東山駅スグ、白川沿いが石畳風舗装工事中。 ますます情緒ある通りに。


先日、観光の方が

「京都らしい街並みを見るには、どちらに向かえばいいですか?」

と駅員さんに尋ねていらっしゃいました。

横を通りすぎながら

祇園新橋の辰巳神社あたり?

建仁寺周辺?花見小路のことかな?

などとイメージ…。

 

やはり石畳のある風景というのは

趣があり、そぞろ歩きしたい!という気持ちになりますよね。

 

白川1

 

ココは、地下鉄東山駅スグ、白川。

柳が揺れ、画になる一本橋もあり、

とても風情があります。

とくに夕方のキラキラとした

川面には癒されます。

京都を舞台とするドラマ、映画などでも

よく見かけますね。

白川2

 

そんな白川沿いの道が、現在工事中。

「石畳風」に舗装する旨が、看板に。

 

工事看板

 

せせらぎと、柳。

その脇の細道が石畳風になるというのは、魅力的。

地下鉄から上がってスグに目にする

落ち着きある景観。

東山駅からのひとの流れにも影響を与えるように思えます。

 

また、工事説明の看板を見ると、

打ち水をすることで

ヒートアイランド現象の緩和などが期待される

保水性舗装を施されるとのこと。

工事説明看板

見た目だけでなく、

環境にも、歩くひとにも快適な道づくりが進行中。

 

次の春には、完成予定。

楽しみなエリアが、また増えます。

物件お探し中のみなさま、要チェックですよ。


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です