1 2 3 4 5 ...

ジェラート専門店 友和堂 KYOTO GELATO様①

 

2019 年8月8日、下鴨神社の参道入口にオープンしたジェラート専門店「友和堂 KYOTO GELATO」。

 

オーナーは、以前日本語教師をしていたという佐藤友子さん。なんと京都でジェラート店を始めるために、ご主人の佐藤和弘さんと共に2年前に熊本から京都へと移住。今回のオープンにこぎ着けたといいます。一体どんな経緯を経て、ジェラート店をオープンしたのでしょうか。

 

DSC_0050

 

前編・後編の2回に分けてご紹介します。まずは、ご主人の佐藤さんにお話を伺いました。

——————

京都でジェラート店をするために熊本から移住

開店準備のためにしたのは、徹底したマーケティングリサーチ

 

——お二人とも熊本出身だそうですが、なぜ京都でジェラート店を始めようと思われたのでしょうか。

 

佐藤さん:

京都という街が好きで、以前から何度も訪れていたんです。同時に、イタリアも大好きで、これまでに4〜5回は行ったでしょうか。イタリアにはどの街にもその街ならではのジェラート屋さんがありました。ジェラートの素材は季節ごとに変わり、また街ごとにも特色がありました。それはまるで、京都の街に和菓子屋さんがあるようなイメージです。それで、ジェラート屋をするなら、京都は食材の宝庫ですし、ぴったりだと考えるようになりました。

 

DSC_0040

 

私は現在66歳。妻と2人で「10年後はどうなっていたいか?」というワークショップをしたところ、京都でジェラート屋をすることが理想の未来につながるというビジョンが見えてきました。妻は以前、日本語教師として働いていましたが、私たちの理想の未来を叶えるには共に京都でお店をすることがいいと互いに理解して、そうすることにしたのです。

 

 

——10年後を見据えたワーク、素敵ですね!では佐藤さんが具体的にお店を持とうと決意してからまずしたことは何だったのでしょうか。

 

佐藤さん:

京都でお店を始めるためには、まずは京都の街を知らなければならないと思い、2年前に京都へ引っ越してきました。

 

私は元々出身地である熊本で、地域の振興計画をたてたり、まちづくりの計画、道の駅や、物産館の事業計画といった仕事に携わっていました。そのため、京都での物件探しもそうした経験を活かし、どこにジェラート店を出すのがベストなのかを徹底的に調査しました。

 

——過去には、そんなお仕事をされていたのですね。

 

佐藤さん:

ええ、そうなんです。都市計画をしていた経験もあり、観光名所や大学の数などから京都の特長を見ると、ジェラート店をするのにふさわしい地だと考えていました。物件探しをする際には公表されている京都市の交通量調査や観光総合調査を参考にする一方で、自らもエリアごとに車や自転車、歩行者などの交通量調査をしました。平日の午前・午後、雨の日の午前・午後、晴れの日の午前・午後にどのくらいの人通りがあるのか。人通りが多い場所にお店がある方が、お店にも人が来てくれる可能性が高くなります。

 

_F1J2898

 

下鴨神社のすぐそばというこの場所は、調査をしながら半年以上かけて探しました。物件探しをする中で、コトスタイルさんともご縁があり、今回内装工事をお願いすることになったんです。

 

——なるほど。それだけ徹底したリサーチをされていたら、この立地は間違いなさそうですね。事業計画書もスムースに書けそうです。

 

佐藤さん:

おかげさまで、事業計画書を中小企業診断士の方に見てもらったところ、太鼓判を押していただきました(笑)お店を続けていくためには、観光客だけではなく、地元の方にいかにリピートしてもらうかが大切です。特にうちはジェラート専門店なので、1月~2月などの寒い時期には売上が下がることも予想されます。夏にある程度売上をだしておかないと難しい。

 

また下鴨神社では糺ノ森で定期的にイベントがあることも分かっていましたが、イベントで人が増えることは売上予想に盛り込まずに考えました。ジェラートの価格も人出も一番低い状態で、きちんと利益が出るように検討した事業計画書だったので、中小企業診断士の方にもすぐに納得してもらえたようでした。

 

——開業前にあらゆることを見据えて、どうしたらお客様に来てもらえるか、売上がたつのかを考えたのですね。

 

佐藤さん:

