リーダーシップとは何か?

目指すべき組織とリーダーとしての心構え。

 

2024年がはじまり、この本から読もうと手に取ったのが

この「サーバントリーダーシップ」だった。

2021年の4月から通い始めたグロービス経営大学院も

残すところあと3ヶ月で一旦修了する。(5ヶ月前に書いてます。)

 

様々な経営に関する学びを一通り学んだからこそ

リーダーシップとは何か?といった問いが生まれ

この本にたどり着いたと思っている。

 

リーダーにも様々な種類のリーダーがある。

俺について来いと先頭を走るタイプや

指示をしながら後ろで指揮をとるタイプ。

でもどちらも何か違うと感じていた。

 

そんな中で、サーバントリーダーシップといった

奉仕するリーダーについて書かれた本を読み

まだまだ理解しきれていないけれど、多くの共感を感じた一冊だった。

 

“他者への思いやりや、能力の高い者と低い者が奉仕し合うことこそ、

良い社会を築く確固とした礎である。”

 

“信念と批判との間にある健全な緊張感の必要性。

それは高い成果を上げる組織を作るための活力として必要なものである。

運営幹部とスタッフにはほとんどの場合、信じる事が必要とされる。”

 

“人は誰しも完璧ではない。すべてを任されるべき人はいないのだ。

完璧さというものは、対等なメンバーとして

関わる人々と能力を補い合うことによってのみ見いだされる。”

 

奉仕し合える関係を築くこと。

それを率先して実行するのがリーダーシップではないかと思う。

 

“仕事のために人間が存在し、また、人間のために仕事が存在する。

違う言い方をすれば、企業は製品やサービスを顧客に供給するために存在し、

また、意義のある仕事を人に与えるために存在するのだ。

つまり、企業は奉仕する組織になる。

サービスを提供する者と受ける者の双方に奉仕する組織になるのである。”

 

そして、仕事こそがリーダーシップとしての営みの象徴であり

人が生きていく上で大切にしなければいけないものが詰まっていると感じている。

仕事を通じて助け合いながら共に導き合えるような関係。

そのはじまりこそが、奉仕からはじまるように感じる。

 

“初めのうち、新しい企業倫理では、

社員と顧客への奉仕の割合が同等かもしれない。

だが、経済が発達して生産性が高まるにつれ、

消費者の意識も向上し、より少ないもので満足するようになる”

 

“すると、消費者よりも社員に対する奉仕が勝るようになり、

製品やサービスを生み出すこと以上に、

働く喜びこそが、仕事をする意義となるだろう。”

 

働くことこそが喜び。

まさに僕が思い描く働くが楽しいと感じる世界を広げるといった

僕自身の志に通じる。

 

“さまざまなスタイルを持つ有能な人材がのびのびと活躍できるためには、

多様な環境を生み出す必要があるからだ。

企業のリーダーと経営陣がこうした一連の動きの背景を提示すれば、

社員ひとりひとりが目的をはっきりと見据えることができる。

それによって、社員は必要なときに適切なサポートを得られ、

個性を失わずに、より大きな目的を果たすための一員として

自分も働いていることを実感する。”

 

この本書に書かれた一文こそが、僕が成し遂げたいことを言語化している。

そのために、まず僕自身が獲得すべきものとは?

 

“聞くというのは姿勢、他人が話すことや伝えようとしていることに対する姿勢のことです。

まずは心から関心を寄せる。すると注意深く耳を傾けることになり、

それによって深い理解につながっていく。そうやって知識を得るのです。”

 

人の話を聞くと言うこと

 

“真のリーダーシップとは

極めて個人的なことでありながら

本質的には集団的なものなのだ。”

 

組織のなかで、仲間の声を傾聴しながら

いかに組織を導くかを考え尽くす。

 

そしてそんな考え尽くしたこと

それを実現する為に3年学んだことが活かされる。

結局最後は人だと卒業前に改めて思う。(5ヶ月前の書いていて卒業済みです)

 

改めて過去に書きためていたものを読み

自分が人とどのように関わるべきかということを改めて考える機会になった。

人は人としか成長できない。

そのために、奉仕の精神を持って関わる気概を持ち続けないといけない。

もっと、相手のことを知ろうとしなければいけないし

そのために、自分のことも知ろうとしなければいけない。

カテゴリー: MBA(経営学修士), ヒトリゴト, 仕事論   タグ:   この投稿のパーマリンク

マーケティングカンファレンスに参加して感じた気づき。

クリエイティブ・ジャンプとは

アジェンダノートを手掛けられている株式会社ナノベーションさんの

マーケティングカンファレンス ネプラス・ユー京都2024に参加してきました。

アジェンダノートは尊敬する大学院の講師の方が時々出られているのがきっかけで

マーケティングはどんどん変化するのでトレンドを知るために見てます。

 

