隠れ家カフェ、見つけました。名前も美しい「蒼々として」。


 

「隠れ家カフェ」や「路地裏カフェ」が気になるみなさん!

目立たない立地だけど、ぜったい見逃せない一軒が

先月オープンしましたよ。

出町柳駅からスグ。

鴨川沿いの川端通から細い道を入ったところ。

ちいさな看板

 

路地

 

草花

駅チカなのに、このロケーション。

時間もゆっくり、みちくさ気分。

入口

カフェ「蒼々として」さんです。

https://ja-jp.facebook.com/sousoutoshite/

 

カウンター

路地の中なのに、明るい店内。

古い木材が活かされていて

味わい深く、落ち着きます。

柱

 

柱と天井

中でも、柱の存在感。木目や傷も、美しく。

ソファ

 

いす

アンティークのソファと椅子。

ひとつひとつの抜かりないセレクトが

唯一無二の空間と時間を

創りあげています。

飾り

ちょっとしたディスプレイも、マネしたくなるほどハイセンス。

でも、さりげない、絶妙のさじ加減です。

 

テラリウム

ナチュラルな空間の中、ひときわ目をひく照明が。

オミセスペース全体の

アクセントになっているように思えました。

ふしぎな魅力がつまったテラリウム。

この中から

「蒼々として」の世界が生まれ出てきたような

なんだか物語がはじまりそうな…。

たのしい妄想がふくらむ照明です。

 

焼き菓子と庭

大きな窓からは、庭の緑。

雨の日も、濡れる緑を眺めながら

静かな心で過ごせそう。

 

「オミセ物件探しに少々お疲れぎみ~」という方、

ぜひ訪れてみてくださいね。

癒しの時間を過ごしながらも

「やっぱりロケーションは譲れない!」と

初心に戻って、パワーももらえる!

そんな隠れ家カフェですよ。


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です