コトスタイル


コトスタイルって

ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます
コトスタイルは『人の成功を必死で応援する会社』という企業理念を掲げ、4年前の2011年7月19日にできた会社です。個人オーナー様の店舗開業に特化した《ワンストップサポート》を行っております。なぜこの理念を掲げているのか、なぜこの事業をしているのか。その理由は代表の穴澤が経験した失敗と挫折にあります。8つのエピソードとあわせてその理由をまとめました



1 目の当たりにしたオーナー様の悩み

 京都の大学を卒業後、東京で店舗デザインの仕事につきます。そこで飲食店や美容室の店舗デザインをはじめ営業や企画、工事の管理に至るまで店舗づくりのイロハを学びました。そのなかでどうしても解決することが出来なかったことが『物件探しの苦労』。

 ・希望の物件がなかなか見つからない
 ・ようやく見つけた物件で工事予算が合わない
 ・物件とのミスマッチ…
こういった原因から大幅に開業の時期がずれてしまい、悩まれているオーナー様を多く見てきました。物件探しがスムーズにできれば店舗開業も思い通りにできるんじゃないか、そう考え不動産を勉強するため不動産コンサルティング会社へ転職します。まずはじめに驚いたのは賃貸仲介を行う営業マンの工事に対する知識の低さでした。説明できるのは紙に書いた条件や制限といった情報だけ、つっこんだ質問には工務店さんに調べてもらってくださいの一点張り…これこそが『物件探しの苦労』の原因となっていた事でした。


2 《 ワンストップ開業サポート 》の原点


 建築に対する知識が豊富な営業マンがテナントの案内を行うことができればミスマッチが起こらない。お店づくりにおいて物件のコンディションによって改装費が大きく異なります。同じように物件を探す不動産業とデザインや工事を行う建設業との関係性が整備できればミスマッチが無くなるのではないか、そう考えました。具体的には
 1 物件探しからデザインや工事に対するアドバイスを行う
 2 必要な時に必要なサポートを行う
それができれば開業経験の無い方でも理想的な開業準備が行える。これが出した答えでした。本来開業を目指す方にとって、開業準備は、お店といったハード面以上にサービスやメニューといったソフト面をしっかりと考えて頂く必要があります。しかし現状のようにハード面での準備に追われてしまう結果、ソフト面がおろそかになってしまってはいけないと考え、そして宅地建物取引主任者と一級建築士の資格を取得、ワンストップで開業をサポートするコトスタイルの創業準備をはじめました

3 日本政策金融公庫から融資を受けられなかった原因

 《物件探しからデザイン設計施工までワンストップ》といったコンセプトと独立に対する想い。
そして家族や親戚から預かった開業資金を元手にコトスタイル株式会社を創業しました。創業といっても行政書士さんにお願いした書類で代表取締役になっただけです。その後、宅地建物取引業の免許登録を行い事務所も借りました。気が付けば資金的な余裕は一切ありませんでした。足りない資金は創業融資で賄い、ホームページを作って集客しようと考えていた私は日本政策金融公庫さんのセミナーに参加します。そこで話されていた中小企業診断士の先生に、考えていた事業内容について自信を持って話したところ、きっぱりと「そんな内容では融資は難しい」と忠告を受けたのです。そこではじめて自分の甘さに気づきました。《物件探しからデザイン設計施工までワンストップ》といった熱い想いだけで半年先までの計画も立てていない状態で会社をつくってしまった結果、資金も底を尽き開業早々から厳しい状況に追い込まれました

4 なぜ6ヶ月かかっても「事業計画書」が書けなかったのか


その後、融資が難しいとおっしゃった中小企業診断士の先生の元に通う約束をさせて頂き、事業計画書作りをはじめました。頭に描いているやりたい事を文章にするのは非常にしんどい体験でした。先生にプレゼンをする度に新たな課題が見えてくる。その対策をプレゼンする。そこでまた課題が…。といった修正を重ねること半年。ようやく事業計画書が完成しました。自分でもびっくりしたことが、事業計画書を書けば書くほど[頭に想い描いていたやりたい事が具体的に順序立てて組み立てられる]ようになっていたことです。そして、日本政策金融公庫さんからも希望額の融資を実行して頂く事ができました。なによりも事業計画書を作成した事でやりたい事が、可視化された事が大きな収穫でした。
この時、中小企業診断士の先生に助けてもらう中でコトスタイルでも開業支援に取り組みたいと考えました。私ほど、ひどい方はおられないと思いますが開業する過程には不明な事がたくさんあります。お金の借り方や借りるタイミング、行政の相談窓口の存在など、これらは知っているか、知らないかで大きな違いを生じさせます。自らの創業経験も伝える事で開業者にとって、きっと役にたてて頂けると考えたわけです。

