計とか施工の仕事も不動産を押さえるとスムーズに進む。

 

なにより、はじめてお店をやろうとする人達は

物件が見つからなかったり、見つかっても進め方がわからなかったり

結構苦労されている。

 

お店に特化してテナント仲介から設計施工をワンストップでやれば

きっと、喜んでいただけるに違いないと思って起ち上げたけど

本当に当時はこの想いだけでスタートした会社でした。

 

実績もないし、お金もないし、そんな僕に仕事を任せてくれるわけがないけど

そんな時でも、多くの人が力になってくれて、今日までこれました。

気がつけば沢山のスタッフと、200件を超えるお店づくりを行う事が出来ました。

創業当時から支えになってくださっている職人さんたちとは本当に長いお付き合いです。

 

とは言っても10年をじっくりと振り返っている余裕はありません。

今年は正直コロナの影響をしっかりと受けてしまいました。

業界的には悪くないけど、創業にこだわってやってきたので

時期的に創業を見送ったり、やりたいけど創業融資が後回しになったりと影響を受けました。

 

東日本大震災の直後くらいに創業したので、

まあまあ景気的には底からのスタートだし上がるのみかなと楽観視してましたが

以前に比べると金融機関さんも、創業には非常にシビアになっていて

外部環境の変化によって、ここまで事業に影響を与えるものかと勉強になりました。

 

変化に対応できる企業しか生き残れないという事はわかっていたけど

いざ、大きな変化に直面すると、以外と動けないものですね。

自分の行動力や、変化への対応力のなさに改めて気付かされました。

 

というわけで、ちょっと色々変わっていこうと思います。

事業の事については、今考えている事をまとめてスタッフと共有して

進むべき方向へ、進んで行きたいと思います。

 

それと個人としては、来年の4月に大学院生になります。

4月から通っていたビジネススクールの入試に合格しまして

来年度から大学院生となり経営学について学びを深めて行きます。

経営学修士(MBA)というやつを3年かけてマスターしたいと思います。

 

それによって、自社の進むべき方向をより強く明確にできると考えますし、

お客様のお店づくりについての経営的なアドバイスも出来るようになります。

今以上にお店づくりについてのサービスも充実させたいと思っています。

 

10年前に思いついたかのように始めた仕事ですが

多くのお客様にご利用頂き、感謝の言葉もたくさん頂きました。

創業者をサポートするという意味では同じ立場の

金融機関さんや行政さんからもビジネスモデルを評価して頂きました。

まだまだやらないといけない事がたくさんあるので

しっかりと、学びと共に、計画を実行させようと思います。

 

人の成功を必死で応援する会社で

全ての人が成長できる場づくりを実現できるように

11期から志を持って取り組みたいと思います。


カテゴリー: ヒトリゴト, 素敵なコト   パーマリンク

ビジョンもミッションも大切だけど、今を本気で行きているか。


伝えることから始めよう。

一昨日、ビジネススクールでの科目が一つ終了しました。

ほんと、何も考えずに経営をしていた恐ろしさを知る3ヶ月になりました。

受けた科目は経営戦略・マーケティング基礎。

久しぶりにガッツリ勉強したという感じで満足感はありますが

ここで満足していても意味がなくて、いかに会社に還元できるか。

スタッフや、お客様にビジネスを通じて還元できるか。

まだまだ、十分とは思ってませんが、スタートラインに立ったつもりで

もっともっと社会に意味を成し得る企業になりたいと思います。

 

というわけで、今回は教えを受けた先生一番推しの本。

ジャパネットたかた創業者髙田明さんの本。「伝えることから始めよう」

授業とほぼ同時で読み終える事が出来ました。

 

今を全力で生きれば課題は見える

とにかく、今を全力で生きる意味と結果を書かれた本でした。

今の自分が過去を作り、未来をを作る。

目の前の事に必死で取り組むから、新しい課題が見つかる。

今を全力で行きてるから課題を解決するアイデアが生まれる。

そうして、いつのまにか過去の実績となる。

 

確かに今の現状に満足していたら何も変わらないし

常に、もっと良くしたい、もっと出来ることがあると考えると

必然的に考える思考になっている。

ひとつの課題を乗り越えたら、次に新しい課題が見えてきて

それを乗り越えたら、また次に課題が見えてくる。

何もせずに、止まっているより、見える景色が変わると思うし

当たり前のように、こういう考え方ができていないとって思います。

 