そんなアジェンダノートを見ていたせいかわからないけれどSNSで

マーケティングカンファレンスを京都でやられるということを知って

これは、行かない理由ないな、あるとしたら時間との兼ね合いだけだから

まあ、時間をなんとかすれば行けると信じて申し込んで行ってきました。

 

今回のテーマはクリエイティブ・ジャンプということで

マーケティングの施策が決まった上で、どうクリエイターとクリエイティブするか

みたいな話が聞けるのかなと思っていたのですが、全然そんな話じゃなく。

改めてマーケティングは全ての業務に繋がっていて

マーケティングをクリエイティブ・ジャンプすることを考えるという二日だったように感じます。

 

はじめにコクヨの黒田社長がスピーカーで話されていて

組織づくりと仕組みづくりの話をされていたので

正直勝手な思い込みがあったので、なかなか内容が入ってこなかったのですが

その後の他のスピーカーの方々があらゆる角度でクリエイティブ・ジャンプという

キーワードについて自分なりの見解を話されていることから理解がはじまりました。

 

とにかく今の時代、みんな勝ちパターンなんてない中で

違う感覚を企業に取り入れようと色々な取り組みをされていました。

例えば、社長とか役職で呼ばずにニックネームで呼び合う文化だったり

プロトタイプはガンガン作っていいよっていう文化だったり

その業種や業界だからできる羽目の外し方を色々考えながら

羽目を外せる組織づくりと仕組みづくりをしないといけないという危機感を感じました。

 

羽目を外すようなぶっ飛んだ遊びごころのある組織を作って

面白いことが柔軟にスタッフから続々とアイデアがでるような仕組みを作って

とにかくイノベーションの種をつくる組織文化を作ろうとしているような

そんな風に自分なりに二日間を味わってみました。

これがマーケティングについて感じた気づき。

 

あと、それ以外に感じたのはネットワーキングについて

本当に20代の若いビジネスマンが参加していて一生懸命名刺交換して

必死で色々な人に関わりあって話をしている姿にやられました。

こんなにもビジネスに熱狂しているんだ凄いなって。

また20代の方が200人ほどの前でプレゼンテーションを30分されている姿にも

自分の20代の時に比べて悔しいけど環境が違いすぎると少し悔しくも感じたり。

まあ、すごく栄養をいただける時間を過ごせたと思います。

 

 

個人的に好きな企業さんの社長さんのお話が聞けたし

やっぱりぶっ飛んでるし、ぶっ飛ばないといけないんだなって

経営者としてマーケターの目線を絶対に持ち続けることで

もっとビジネスに熱狂したいと背中を押してもらったような感じの二日でした。

いつも言ってるけれど、ほんまもっと頑張らなあきまへん。

カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論, 未分類   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

オッサンは劣化するのか?43歳の僕がやるべき事はあるのか?

日本における社会構造の問題について

MBAでは授業以外にも読書会やろうよなんて感じでお誘いが来る。

そんなノリで今度読書会やるからどうって感じで紹介してもらった本。

 

劣化するオッサン社会の処方箋

 

その時は確か一年目で宿題にアップアップだったので

とにかく購入したはいいけど、本が溜まりまくって全然読めず

通称積読(ツンドク)と言われる状態になっていた本。

 

処方箋という言葉から、勝手に医療系の本かなと思っていたけど

色々読み終わったタイミングでふとこれが目についたので手に取ってみたら

山口周さんの本だったので興味が沸いて3日で読破。

読書会の時も馬力出しておけばよかったと後悔。

 

内容としては、今の日本社会に対する苦言であり

簡単に説明すると日本が良かった時代では

企業を作ったリーダーと言われる人たちが活躍する機会がたくさんあったけど

その次の世代は、そんなリーダーの元で学びの機会を得られたとはいえ

リーダー達を超えるような経験をする機会を得る事はできなかった。

 

そして今、さらにその次の世代の人たちはそんなオッサンたちの元で

まさかリーダーのような経験の機会に巡り合う事はできず

当然のように、今の日本社会が衰退しているというロジック。

 

だから今の日本はあかんねん!という事が前半に書かれていて

では、この先そんなオッサン達はどうするべきかという事が後半に書かれている。

具体的には人生100年時代と言われているからこそ

学び続ける事が、いかに重要かという事だったので

まあ、これからも挑戦を繰り返し、学び、成長し続けるスタンスは変わらず行こうと思った。

 