そうです、それがマーケティングリサーチなのです。金融機関から融資をうけるための面接の際も、事業計画書の内容がよかったのか、質問は驚くほど少なかったんです。また私たちの希望する額以上に「もうちょっと借りませんか?」と言っていただけるほどでした(笑)

 

DSC_0042

 

ジェラートを作るには、本場イタリアの機材が必要だったので、そこは妥協できず、キッチンの設備だけで田舎の家なら1軒建つくらいの費用がかかっています。融資の額は、そうした機材代を含めたリフォームにかかる費用、スタッフを雇って土日祝に4人来てもらった場合のアルバイト代、3年後には社員として雇った場合の人件費などを考慮して導き出しました。融資担当の方には希望額以上の金額を提案していただきましたが、たくさん借りられたとしても、返さないといけないのでそこは慎重になりましたね(笑)

 

——そうですよね(笑)融資をうける際に苦労する方も多いかと思いますが、それだけマーケティングリサーチができていれば問題ないということなんですね。佐藤さんのお話はすごく参考になりそうです。

 

次回は店舗リフォームについて、そしてオープン3ヶ月経った現状についても伺います!

 

>>>続きはこちら②

 

     _F1J2807


カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声 | コメントをどうぞ

ジェラート専門店 友和堂 KYOTO GELATO様②

2019年8月8日に下鴨神社の参道入口にオープンしたジェラート専門店「友和堂 KYOTO GELATO」。前回は綿密なるマーケティングリサーチの上、お店をオープンした経緯までを聞かせてもらいました。2回目となる今回は、リフォームの内容を詳しく伺っていきます。

 

——ここの物件を見つけたのは、いつでしたか?

 

佐藤さん:

オープン予定の4ヶ月くらい前、2019年3月頃でしょうか。マーケティングリサーチをしてこのエリアがいい!と目星をつけて探し出し、せっかく見つけた物件だったのですが、以前はブティックとして使われており、飲食禁止ということが分かりました。

 

——え?そうだったんですね!

 

佐藤さん:

はい。でもあらゆる調査をした結果、どうしてもこの近辺がいいと思ったので、直接オーナーさんにお話をしてみることにしたんです。オーナーさんは年配の方でしたがお話をしてみると、「アイスクリーム大好き!」と言ってくださって。飲食店ではありますが、ジェラート店だと分かると了解してくださって、物件を借りられることになったんです。

 

DSC_0059

 

——すごい!佐藤さんの熱意がオーナーさんの心を動かしたのですね!

物件が見つかり次はリフォームだと思いますが、内装のデザインでこだわったことがあれば教えてください。

 

佐藤さん:

大きな窓があるので、通りからも店内がよく見えます。なので、通りから見た店内も意識した内装にしています。店内の壁はオレンジピンク一色。これはお店のイメージカラーで、イタリアの陽気なイメージが伝わるような色にしました。コトスタイルのスタッフさんに相談すると、なかなかない色だそうで、この色は完全別注で作ってもらっています。また窓際の照明についても、位置や高さ、それぞれ間隔についても、外からいかに見えるかを考えながら決めていきました。

 

_F1J2807

 

——たしかに店内の壁一面が「オレンジピンク」になっていて、外からも明るい印象に見えますね。

 

ええ。また外からも見えるショーケースにもこだわりました。これはトルコ製でガラス面が立っていて外からも見えやすいと思います。でも、最初に届いたものがサイズが小さかったため、再度取り寄せることに。そんなやり取りがあったため、当初予定していた店のオープン日がずれてしまったのですが、ショーケースはジェラート店の顔となる存在ですから、ここは譲れませんでした。

 

DSC_0062

 

奥のカウンターの幅や高さについても、どのくらいあれば使い勝手がいいのか、細かく検討しました。ゆくゆくはカウンターにエスプレッソマシーンを置きたいと考えているので、マシーンが置けるスペースも必要ですし、カウンター内での人の行き来もあるので、ショーケースとカウンターの間はどのくらい必要なのかなどなど、スタッフさんと一緒にミリ単位で考えています。

 

設計デザインの際には専門用語などもあり、分かりにくい場面ではスタッフさんがスケッチをして、視覚的に説明をしてくれながら進めていってくれたのはありがたかったですね。コトスタイルのスタッフさんとは、お仕事以外でも飲みに行くくらい良いおつき合いをさせてもらっています。