仕事においては徹底的にボトルネックを見つけて修正する事が重要。

何が問題になっているのか、何がうまくいっていない原因なのか。

うまく行っていたとしても、何か問題はあるはずだという考え。

それを解消し続ける事で強い企業になれる。勉強になります。

 

できない理由を考えるのではなく、どうしたらできるか考える

これは、あらゆるところで教えてもらって来ましたが本当にそう。

結構できない理由から相談してくるスタッフもいるけど

本当は、出来る理由を必死で考えてほしいと思っています。

 

出来ない事なんてないと決めつけてしまって、どうすれば出来るだろうかと

ひたすら自分に問い続けたり、仲間に相談する事で打開できることばかりだし

そう考え出すと、まわりが変わってくると思うし仕事も楽しくなる。

なんとかなるでってよく言うてると思うけど、そういう意味です。笑

 

なんの為に売りたいの?何のために伝えたいの?

これを自問自答する事で、やってる仕事に意味がついてくる。

ただ売るだけの仕事って本当におもしろいの?なんの為に仕事してるの?

これ考えるとの考えないのでは、全然変わると思う。

コミュニケーションで大切なのは

伝える事ではなくて伝わる事が本当に大切という話し。

 

めちゃくちゃ深いキーワードで

なかなか、具体的に書くのは難しいけれど

今、話してることって相手に伝わってますか?って考えたら。

結構危険な状況が自分でもたくさんあるので

やっぱり、仕事は人と人なんで、こういう基本が大事なんだと思います。

 

期待に応えるから期待を超える

これも、響いた言葉でした。

期待に応えるのは当たり前の話しで、期待を超える

感動できるお店づくり体験にならないと

コトスタイルの存在価値ってないんじゃないんだろうか。

今、ちょっとそんな風に思って色々考えてます。

 

長期的なビジョンを持たない、目標を持たない経営をやってきた。

ジャパネットたかたでは、そうだったようです。

代わりにやってきた事が、今できる事に最善を尽くすというコト。

僕はビジョンとかミッションはむしろ大切だと思っています

ベクトルをあわせる為に、会社の方向性がぶれない為にも重要。

それで、合わせた上で今できる事に最善を尽くす。

それがやっぱりいいのかなって思いました。

多分、書かれてるのもそういう事だと理解してます。

 

なかなか、髙田さんの生涯を描いた本だったので

言いたいことがめちゃくちゃ多いし、どれも重要だし

髙田式経営戦略マーケティングみたいな印象。

でも、やってはる事は今のベストなんだけど

圧倒的な顧客目線と、スタッフ愛に満ちあふれていて

すげー感動しました。

 

夢を持ち目標を持ちチャレンジしながら今を生きる

この楽しさを多くの人に知ってほしいという髙田さんの人生論。

勉強にさせて頂いて、自分のものにしたいと思います。

 


カテゴリー: 仕事論, 読書メモ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

マーケティングってめちゃくちゃオモシロイ。


ファンベース 支持され、愛され、長く売れ続けるために

只今絶賛マーケティング勉強中ということで紹介頂いた本。

ファンベース。支持され、愛され、長く売れ続けるために。

これは、これからお店を持って出店する人に超オススメ!

僕自身も創業当時に思い描いていた事に改めて気づけました。

 

その前に少し、マーケティングってなんなんって話をすると

顧客が買ってくれる仕組みをつくるという考え方で

会社のひとつのポジション的な概念を持っていましたが

マーケティングが決まれば、会社の全てがそれに向かって動く

それくらい、経営戦略に近い重要なもの、、、と教えてもらました。(^^ゞ

 

具体的には、STPからの4Pって言葉があるんですが

お客さんのセグメント絞って、ターゲットとしてしっかり捉えて

競合等と比べて独自のポジショニングを描いて

製品、場所、流通、価格を決めるという事なんですが

もっともっと簡単に言うと、顧客の事を本気で考えろ!それに尽きる!

そう言えば、営業職の親父にも昔これめっちゃ教えてもらってた。

 

ほんで、本の内容はというと、これが秀逸。

これから、人口減少するよね。

そんな中で新規狙って商売するのって大変じゃない?