5 ワンストップ開業サポートに足りなかったもの

希望の融資が実行され、テナント仲介からデザイン設計施工を中心にワンストップ開業サポートを行う中で多くの開業者の方と出会わせて頂きました。飲食店や美容室以外にもジュエリーショップや和菓子屋さん…etc。さまざまな業種の開業に関わらせて頂きました。開業を目指す方と接するなかで、事前に考えていたサービスだけでは物足りない、もっともっと開業者をサポートするものを考えないといけないと考えるようになっていました。

6 私たちが
どんなことでも相談にのれる理由


 まずとりかかったのは開業する上で知っておいてほしいノウハウを一冊の小冊子にまとめる事。お金の借り方や物件の探し方といった、意外と知られていない実務的なハウツー本です。特にお金の借り方に関しては自身の失敗もあり、他にない深く濃い内容になりました。結果76ページのボリュームの冊子が生まれました。次にはじめたことが開業セミナーの開催。内容は開業ノウハウの冊子と一部重複しますが、そこには書ききれなかった話や、タイムリーな情報などを紹介しております。他に開業後のアフターサービスとして開業者さん同志で情報交換ができる交流会もはじめました。結果、開業者さんからはさらに込み入った相談や要望を頂くようになりました。

7 内装を手がけている私たちにしかできない販促物のカタチ

 現在はウェブサイトやチラシ、ショップカードといった販促物のデザインから制作も手がけています。これは、はじめ物件探しから店舗の改装工事といった開業準備を共にさせて頂いたお客様から販促物も作ってもらえないかと相談を受けたのがきっかけでした。
 よく考えると当社のように物件探しからデザイン設計施工を行う中でお店のイメージを理解していれば、販促物の制作に対する打合せも簡素化できることに気づきました。開業準備はさまざまな業者に依頼をします。販促も新たに業者を探しお店のコンセプトを伝えて制作をしなければいけません。オープンを目前にした開業者にとっては大変な業務です。そういった手間を省くことができるのは内装を携わっている私たちにしか出来ないことでした。実験的にはじめたこのサービスは、お客様にとっては他に発注するよりもコストを抑えられ、店舗のサービスについてOPEN直前までじっくり考える時間が出来るため、大変喜んで頂く事ができ、人気のあるサービスのひとつとなりました



8 創業時から変わらないたった1つのこと

 ここまで書かせていただいたように、開業者の方から寄せられる悩み(問題・課題)を新たなサービス(解決)へとする中でコトスタイルは事業を展開してきました。はじめて当社の事を知った方からは「手広くやってるねぇ」と言われる事もあります。ですが、決してそうではなく《開業者を必死で応援したい》という想いを基に考えればコトスタイル創業時から今も1つのサービスを行っている感覚でおります。

 最近では、初期費用はかけられないけど、家具にはこだわりたいといった悩みに対し家具シェアリングサービス「グロウ」をリリースしました。このようなカタチでサービスやコンテンツを展開する事で、開業者の方に対してあらゆる解決策を提供できる店舗業界のプラットフォームといった存在になりたいと考えています。それは京都という町がアイデアを持った方が開業しやすく、オモシロイやタノシイといったお店が町中に溢れる事でより素敵な街になってほしいと心から思っているからです。素敵な街にはオモシロイ店、タノシイ店が多い。そんな店が多い街にはこれからの日本を担う開業者が多い。そんな開業者のサポートをする。これほどやりがいのあることはありません。
 その為にも、まだまだ開業というチャレンジが難しい状況を改善していかなければいけません。まずは一つひとつ、目の前にある課題に挑戦し続けます。「人の成功を必死で応援する会社」という企業理念に共感してくれた、スタッフや協力会社の皆様に支えられ現在のカタチになりました。仕事を通じた本気の関わり合いの中に人が集まり、新しい出会いや交流、アイデアやサービスといった多くのコトが生まれていると日々感じています。私たちはこれから関わって頂けるかもしれない方にも、コトスタイルについてもっと知って頂きたいと思っています

それが
私たちコトスタイルです