 

——とてもよい関係で内装工事が進んでいったのですね。

入口のドアのロゴマークもクラシカルな印象で素敵です。

 

_F1J2939 

 

佐藤さん:

ありがとうございます。これは知り合いのデザイナーさんに相談してデザインしてもらいました。最初は自動ドアにしようかとも考えたのですが、ドアのガラスの位置など考えた結果、自動ドアはやめました。

 

友子さん:

店舗の外のガラス部分に貼ってあるロゴマークは、大きさや位置などインスタ映えするように夫が細かく考えて設置してくれました。

 

——そんなことまで考えられているのですね!たしかに今、美味しそうなものは全部インスタグラムにアップされますよね。

では最後に、オープンから3ヶ月たったところで、お店の運営についてはいかがでしょうか?

 

_F1J2853

 

佐藤さん:

いろいろリサーチしながら考え抜いた結果お店のオープンに至りましたが、やはり、実際にやってみて初めて分かることがたくさんあります。でも問題点が多いほど、それを解決することで店の個性ができていくと私は考えています。問題点が多いほど、オリジナリティーが育っていくはずなので、それらをクリアしていくことで、どんどん京都ならではの個性のあるジェラート屋になっていくのだと思っています。問題点を魅力に変えられるよう、楽しみつつお店を育てていきたいですね。

 

——なるほど。問題点があるほど、オリジナリティーが育つという考え方は素敵ですね。そのときどきの食材で変わるジェラートの内容も楽しみです!

 

佐藤さん、友子さん、貴重なお話をありがとうございました!

 

 


カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声 | コメントをどうぞ

飲食店 喫茶もくれん様

仏光寺通と富小路通交差点の南西角にグリーンの壁が特徴的な“喫茶もくれん”様のオープンをお手伝いさせて頂きました。

 

花の名前の店名は、ご主人が以前経営していた喫茶店のものを復活させたもの。

 

駐車場だったスペースも含めて改装した店内の内装は、地元の人が来るお店になるようにとの想いから、少し懐かしいイメージに。入り口前のカウンターを挟んで右側と左側はクロスの色や雰囲気を変えて、広がりを持たせています。

 

ビターでしっかりと味わえるコーヒー、モーニング営業や、あえて喫煙可にするなど、一緒に運営していくご家族の好きなものやこだわりを集めたお店です。

 

末永く地元に愛される喫茶店になって行くと思います!ぜひお訪ねください。

 

内容:店舗デザイン設計施工

業種:喫茶店

広さ:42.39㎡(約12.8坪)

住所:京都市下京区仏光寺東町120


カテゴリー: 施工事例 | コメントをどうぞ

「京都ゆにくろ」オープン。関西初サービス「UTme!」に注目。

 

11月22日、ミーナ京都内のユニクロが

リニューアルオープン!

とっても賑わっています。

 

京都ゆにくろ

 

「正式には『ユニクロ 京都河原町店』だけど、

『京都ゆにくろ』っていうニックネームで呼んでくださいね」

そんなアイデアにも惹かれます。

「京都ゆにくろ」の縦書きの書体も

付加価値を感じられ、魅力が増しているような。

観光の方にとっては、京都らしいスペシャル感。

京都市民にとっては、誇らしく、愛着をもてるネーミング。

ネーミング、ブランディングの重要性を再認識させられますね。

 

「京都ゆにくろ」では、関西ではじめてのサービスがスタート。

地下1階の一画に「UTme!」

 

UTme

 

UTmeコーナー1

 

Tシャツやトートバッグなどに

オリジナルのデザインをその場で印刷できるコーナーです。

たとえば、お子さんの描いたかわいらしい絵や

仲間同士でのお揃いデザイン。

オーダーして、その場で完成品が受け取れるという気軽さもあってか

親子連れ、年配の方など、幅広い客層。

 

ガイドライン

 

ご自身のオミセのロゴなどで

ユニフォームを作りたい方も相談されてみてはいかがでしょうか。

販売目的などはNGです。

その他、ガイドラインについてはスタッフの方から説明あり。

 

UTmeコーナー2

 

タブレット

 

デザインは、店頭のタブレットを使って。

ご自身のスマホに使いたい写真などのデータがあれば

店頭のタブレットへ送信します。

分からなくても、スタッフの方が

親切に教えてくださるので安心です。

操作方法を教わりながら

自分好みのレイアウトやサイズに調整。

 