でも、今ってキャンペーンとかバズたっりするの狙ってる広告多いけど

実は、それって一過性のもので、すぐ忘れられちゃうよね。

 

それよりも、もっと今の常連さんの事考えた方が良くない。

実は2割の常連さんが8割買ってくれてるの知ってる?(パレートの法則)

そんな2割の常連さんにファンになってもらえるようにする為にどうするか。

これをガチで考えた方が、常連さんも喜んでくれるし

常連さんが、もしかしたら紹介してくれるかもしれない。(口コミ効果)

 

でも、実は20%っていうてるけど、4%くらいに絞ってもいいかも。

超コアな常連さん。ここから先は少しネタバレな感じあるので書きませんが

顧客の事をガチで考えたモノづくり、コトづくり、サービスづくり

これが、これからのマーケティングの考え方って言われると

なんか、スッと自分の中には入ってきて。

 

あっ、もっと、お店作りをする人の為に役にたてる事やろう。

お店をだされて終わりじゃなくて、そこからも応援できる仕組みをつくろう。

コトスタイルでお店だして本当に良かったって思ってもらえる会社にしよう。

そんな風に考えたら、めっちゃアイデアが湧いてきてワクワクしてます。

まじで、これは形にしようと思います。

 

というわけで、マーケティングの話。

興味ある人は是非読んでください!

きっと、これからのお店づくりで大切なコト。

びっしり書かれている気がします。

 

 

※社内向けメッセージ

あっ、うちのスタッフは、3階の本棚というか、ただの棚だけど

置いてる本は、自由に読んでくれて大丈夫なので読んでください。

きっと、この話すればお客さんも参考にしてくれると思います。


カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論, 読書メモ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

「人を育てる」から「育ちやすい環境をつくる」へ


サッカーとビジネスのプロが明かす育成の本質。

昨日に続いて読書感想文第二弾。

実は、ビジネススクールの先生に僕コーチもやってるんですって言ったら

この本を紹介されたので、速攻でポチって読みました。

しかし、ビジネススクールの先生は本当に本を良く読んでる。

知識も豊富で引き出しも多彩でかっこいいっす。

 

独立する前は必死で独立しようと本を読みあさってたけど

独立してからは必死で走ってきので読書とかしてなかったけど

振り返ると、時間作ってなかっただけやったなーと、まあ後悔。

本ってめちゃくちゃ学ぶ事があるので

勉強と合わせて習慣にしたいと思います。

 

ほんで、この本は元サッカー日本代表の菊原さんという方と

楽天株式会社楽天大学学長の仲山さんの本。

楽天で、ヴィッセル行って、横浜Fマリノスで知り合うみたいな感じで

「サッカーの育成の大切な事がビジネスにも共通する!」

ざっくり言うとそんな感じの本。

 

しかしタイムリーな話題で、昨日は天皇杯で

横浜Fマリノス(J1)がホンダFC(JFA)に敗れたり。

FC東京が順天堂大学に敗れたりと。

まあ、何が起こるかわからんところの面白さも

ビジネスに似てるという感じなのかも。

 

本題に戻って育成とはってことだけど

やっぱり大切なのは、自分で考えるという一言な気がする。

今はシュート打つところやん!

今はパスやろ!という具体的指示ではなく

選手自らが考えてプレー出来る環境を作る。

それが、自ら考える選手を育てる本質。

これはビジネスも全く一緒でめちゃくちゃ大切。

 

最近読んだ「教えないスキル」もそんな感じだったな。

ちなみにこれ↓こっちは完全サッカーモードで読んだけど。(^^ゞ

 

どちらも、決してノーコーチングを薦めてるわけじゃなく

退屈でもなく、プレッシャーも大きすぎない

今できることに対して少しむずかしい事をやることで

夢中にさせてあげることができるという環境づくりの話。

夢中っていう言葉はなんかすごくささったな。

 

グループからチームになって行くという話も興味深かった。

空気を読みながら遠慮し合うのがグループ。

そこから、ちょっとずつ言いたいこと言い合える環境に入って

それを乗り越えたら共通の判断基準をえられてチームになる。

 

あと、やっぱり怪我とか試合に出れないときにマインドが変わる。

これは、自分も高校のときに味わってるので凄く共感。

仕事ないときって、仕事が当たり前のときとマインド違うし。

そういう意味ではコロナ禍のピークの時は逆にプラスだったのかも。

 

あと、失敗から学ぶ事の大切さと、失敗の仕方も共感。

失敗してもいいというと誤解があるけど、失敗しても怒られない環境。

心理的な安心感があると、伸び伸びプレーできるという意味で

結果的に自分で考えて最適なパフォーマンスに繋がる。

教えるというよりは、環境を作るってことが大事。

まあ、サッカーでも、仕事でも、共通して大切なこと。

 

最後に、サッカーってっどこでも誰とでもやれば

ワイワイと仲良くなれるスポーツで。

それが、大人になって仕事とかで活かせたら最高だなって思いました。

 