これがオッサンに対して、めちゃくちゃはしょって説明した内容。

ただ、それよりも、読みながら感じたのは今のオッサンよりも

これからオッサンとなる世代について考えたりしていた。

 

学びという概念について量よりも質を高めなければいけない。

学びには教養と経験に大きくわけられる事ができるけれど

とくにこの経験からの学びの影響は大きい。

 

例えられていたのは、20年同じ仕事をやっているとしたならば

最初の1年は学びだけど、残り19年は学んだことを継続しているに過ぎない

といったまあまあ厳しい論考。

 

でも、より具体的な事例として山中教授がIPS細胞について

はじめから研究をはじめたわけではなく別の研究を行うなかで

ひとつの専門的な研究を続けるべきかについて相談し

そうではなく、他にも多くの研究をするべきと助言された例が印象的だった。

 

僕自身も店舗デザイン設計施工という業務を学び独立を考えたけど

親父の反対もあって、それなら他の事も学ぼうと不動産を学んだ経験があるし

昔のような一社に勤めるリスクについては

今の人達も、独立するかしないかではなく、自らのキャリアを真剣に考えた上で

今どのような学びが必要かということを考え続ける事が重要だと思った。

 

また新しいことに挑戦するということについても書かれていた

新しいことに挑戦したいという人はたくさんいるけど

新しいことをするために、今のことを辞める方が難しい。

僕の場合は、なぜかタイミングとか、環境がうまいこといって

新しいことに挑戦しやすかったのかもしれないけど

この点も人生において日々考え続けるべき問いなんだと思う。

 

まあ、オッサンが若い人に向けて発信してもあまり響かないと思うので

あまりこの点を言及するのはこれくらいにしようと思う。

そしてオッサン、いや自分に向けて結局いくつになっても

良い学びをし続ける環境を作り学びつづける姿勢が大切だと感じている。

 

“最もシンプルかつ重要な処方箋は、私たちの一人ひとりが、

謙虚な気持ちで新しいモノゴトを積極的に学び続けるということになると思います。”

 

この最後の一言が本当に大切なんだと思う。

成り行きで得た立場にあぐらをかくんじゃなくて

いつまでも、心は若々しく、学びに貪欲で、知識も豊富となり

人生を楽しめるような生き方をしたいと思う。

 

そして、自社でも学びの機会を作ろうということで

今月読書会を開催することにしました。

さて、何人のスタッフが集まってくれるだろうか。

オッサンの挑戦は続く。

カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論   タグ:   この投稿のパーマリンク

起業家はどこで選択を誤るのか

誰とやるかと何をやろうとしているかが重要

 

MBAも残すところあと3ヶ月となった。

やっぱり応用展開科目は創造系をとろうと

ベンチャーマネジメントやベンチャー戦略プランニングといった

スタートアップのケースをじっくりと学ばせてもらった。

 

なぜ創造系なのかというと、今の事業の立ち上げと

いわゆるスタートアップの立ち上げの差について学びたかったから。

この差については本当に学びが多かった。

 

ベンチャーマネジメントでは自社がスタートアップではなく

スモールビジネスを展開しているという現状に気づき。

ベンチャー戦略プランニングでは、

スモールビジネスとスタートアップでは起業の考え方が

まるで違うことを知る事ができた。

 

そして、この本では、何を大切に起業という

ビジネスを立ち上げる上での難所に対する

判断軸をいかにもつかという点が示唆されていた。

 

その他の授業ともリンクしながら

僕自身が何を大切に会社経営を行なっているかに気づけたから

この本はめちゃくちゃ大切な気づきを得る本となった。

 

起業はひとりでやるべきか?それとも誰かとやるべきか?

そして事業規模が拡大するなかで、どのような人を雇うべきか?

また必要な資金に対しては、どのような資金調達を選ぶべきか。

その答えはひとつではなく、それぞれの想いに繋がっている。

 

だからこそ、なぜ起業するのかという本質が

いかに重要かという事が、今だからわかるし

今だから上記の問いにも答えられる。

 

ただ、今後の展開次第では、

判断軸や打手のオプションは変わる可能性もあると思う。

きっと、今後環境の変化で僕自身の価値観も変化する。

その時に今までの体験だけで判断するべきか。

または、これからの体験が変化を促すか。

どちらにしても、そこから全て繋げないといけない。

 

とまあ、3ヶ月前にこんな文章を書いていたんだけど

MBAも終わって、ゆっくりしようとは全く思わずに

学びを止めないためにも、継続して大学院には通うことを決意して

昨日も仕事から帰って授業というルーティン。

 

