京都府指定文化財「パンとエスプレッソと嵐山庭園」& 新しく「パンとエスプレッソと福田美術館」!


 

 

門の外から

 

本格的な秋の観光シーズンが始まる前に!と

リベンジしてきました。

7月の記事で紹介した「パンとエスプレッソと嵐山庭園」。

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31089

 

前回訪れたオープン直後は

待ち時間が長すぎて、カフェには入れず。

今回も、平日にも関わらず並びましたが、

「旧小林家住宅」を改装されたカフェ、ようやく体験できました。

改装、オープンに至る経緯がとっても気になる

「京都府指定文化財」。

築210年の旧家屋が、どんな空間になっているのか。

分厚い茅葺き屋根と、ハイセンスなのれんをくぐって、いざ。

 

のれん

 

入口

 

高い天井、足元には小石。

このあたりは、元の土間をいかした造りなのかな~と想像。

 

天井

 

店内1

 

店内2

 

土壁、立派な梁。

年季の入った家具や建具。

築210年となると、さすがに大幅な手入れが必要だと思うのですが、

重厚な趣ある材質と、いまどきなセンスや清潔感がしっくりと調和。

きっと元の雰囲気を大切にした

さりげない改装に相当尽力されたのでしょうね。

席に着いてからも、

元の建物の構造をイメージしながら、あちこちキョロキョロ。

 

店内3

 

店内4

 

おくどさん

 

存在感のあるおくどさん。

お店のスタッフの方によると

「これも文化財です。色は最近塗ったんですけど」

とのこと。

 

庭1

 

庭2

 

秋の気配が深まり、お庭も色づくと、

ますます人気を呼ぶに違いない

「パンとエスプレッソと嵐山庭園」です。

 

福田美術館1

 

そして、嵐山といえば、10月1日に「福田美術館」がオープン。

渡月橋にも近く、とっても見晴らしがよさそうな立地。

…と思っていたら、なんと館内に

「パンとエスプレッソと福田美術館」が誕生するのだそう!

こちらは、来館者のみ利用できるカフェ。

美術館内にふさわしい洗練されたインテリア。

落ち着いた雰囲気の中、水と緑の景色を一望。

 

福田美術館2

 

桂川

 

「パンとエスプレッソと嵐山庭園」

http://www.bread-espresso.jp/shop/arashiyama-cafe.html

「パンとエスプレッソと福田美術館」

https://fukuda-art-museum.jp/facility

どちらも、グッドロケーション!

選べないから、ハシゴしたいぐらいですね。

オミセツクルみなさんなら、ぜひ要チェック。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です