インディアン&ハワイアンのジュエリー 雑貨の専門店 Sleeping Beauty


 

四条寺町…。観光客で、地元の買い物客で、

京都市内でも最も多くの人通りで賑わう界隈から、

少し南へ歩いた所にある「Sleeping Beauty」さんは、

インディアン&ハワイアンのジュエリー、雑貨の専門店です。

今年で開店10周年を迎えるのを機に、

お店の内装と、外装をリニューアルなさったという、

オーナーの越路有紀子さまに、お話を伺ってきました。

 

 

(2014年5月8日 取材)

============================

インタビュアー:

5月1日で開店10周年とお聞きしました。おめでとうございます!

 

オーナー様:

ありがとうございます。

 

インタビュアー:

インディアン、ハワイアンジュエリーを扱うお店を

開かれたきっかけを教えてください。

 

オーナー様:

はい。学生時代から自分で何かをしたい、

お店をしたいと思ってきました。

 

ずっと、ネイティブな雰囲気があるジュエリーが

好きだったんです。ハワイアンでも、インディアンでも、

ジュエリーのモチーフになっているものには、

すべてに意味が込められているんです。

 
 
 
 
 

そう、たとえば…このインディアンジュエリーの

モチーフ「羽」の場合でお話しますね。

ネイティブアメリカンの人たちは、自然の草木に

精霊が宿る、と考えています。

そして、精霊を宿す草木を育む太陽が「神様」、

その「太陽と人間」のあいだを行き交う「鳥」を、

神様の使いであるとし、大切にしているんです。

神の使いである、鳥の羽に願いを込めれば、

その思いが神様に届く…ネイティブアメリカンの人たちは、

ジュエリーのモチーフに、そうして、ひとつひとつ、

意味を込めているんですよ。

 

インタビュアー:

なるほど…こうしてオーナー様のお話を聞きながら

ジュエリーを見ていると…作り手さんの、

自然に対する敬虔な心が伝わってきますね。

 

オーナー様:

そうなんです。あ、こちらも見てみてください。

コレ、何かわかります?

 
 
 
 

インタビュアー:

ええっと…玉のような、粒のようなモチーフですね。

 

オーナー様:

これは「雨の雫(しずく)」です。

ネイティブアメリカンの人たちの住まう地域は、

乾燥した砂漠地帯でしょう?

だから、水の恵みの象徴である「雨のひと雫」に

、感謝、願い、想いを込めたものなんです。

モチーフだけでなく、使われている石にも、

意味が込められていますよ。

ターコイズには「成功・幸運・旅のお守り」の意味が、

オニキスには「魔除け、体調を崩さないように」の意味が、

ラピスラズリには「幸運を導く、チャンスを成功へ」の意味があります。

そうそう、こちらの石は、インディアンの間で

神聖とされているホワイトバッファローと同じ色の、

とても稀少なターコイズなんですよ。

 

 

インタビュアー:

ブルーではなく、ホワイトのターコイズですか?

それは珍しいですね。

 

オーナー様:

はい。でも、お客様には、難しく考えすぎず、

「自然に目に留まったもの、

手に取ってみて何か感じるもの」をと、おススメしています。

その上で、石やモチーフに込められた意味を

汲み取ってもらえたら嬉しいです。

 
 
 
 
 

インタビュアー:

オーナー様の、ジュエリーに対する想いを伺っていると、

あっと言う間に時間がたっていきますね。

 

オーナー様:

ええ、それがね…わたしのお店、ジュエリーに対する想いを、

理解してカタチにしてくれる所が…なかったんですよ…。

 

コトスタイルさんの他にも、

何社かにお願いし、見積もりも取りましたが、

「え?今、私が話したコト、ほんとに聞いてる?」って(笑)

そんな中、コトスタイルの担当者さんは、

わたしの想いやイメージを聞き取った上で、

その場で絵を描いてくださったんですよね。

 

インタビュアー:

デザインのラフ画のようなものでしょうか?

 

オーナー様:

はい。現状のお店の状態に、私が話したイメージを

織り込んだ「絵」をね。その絵を見て「こんなことをキチンとしてくれる、

私の想いをカタチにしてくれる。

コトスタイルさんなら、きっといいお仕事を

してくださるのではないかな」って。

今回は、内装、外装だけでなく、ジュエリーを陳列しつつ、

収納もできる家具を発注しました。

床の白いパイン材に合わせた色味にして…

色サンプルを見ながら、何度も、細やかに対応してもらえました。

そうそう、エントランスの取っ手もいいでしょう?

これは元々の鉄製の取っ手から、お店のイメージに合わせて

「流木」を取り付けてもらいました。

 

そのままだと、お店のシャッターに引っかかってしまうので、

短めの「受け金具」で調節してもらいました。

 
 
 
 
 

インタビュアー:

施工中に何か困ったことはありましたか?

 

オーナー様:

私は、施工の間に、アメリカへ買い付けに行っていたのですが…

工事中警備会社の配線が切れてしまったそうです。

でも、すぐ復旧できたそうですし、以前はむき出しになっていた配線を、

美しく納めて、お店のアクセントになるようなインテリアにしていただきました。

あとは、少し工期が延びたことぐらいでしょうか。

 

インタビュアー:

ほんとうですね!温かで、自然な感じが、

お店とオーナー様の雰囲気にぴったりですね。

================================

ハワイアンと、ネイティブアメリカンのジュエリーや雑貨が

醸し出す「癒し」のせいでしょうか?

オーナー様のお話を伺っていると、あっと言う間に時間が経っていきます。

お店は『生き物』、来て下さるお客様との関係によって、

動いていくものなんですよ」とのオーナー様の言葉をかみしめながら、

お店を後にしました。Sleeping Beauty様、

お忙しい中、どうもありがとうございました。

アンケートはこちらです。

 
 

カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です