ちなみに、今この誰とやるかって話のところを読みながら

やっぱり、自社からもっともっと発信しないといけないということを感じてる。

コトスタイルでこんなことやろうと思ってる!そんな想いを打ち出さないと。

それを一緒にやりたいって人はなかなかキャッチアップできないし

そういう仲間が集まりにくくなっていたことも反省している。

 

でも、なんだかんだで、理念やビジョンやビジネスモデルやビジネスの想いには

一人一人と話すと共感してくれているようだし、もっと対話の数を増やして

やっぱり今のメンバーに想いを伝えるということをしたいと思う。

もちろん一人ひとりの人生だから、ずっとここに居てほしいとも思わないし

ここに居たから次に挑戦できるような場所にもしたい。

でも一方でやっぱり、ここでも挑戦できる場を作るということも大切だと思ってる。

 

このところ急にいろんな事が動き出してきたので

しっかりとその波に飲まれるんじゃなくて、

どこに向かって進んでいるのか明確にしながら

そんな船に乗っかりたいなって思える仲間が増えるように

今の仲間ともっと高いところ目指していこうと改めて思う。

 

でも、やっぱり何をやるにしても人なんだと。

改めてそう思う。

 

参考図書:起業家はどこで選択を誤るのか

カテゴリー: MBA(経営学修士), ヒトリゴト, 仕事論   タグ:   この投稿のパーマリンク

商品やサービスのネーミングについて

ネーミングの極意

情報が多すぎて疲れるなと感じているのは歳のせいだろうか。

お店づくりの仕事をしているにも関わらず、店探しに疲れる。

昔は雑誌で情報収集して、店を回るのが好きで

高校生くらいの時は京都でアパレルショップを回りまくってたし

社会人になったら、外食に目覚めて店巡りまくってた。

 

でも、最近はなにか探すのがとてもしんどくなって

パッと目についたもので、決めてしまってる事も多い気がする。

情報が増えたことによる副作用なのかなと思ったりするけど

そんなパっと目につくもののひとつにネーミングがある。

 

店名、商品名、サービス名、メニュー等

めちゃくちゃ考えて、めちゃくちゃ試行錯誤して作り込んでいるけど

そういえば、ネーミングのところ疎かにしてません?

結構、えいやって感じで決めちゃったりしてません?

まあ、その時は入念に考えるんだけどネーミングってすごく難しい。

 

というわけで、ネーミングの極意て本を読ませてもらいました。

なんと、ノートパソコンというネーミングを作った人の本で

こんなにもネーミングひとつで変わるものなんだという事例や

ネーミングをつけるときのヒントが満載の本でした。

 

今までやってきた事を振り返ると、ここまではできていなかったなと思う。

これだけ情報が増えた中で商品やサービスで選んでもらう側の人にとっては

一度読んでおいた方がよいかもしれません。

しかし、そう思うとずいぶん世の中が変わったという感じですが

そんな変化を楽しみながら仕事しないといけないですね。

 

また、これからもいろいろやっていくんで

その都度、ネーミング考える度に開こうと思います。

 

カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論, 読書メモ   タグ:   この投稿のパーマリンク

リーンスタートアップ

起業・経営のプロセスに対する変化について

現在、MBAに通いながらベンチャー戦略マネジメントという科目を学んでいて

その推奨書籍という事でリーンスタートアップを購入した。

リーンスタートアップという起業プロセスはなんとなく知っていて

PIVOTを繰り返しながらプロセスを構築する事を言うのかと思っていたけど

もう少し深い内容であり、今の経営や、人生にも、つながる話だった。

 

いかにユーザー目線で変化させるか、もしくは我慢するか、

これは経営において、もっとも本質的な問いであり体系的な学びにもつながる

そして経営することは、いかに実践の中で経営を学ぶかという話にもつながる

 

いかに自らのビジョンを達成させるか

その為にファクトを分析しながらロジックで戦略をつくる

そして、その戦略に従って、仲間と共に行動する。

 

ただ、そんな簡単に成功への手がかりを掴むことはできないし

手がかりを掴んだとしても、そこからまだまだ試練は続く

そんな経営を進める道の中で最適解を見つける為の仮説を打ち立て

素早く検証作業をすすめるサイクルを回さなければいけない。

 

戦略、プロアダクト、サービス、マネジメント、マーケティング

経営はひとつを行うだけではなく、これらの一貫性を保ちながらも

経済の変化に対応し続ける事が求められる。

 

この全体の流れに対してリーンスタートアップを考えるという事こそ

この先の経営にとって重要な要素になるし。

この先の人生にとっても重要な事だとつながりをもって感じる一冊だった。

 