ちなみに昨年JFAのC級指導者ライセンスとって本格的に指導も勉強中。

今年はビジネススクール通いながらB級も挑戦します。

結果的にビジネスとして会社に持って帰れるものがある気がする。

いくつになっても、結局サッカーと仕事が好きなのがわかったし

好きなことを学ぶってことが、大事なんやねー。

楽しみながら40歳がんばろ。


カテゴリー: サッカーのコト, 仕事論, 読書メモ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

仕組みで勝って、人で圧勝する。


俺のイタリアン俺のフレンチ

最近、急に本を読む習慣が出来たので備忘録的にブログに感想文。

最近通い出したビジネススクールでオススメしてもらった本。

俺のイタリアン俺のフレンチ。

 

この店は当然知っていて、超回転率にする事で原価率をガンガン上げても

利益を出せるという革命的な外食産業のビジネスモデルで

こんな突拍子もない戦略、真似でけへんわと敬遠していた店の本だったのですが

読んだら素直におもろしろかったです。

 

正直上でも書いてるビジネスモデルの話はさらっとで

それより、このビジネスがなぜ完成できたのかという話と

著者のブックオフ創業者の坂本さんの自伝みたいな部分と

そして、坂本さんの師である稲盛さんの話が大半という感じ。

 

ほんで、多分言いたいのはタイトルでも書いた

仕組みで勝手、人で圧勝する。という一言。

ビジネスモデルを作っても結局それをやるのは人。

じゃあ、どうすればみんながガツンと走り出せるのか。

 

ここに、経営理念とかフィロソフィとかが出てきて

だから、そこまで熱い想いが浸透されて

それが、結果としてここまでの繁盛店を作ったんだという結論。

簡単に書いてるけど、めちゃくちゃ重要。

 

コトスタイル株式会社も7月で10周年を迎えるタイミング。

スタッフも増えて、これからが本番というタイミングで

うまい事出会う事ができた良い本でした。

組織作りで迷ってる方に是非オススメの一冊です。

しかし、坂本さんも凄いけど、稲盛さんって本当に凄い人ですね。

頑張らないと!(^^ゞ

 


カテゴリー: 読書メモ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

中古不動産を売却するのか賃貸するのか。


使っていない建物があれば是非ご相談ください。

使っていない建物があるんだけど、どうするべきか。

今使っていない、相続によって引継、理由はいろいろ。

今まで考えても来なかったけれど、

実際そのような状況であった時に頼るのが不動産会社です。

 

だけど、不動産会社と言っても色々な種類があるのと

たくさんの不動産会社があるので、どこに行けばよいかわからない。

不動産って大きな金額のものだし、

不動産屋さんってなんだかちょっと怖いし。

特に相談しずらいですよね。

 

だから、うちに来てください!とは言いません。

でも、僕たちがやっている仕事の事を知ってもらえたら

たくさんの不動産会社さんの中で探してた会社に

選んでもらえるかもしれません。

 

というのも、僕たちは不動産といっても

店舗に特化して不動産デザインやプランを行う集団として

2011年から200店舗程のお店の出店を

テナントの紹介からお店のデザイン、施工と行ってきました。

 

そして、実は最近、その実績をご覧になった家主さんから

うちの建物の募集をお願いできないかという相談をいただきます。

先日も相談をうけたのは、二階建ての木造店舗付住宅。

一階がご夫婦で営業される薬局で二階がご夫婦のお住まいです。

 

近くに大手薬局が出店されて厳しい経営状況なのと

年齢の事も考えると、今の事業を撤退してテナントで貸せないかという内容。

そこで、当社ではいくつかのプランを提案させて頂きました。

 

約35坪の薬局スペースを2階のご自宅への動線と切り離すのが前提で

1フロアで募集するものと、2フロアに分けて募集するものです。

電気、ガス、水道といったインフラをどうのように分けるか

そして、どのように家主業として管理していくか試算します。

 

今回の立地の場合、特にコロナ禍であった事から

当社でも大きな面積よりも10坪〜20坪程度の問い合わせが多いので

2フロアに分ける方が募集がしやすいと考えていました。

ただ、当然現状の1フロアに対して2フロアの方がコストがかさみます。

メリットとデメリットをじっくり相談した結果

こちらの家主様は2フロアに分けることを決意して頂き

まずは、区画分けの工事がスタートしました。

 

そして、工事をしながら2区画の募集をスタート。

結果見事に2区画の申込みが入り入居が決定しました。

このような形で出店のお手伝いをしてきた経験に基づいて

テナントで貸すという側のお手伝いも最近は行っています。

 