印刷機

 

デザインが決定したら、あとはスタッフの方による印刷。

関西初導入の大型プリンターでの作業を見ていると

あっという間に完成。

わたしは、トートバッグひとつだけ作りましたが、

印刷に待った時間は5分程度でした。

ただ、行列ができるときもあるので

最初に待ち時間を確認しておくのがオススメです。

 

「京都ゆにくろ」は、地下1階~地上3階。

内装や企画、その世界観で、

他の店舗にはない、京都の魅力を発信されています。

師走の河原町へのおでかけの際は、ちょっと寄り道。

「京都ゆにくろ」要チェックの新スポットですよ。https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/kyoto/

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

飲食店 秋華様

白川北大路の少し手前を東に入った、閑静な住宅街の一画に中華料理店、”秋華”さんがオープンされました。

 

店内はナチュラルな木目と清潔感のあるライトグレーで統一されており、とても明るい印象の中華料理店となっています。

 

入り口は全面オープンにもできるようガラス框の引き戸が連なっていて、とても開放的な印象です。看板はモルタルで土台を作りシンプルなフォントの店名の取り付けと、オーナーさんのご支給で可愛らしいミニサイズの中華鍋を取り付けさせていただきました。

 

テーブル席だけでなく、壁側にはカウンター席もあり、お一人様でも気軽に利用ができそうです。大通りから少し入り込んだ場所にありますが、店主の確かな腕前もありすでに話題のお店となっておられます。

 

ランチからディナーまで色々なシーンで足を運んでいただきたいお店です、ぜひお立ち寄りください。

 

内容:店舗デザイン設計施工

業種:中華料理店

広さ:44.66㎡(約13.5坪)

住所:京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町27


カテゴリー: 施工事例 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

2019年冬期休暇のお知らせ

print452のコピー

 

平素より、大変お世話になっております。

 

コトスタイル株式会社では、

誠に勝手ながら2019年の冬季休暇としまして

12月25日(水)〜1月5日(日)までとさせて頂きます。

 

インターネットからのお問合せに関しましては

1月6日(月)より、ご対応させて頂きます。

 

期間中は大変ご不便をお掛け致しますが、

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 


カテゴリー: お知らせ | タグ: , | コメントをどうぞ

ことしも!チャリティブレックファースト@ザ・リッツ・カールトン京都

 

ショップのウィンドウディスプレイに

もうすぐクリスマス!とわくわくする一方で、

年賀状の準備がまだ!!と焦ったり。

いつもよりソワソワしがちなこのシーズン。

ハードスケジュールをこなしつつも、

この時季を楽しみながら

笑顔やひととの繋がりの大切さを再認識したいものです。

 

毎年12月5日は、国連によって制定された

「国際ボランティアデー」だそうです。

ボランティアなどに関心がある方は多いと思いますが、

実際に行動に移すことは難しいと感じている方も

かなりいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな方に、ぜひ知っていただきたいイベントが

「チャリティブレックファースト」。

12月5日(木)「ザ・リッツ・カールトン京都」で開催されます。

https://www.ritzcarlton-kyoto.jp/plans/20191108_id=18777

 

参加者は、イベント時にクリスマスプレゼントを持参。

プレゼントは、会場内の立派なツリーの下に集められ、

その後、手描きメッセージなどとともに

京都市内の児童養護施設の子どもたちの元へ届けられます。

 

ツリー

 

そして、参加者にとっても、うれしいプレゼントが。

なんとホテルの朝食ビュッフェを無料でいただくことができます。

ホテルのボランティアスタッフの方々、

食材などを提供されている協賛企業の方々の

あたたかい気持ちで成り立っているチャリティイベント。

 

会場

 

テーブル

 

昨年、参加させていただきましたが、

スタッフの方々も参加されている方々も笑顔!

ホテルならではのスペシャルな朝食とともに、

心地いいおもてなし、空間、時間を堪能しました。

 

食事

 

昨年の「ザ・リッツ・カールトン京都」

チャリティブレックファースト実施報告によると

来場者数は411名、ギフト数は795個。

 

ことしも予約制ですので、まずはホテルの公式WEBサイトを

確認してみてくださいね。

https://www.ritzcarlton-kyoto.jp/plans/20191108_id=18777

平日なので、お仕事がある方は

7時スタート、8時スタートなど早い時間帯での予約がオススメ。

プレゼントを渡して、

ホテルのスペシャルな朝食を食べてから職場へ向かう!