どのような問いながら、生きていくべきか。

そして、いかに答えを導きながら決断し進めるか。

失敗を恐れずサイクルを回すことを考えられるような

気持ちが大切だと教えてもらった気がする。

カテゴリー: MBA(経営学修士), 仕事論, 未分類   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

デザインについて学び直さないといけない4

デザイン経営4冊目(パーパス「意義化する」経済とその先)

デザイン経営DAY2が終わった今回もデザインという仕事の価値について学んだ。

今デザイン経営という授業を受けながら、企業がデザインを重要に捉え始めている事。

一方で、古い体質の経営層の企業では、デザインが不要だった時代の

成功体験が阻害要因となり、デザインを受け入れることができないどころか

デザインが必要だと感じている社員がいるにもかかわらず

そんな声が経営層に届かないというリアルがあるという事を知った。

 

うちは幸いにしてデザイン学んできた子たちの集まりだから

そういう意味ではデザインに対する理解や価値は当然持っているし、

おそらくみんな、デザインをする為に集まっている組織だと思う。

ただ、デザインだけで経営はうまくいかないという視点が重要で

あくまでもビジネスでり経営だという事を十分に理解しなければいけない。

だから、僕はこうしてMBA(経営学修士)を学んでいるんだと感じた。

 

約2年半学び続けてビジネスという経営学を体系的に学べ

得られたものの大きさは、本当に来てよかったというよりも、来ないとやばかったと

思うくらいに衝撃的で人生に対するインパクトは大きい。

 

そして、今回デザインの価値について改めて学び、

いかにビジネスに取り入れるかということについて考える機会をいただくことができた。

そして学びながら感じたのは、多くの企業でビジネス人材が多い中で

デザインを取り入れることに対する難しさを感じている企業が本当に多いという事。

そして、逆に僕はデザイン人材が多い自企業で

ビジネスを取り入れることの難しさを感じているということがわかった。

 

ビジネスだけでも駄目で、デザインだけなんて考えられない。

そんなビジネスとデザインの関係について学んだうえで

わかったことが、ビジネスとデザインをつなぐビジネスデザインという領域だった。

経営者として組織のリーダーとして経営をデザインする。

これこそが、僕自身がきっと終生成し遂げるべきことなようにも感じる。

 

前置きが長くなったけどビジネスとデザインを繋ぐという難しさ

こんな素晴らしい授業の講師は以前も書いたけどTakramというデザインファームの

田川さんと佐々木さん、前回は田川さんのイノベーションスキルセットを読み

続けて佐々木さんのパーパス「意義化」する経済とその先も読ませてもらった。

 

パーパスについては少し前に数冊読みながら自社のパーパスを策定したので

しばらくは別のジャンルの本を読もうと思っていたにもかかわらず

こうして、偶然化、またパーパスに出会ったりするから

やっぱり、今年はパーパスが自分にとって重要なんだと捉え直している。

 

パーパスについては以前書いてきたことの復習も多く

やはり企業はもはや営利な組織だけでは生き残れないと強く感じた。

 

“これまでは「ユーザーに喜ばれるだろうか」

「ユーザーの真の課題に寄り添っているだろうか?」という、

ユーザー視点を徹底することで広く支援を獲得できたが、

もはやそれだけでは不十分だ。

今後は「我々のビジネスや取り組みは地球にとってよいものだろうか」という

「地球中心」の視点を加え、さらにそれをユーザー中心思考より

優先させる必要があるだろう。”(文中より抜粋)

 

これはパーパス関連の書籍のほとんどに記載されており

システム思考に近い概念であり、著書の佐々木さんも同様に重視されていた。

 

また、少しリアルな考察も記載されていた。

“気候変動についてはいくつかのショッキングなデータがある。

2020年春のIPSOSという調査会社の国際比較調査で

「人間の活動が気候変動につながっている」と考える人の比率は、

日本がダントツの最下位であった。”(文中より)

生まれたときから日本に生まれたことに対して誇をもっていたけど

本当に日本は置き去りになってしまっている事にショックを受けると共に

まじで、こういうのやっていかないとやばいと感じてる。

 

“メーカーが「新しくモノを生産する主体」であり、

消費者が「消して費やす主体」であるという、

20世紀型のありようは姿を消しつつある。

作ること、そしてそれを単に消費することは、

これからの経済活動において主役の座を徐々に失っていくはずだ。”(文中より)

 

“これまでのビジネスが「作って、売って、終わり」という単線型だったとしたら、

消費者と心理的につながり、消費者と企業の間でモノがループし続ける時代においては、

その円環の中で複数の課金ポイントを構築していくような

ビジネスモデルがたちあがっていくだろう。”(文中より)