それから、実は店舗だけではなくてリノベーションもやります。

リノファクという中古住宅の販売からリノベーションまで

ワンストップで行うというサイトも運営しています。

その為に、リノベーションしたいという方に向けて情報を提供できるので

中古住宅の売却のご相談もさせて頂けます。

 

これによって、テナントとして賃貸で貸すのか。

それとも中古住宅として売却するのかというような

2つの選択肢で中古不動産の活用をご提案できます。

基本のご提案はどちらかですが、これは会社のお話。

 

僕自身は以前の職場で他にもいろいろな活用をしてきたので

もしかしたら、この2つ以外のご提案をするかもしれませんが

僕たちの店舗を創るコトとお店の様な住まいを創るコトが

こういった形でお役にたてるという事が最近増えているので

もし、そのような会社を探されていたらご連絡頂いてもよいかもしれません。

空いている不動産をデザインの力で生まれ変わらせる。

ぼちぼちですが、そんな仕事のご相談もやってます。


カテゴリー: ヒトリゴト, プロジェクトレポート, リノファクのコト, リノベーションのコト, 不動産のコト   パーマリンク

2021年入社式。


新しい仲間が2名加わりました。

4月1日いよいよ新年度がスタートしました。

今日から社会人になられる方も多くおられるのではないでしょうか。

新社会人の皆様、本当におめでとうございます。

これからの人生は、今まで以上にエキサイティングで面白いものになるはずです。

もちろん苦しいことや、腑に落ちない事もたくさんあると思います。

でも、だからこそ得られる事もたくさんあります。

今日のワクワクを忘れずに前に進んでください。

 

さて、当社も今年は2名の新入社員を採用させて頂き、

先程、入社式をささやかだけど執り行わせて頂きました。

その場でも話したけれど、本当に数ある会社の中から

コトスタイル株式会社を選んでくれた事に感謝しています。

 

正直、今回は予想を超える応募を頂きました。

面接やインターンを行って共に働きたいと思った2人です。

企業理念である人の成功を必死で応援する会社の基

2人が社会人として成長し、成功を掴める様に

全力でサポートできればと思っています。

 

誰か現場行ってるだろうと思ってましたが久しぶりの全員集合。

みんな、2人の事を心待ちにしていた様子が伺えます。

組織は変化し続けなければいけない、その為にも新しい2人には

新しい目でコトスタイルを見て頂き、今の時代を行きてきた目で

新しいコトスタイルを作って行ってほしいと思っています。

 

全員マスク着用してソーシャルディスタンス。

昨日バッタバタで席替えしてくれていた跡形などひとつもありません。笑

新たなメンバーで本日よりあらためてスタートいたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


カテゴリー: ヒトリゴト, 素敵なコト   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

創業相談。


久しぶりに創業の相談を受けました。

コロナ禍になって毎月やっていた複数の方が参加されるセミナーは辞めてたのですが

もしセミナーの開催が決まれば教えてくださいというメールが届きました。

あぁ、こんな僕の話でも聞きたいという方がおられるんだと嬉しく!

とはいえ、まだセミナーの予定もないので、個別相談なら出来ますよと連絡したところ

ご来社いただき、久しぶりに創業相談を受けることになりました。

 

久しぶりの開業相談でしたが、やりたい事はとても具体的にお持ちだけど

費用の面だったり、販路の計画だったり、想像できない部分も明確なご様子。

何からはじめて、誰に相談すればよいかがわからないという感じでした。

結果、まずは前向きに事業計画を創りはじめることが大切だとお話しして

進め方について具体的にお話しして、きっとスッキリしてくださったと思います。

 

久しぶりの創業相談を受けながら、昔は結構やっていたなと感じながら

セミナーが出来ない今、個別相談をやってる事もしっかり伝えないとと反省。

ーーーー

というわけで個別相談のご相談窓口はこちら。>>>

ーーーー

もっと、創業を目指されている方と話す機会を設けないとと思いました。

創業の話は夢もあるし聞いていて楽しく、アイデアも湧いてきます。

聞きながら自分の刺激になったり、この仕事好きだなぁと思ったり。

久しぶりの創業相談でしたが、こちらがパワーもらった感じかもしれません。

 

事業計画書を作成されるのは少し時間もかかると思うので

次お会いできるのは、また少し先になるかもしれませんが

きっと素敵なお店のイメージを具現化して頂けると思いますし

そのときには、しっかりとお力になりたいと思います。


カテゴリー: ヒトリゴト   パーマリンク
 1 2 3 4 5 6 7 ... 16 17