そんな気持ちのいい冬の朝をいかがですか。

ゆとりある笑顔で1日過ごせそうです。

年末に向けて気ぜわしくなるいまこそ。

誰もが明るい気持ちで年を越せますように。

*写真は、昨年参加時のものです

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

4,とりあえず内覧に行く。ということが有効なのか??開業に向けて

 

4,とりあえず内覧に行く。ということが有効なのか??開業に向けて

10月15日のコラムでは「開業準備までのスケジューリングが何より大事!」という表題で掲載しておりました。(https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31384

 

内覧というと不動産屋さんとアポイントとって店舗まで出向き

探している物件の条件や、今募集がある物件をその場で紹介してもらいながら

気になる物件があれば、実際に見に行くという工程がありました。

 

いまでは、インターネットが主流になってきて

ポータルサイトと呼ばれる、いろんな会社が自社の物件の掲載をできたりするサイトが

CMでもどんどん流れるくらい何社もあるかと思います。

 

 gori0I9A3099072103255_TP_V

 

 

そんなわけで、物件を探している側にとってはいつでもどこでも検索して

「一括問い合わせ」なんていう機能があるので簡単に不動産屋さんへアプローチできるのです。

 

本題の「とりあえず内覧に行く」ということは有効かどうか。

ズバリ有効だと思います。

ただ、計画書を作成しておくことが前提です!

 

メリットとデメリットをあげていくと…

 

【メリット】

・周辺環境を実際に見ることができる

不動産さんの紹介やインターネットでは物件周辺の環境を撮影したもの載せていることはほとんどありません。実際に見て、人の流れや周辺のお店などをチェックしておきましょう。

 

・広さ、高さ、設備、構造を見ることができる

周辺環境同様に、物件内部を実際に見ることで10坪の広さがどれくらいか、天井の高さ、残置物(エアコンやトイレなどの前借主が置いていったもの)がどのような状態であるかなどは行って見なければわかりません。また、紹介した不動産屋さんも自身の管理物件でなかったりすると実際に現地を見たことがないことが多いので、詳しく知るためには内覧が必要なのです。

 

・不動産屋さんと会う回数を重ねる

不動産屋さんと会う回数が増えると、メールや電話だけでやり取りをするより印象が残ります。またその分会話も増えるので、もっとやりたいことや、お店の雰囲気を伝えることとで、いい物件があるとすぐにあなたのことを思い出してくれると思います。毎日いろんなお客様とやり取りをする不動産屋さんだからこそ、そういったところにアプローチするのもひとつかもしれません。

 

【デメリット】

・計画書をつくらないままのとりあえず内覧

本当に借りたいイメージがないまま探してしまうと、せっかく紹介されても気づかずにいい物件を見逃してしまったり、急に物件ができてきても準備不足で探し直さなければいけないことになってしまう。

 

・時間を作らなければならない

忙しければ尚更、スケジュールを合わせるのは難しいこと。

 

・見すぎるとわからなくなる。

これは10件、20件と物件を見続けると何が良いのかわからなくなってきますよね。

物件によって良いところ、悪いところはありますが、大幅にコンセプトチェンジしなければならないものは置いておいて。。

結局選ばなかった物件でも、この物件ならどんなスケジュールでオープンできるか物件によっても契約年数、賃料、更新料の有無、保証金の額は違います。ここでも計画書と見比べてみたり、それぞれのタイプに合わせてみる、というのも計画を作成する上で精査されていきます。

 

 

結果的には、「とりあえず内覧に行くこと」は計画書を作っていない場合にはデメリットのほうが強くなってしまうこともあります。

なので「計画書、何もしてない、どうはじめれば…」という方にはおすすめしないです。

計画がなければ判断ができずに、限られた開業準備の時間の無駄遣いをしてしまう危険性があります。

あくまでも、計画をつくる上での情報収集という割り切りが重要です。

 

とは言うものの、計画書はすぐに書き出せるものでもないので、次回には事業計画書を作るにあたっての方法を紹介していきます!

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ
  1 2 3 4 5 ...