ここでもやはり”こころを知る”という事の重要性を改めて感じる。

 

このような考えを今の事業の先に見据える事ができているだろうか。

正直全然だめだし、本気でやれていない。

本当に、長期的な目線で仕事に取り組まなければいけないし

未来のこどもたちに見せられるようなものでもない。

 

“一時的な目的や偽りの目的はすぐに消費者に見破られます。

マーケティングに偏りすぎた目的も、消費者の心には響かない。

消費者が望むのは、彼らが関わるブランドとの真の意味でのつながりです。”(文中より)

 

“これまで企業にとっては高機能の製品を作ることを(What)、

それをよりよい顧客体験やメッセージを通じて届けていくこと(How)が重要だったが、

これからはパートナーとして信頼に足る人物(Who)か、

自分と同じ価値観(Why)を持っているかがとても重要になっていく。”(文中より)

 

時代の変化とともに企業の在り方、目的、立ち位置、消費者との関わり

すべてが大きく変わっていることは、この言葉からも明白だと思うし

先日学んだカスタマージャーニーとブランディングでの学びにも繋がる。

ブランドとお客様が共感・共鳴・共振して絆が生まれるほどの事を成しているか。

 

“「社会の探索」では、自組織の周辺で起こっている社会の変化を捉え、要素を抽出する。

ここで大切なのは、現在起こっていることだけでなく、

将来大きなインパクトになりそうな「兆し」を捉えることだ。

気候変動、格差や分断など人類がかつてない地球規模の課題に直面している今、

組織はより大きな視点で社会の変化を把握し、

社会からの期待を捉えることが求められている。

そのためにも、自組織の枠の外に目を向ける「枠外発想」が重要となる。”(文中より)

 

パーパスを定めるときに重要な事として

自組織の探索と社会の探索があると記載されていた

そこにパーパスがあると学んだ。

 

僕たちは「オモシロイ世界を広げる」というパーパスを掲げようとしていたけど

こんな一方向で本当に良いのだろうかと今は思う。

自組織においては、お店創りを追求しながらオモシロイ場所を広げる

社会的には空き家問題や環境問題に対するリノベーションの意義を用いた解決を目指す。

そのように考えると使い切れていない土地や建物をオモシロイ世界へと

変えていくというパーパスを作らないといけない。

社員が納得して自ら行動できるくらい明白に言語化しないといけない。

 

さいごに、本書でのメッセージ

“未来を構想するためには、入念に磨き上げられた意義の力が必要になる。

何のためにその組織は存在するのか、という深い問いから構想される未来には、

資金や人といった事業リソースを集める力がある。

ビジネスモデルだけでなく「意義」が、

持続的な競争力の源泉となる時代が訪れようとしっている。”(文中より)

 

この様な視座で経営を行う企業が増えなければ

数世代先の未来はどうなっているだろうか。

僕たちも小さな組織ではあるけれど社会の中の一組織として

このような知見を十分に理解して事業を営まなければいけない。

 

そして、デザインの話しに戻って、このような事を実現する為に重要なこと

それこそが、ビジネスとデザインとテクノロジーなんだと思う。

ここを追求して、将来のコトスタイルやグッドランプの姿を描き仲間に伝え

仲間と共に実現させえることこそが、僕のこの先やるべき仕事になる。

もっともっと考え尽くさなければいけない。

カテゴリー: MBA(経営学修士), ヒトリゴト, 仕事論   タグ:   この投稿のパーマリンク

デザインについて学び直さないといけない3

デザイン経営3冊目

デザイン経営の授業がはじまった。

デザインを学んでいたことを改めて幸運だと感じた。

デザイン思考やデザイン経営という言葉に出会い

自分がデザインにもビジネスにも関わっていたにもかかわらず

知らないことが本当に多すぎて悔しいけれど

今、改めてデザインこそ、最も学ぶべき科目だと感じている。

 

というわけでデザイン経営の講師Takramという会社の田川さんの本

イノベーション・スキルセットを10月頃に読ませてもらって

書きとどめていたものを今日久しぶりにブログにアップしようと思う。

 

これからのビジネスの考え方について

今までといかに変わっていく必要があるかについて書かれていたし

授業で受けたことについても多く触れられていた。

ものすごく衝撃を受けたんだけど、、、

その後の半年間も凄い衝撃が続いたので、また書いている事への

考え方なんかもだいぶ変わっていたので、結局まあまあ書き直してアップします。

 

まず、デザインという言葉は抽象度がかなり高い言葉だったので

しっかりと伝わるようなブログにしたいから定義から入ります。

 

僕たちはというより、うちの会社ではデザインのことを

目的の設定、計画の策定、仕様表現といったプロセスを通じて

人や社会に価値を提供する事と定義しています。

自社の評価指標にも取り入れているくらいに重要なスキルです。

 

具体的には、お店をつくるという本業においても

お客様がなぜお店を出そうとされているかという本質を知ることからはじまり

本質から共通の目的意識を設定し、計画へと進める

このようなプロセスを経て、仕様表現に落とし込み

お客様がお店づくりを通じて成そうとされている価値を社会に提供する。

 

また、コトスタイル株式会社として取り組んでいる経営についても

なぜ仕事をするのかという本質を考えて、目的を言語化しながら共有し、

その目的を達成する為の計画を経営計画として

実際にみんなが目的に対して行動できるよう仕様表現に落とし込む。

そうすることで、みんなでコトスタイルの価値を社会に提供する。

 

このように前者が狭義のデザインであり、後者が広義のデザインであるものの

やっているプロセスは全く同じであり、デザインという手法が

いかに大切だと考えるかという事もわかってもらえる良い例ではないかと思うし

これ以外の仕事においても同様のプロセスを踏んでいると考えています。

 

経営にデザインを取り入れるという言い方よりも

デザインされた経営を行っているという方がしっくりくるかな。

そんな経営を目指して日々頭をぐるぐるさせてます。

 

そんなデザイン経営を目指すうえで

この本から学んだことのひとつに、学習の4つのAというものがあり

10月頃に書いていたのを振り返ろうと思います。

 

4つのAとは

Awareness「気づき」

Awkwardness「違和感」

Achievement「達成」

Assimilation「一体化・無意識化」

 

これは、少し前に読んだ学習する組織がベースとなっており

組織は組織と人と共に学習を継続するという事が軸になっている。

Takramさんではコアバリューとして最上位に設定されておられるらしく

こういった大切な事を言語化するという考えについて

とても共感しているというか、今自社でも直面しています。

 

その上でこの学習の4つのAがいかなるものかを参考として考えたとき、

Awareness「気づき」とは何かやらないといけないことに気づくこと。

Awkwardness「違和感」とはやらないといけないことをやってみたときに感じる無力さ。

Achievement「達成」とはそんな難しいことを乗り越えること。

Assimilation「一体化・無意識化」そして意識的にできるから、無意識に昇華させる。

このようなループを大切にしている企業を創り出そうとしている事が理解できます。

 

このような言葉がなければ

日々の仕事での判断や実行に対して迷いが生じるし

このような言葉があることで

自信を持って判断や実行ができるようになれると思います。

このようにデザイン経営を構築していくことで

それぞれ裁量のある仕事を行いやすい環境を作り出しながらも

組織として力強い矢印が生まれるんだと理解しています。

 

決して、この言葉だけでデザイン経営を語ろうなんて思ってないし

この言葉の下にもかなりデザインされているということは

ここでは書ききれないので、ご容赦ください。

ただ、すごい内容だし、これはやりたいと素直に思ったのが本音です。

やりたいのは4つのAではなく、僕たちらしい言葉を作るという意味です。

 

いきなりだけど、今の仕事が5年後10年後に存在しているか?

もし存在していたとしても、このままだと思うか?

絶対に変わっているし、なくなっている可能性も決してないとはいえない。

これは、もうずっとどの業界でも言われている問題で。

昭和のように、なんでもうまくいく時代はとっくに終わっている事に

本当に向き合わないといけないし、向き合ってきた人たちが

こんな方法論を生み出しているという事を、まずは知らないといけないし

知ったからには実行しないと、まじでやばいと思う。

 

だから、こういった事を学び実践するということこそが

僕に与えられたミッションなんです。

なぞればできるものでもないし、フルに頭使ってもできるかどうか

そんくらい、しんどいものなんだというところまでは理解できました。

 

そして、今の仲間と共に、学習する組織をつくる。

学習する組織をデザインする。

より良い企業を創り、社会に価値を提供できることに本気で挑もうとするから

これは、絶対に成し遂げないといけないことなんだと書きながら

改めて再確認したという感じ。

まあ、焦らずに、夏ころには言語化できるように頑張ろうと思います。

カテゴリー: MBA(経営学修士), ヒトリゴト, 仕事論   タグ:   この投稿のパーマリンク

ふと今やっている仕事について整理したくなったので書いてみた。

しごとに対するしょうもないひとりごと。

12年前に人の成功を必死で応援する会社という企業理念を掲げた。

たったひとりで起ちあげた時に、ずっと考えていて閃いた言葉。

人のためにやることが、自分のためになるって思ってやってきた。

 

お店をつくるオーナーになろうとする人たちは相当大きな想いを持っている。

絶対に失敗は許されないという、ものすごく強い想い。

お店をやる人の背景はいろいろある。

はじめから独立して自分の裁量で働きたいと思って必死で下積みしてきた人や。

訳あって、違う仕事をしなければならなくなった時にやりたいと思った人や。

他にも書ききれない想いでお店は生まれているし、そんなお店が集まって街が作られている。

 

そんな人たちが、どんな想いでお店づくりをはじめようとしているのか

ここは絶対に見失ってはいけない、僕たちが一番大切にしているところ。

そこを間違ってしまうと、本当に取り返しのつかないことになる。

だから、絶対に成功するお店を創るというミッションを掲げ。

自分たちが絶対にお客さまの心の中まで見に行くという使命感を煽っている。

 

多分そこまで考えてやってるお店をつくる会社って少ないと思う。

だからこそ、そんな先に店舗業界のイノベーションカンパニーという姿があり。

僕たちが目指すべきところがそれなんだと思っている。

だけど、そのために、何をすべきかというところが一番難しい。

要は目指すべきところと、現在地とのギャップをいかに埋めるか。

そのために具体的に何をすれば良いのか。

そして、その何をするべきかをいかにメンバーと共有できるか。

それが、僕の仕事であり、経営なんだと思う。

 

起ちあげたときは、自分が独立したいという想いだけだった。

でも、たくさんのお客さんに出会えた。

そして、たくさんの仲間に支えられながら

今、人の成功を必死で応援する会社に近づいていると思ってる。

4月には2人の新しいメンバーが加わる予定だけど

こういう思いは新しいメンバーだけじゃなく、今のメンバーにも伝え続けないといけない。

まずは、京都で一番ええやんっていう会社を目指そう。

働くが楽しいという職場づくりを実現するために。

 

カテゴリー: ヒトリゴト, 仕事論, 未分類   パーマリンク

デザインについて学び直さないといけない

デザイン経営・続

前回デザイン経営という書籍から

自身のデザインという言葉に対する浅さを感じたと書いた。

そして、先日デザイン経営という科目のDAY1を終えた。(結構前です、、、)

店舗というお客様が消費者へ提供するために

とても重要な店舗デザインに携わらせてもらっているが

まだまだデザインについて理解できていないし

もっと、やらなければいけない事があると感じる学びだった。

 

多数のデザイナーが勤めてくれる組織ではあるものの

モノづくりに対するアプローチは変化している。

遡れば第一次産業革命から、今は第四次産業革命と言われており

従来のモノづくりの概念でビジネスを行うのは

変化に対応できないですと宣言しているようなものだと思った。

(今ブランディングの授業でさらに痛感してるけど、、、)

 

デザイン思考という言葉は正直聞いたことがあるくらいで

ユーザー理解から創造するアプローチくらいに考えていたけど

このユーザー理解がいかに重要化ということ。

そして、デザインという手法が今いかに必要か少しずつわかってきた。

(いや、ユーザーの心の理解が最も重要と今は捉えてます。)

 

僕たちは、運良くデザインという仕事をさせてもらっているけど

正直このくらいのレベルでやっているのかという衝撃。

ただ、多くの企業も同様であり、ここが日本の弱さでもあると学んだ。

 

さて、デザイン経営については、正直入口に経ったばかりで

まだまだ、理解には至っていないけど

経営とデザインを結びつける重要性について理解はできたと思う。

 

この本書では、具体的なデザイン組織の作り方が描かれており

ざっくりいうと、どのようにデザイナーが組織に関わるかというポイント

また、デザイナーという、一風変わった人材に対して(良い意味です。)

どのように経営的に関わりをもっていくかという事が書かれており

もう少しデザイン思考やデザイン経営を理解してからの方が良かった気もした。

 

ただ、世の中は大きく変化している事を感じているかどうか

そして、その変化のスピードに危機感をもっているかどうか

そして、そんな危機に対する試作を講じる準備があるかどうか

運良くデザインを大学で学び、今経営を学んでいる自分は

何をするべきか、少しずつ見えてくるものがあるけど

具体的なところは、今から3か月後に明らかになっているんじゃないかと思う。

 

しばらくデザインについて

デザイン思考、デザイン経営について

改めて学ぼうと思う。

 

あっ、これこの本を読んで思ったことです。

>>>デザイン組織のつくりかた

カテゴリー: MBA(経営学修士), ヒトリゴト, 仕事論, 読書メモ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク