「パリ×京都」 ラデュレ京都四条店へ行ってきました。


 

フランス・パリ生まれの「ラデュレ」。

マカロンなどのスイーツで、日本でも人気のブランドです。

「ラデュレ京都四条店」がオープンしたのは、この夏。

1階がブティック、2~3階がサロン・ド・テ。

現在、関西では唯一の「ラデュレ」です。

 

ネット情報によると、メニューだけでなく、

店舗の内装でも

「パリと京都の出会い」を演出されているようで

オープン当初から気になっていました。

以前、大阪にあった「ラデュレ」の印象は

まるで優雅な洋館の一室のよう。

ときめきのある非日常の空間だったので

「あのラデュレが、どんなふうに京都テイストに?」と興味津々。

9月に入って、そろそろ予約なしでも大丈夫かな~と

ふらり立ち寄ってみることに。

 

四条通、藤井大丸の少し西。

 

外観

 

のれん

 

上品でかわいらしいラデュレカラーの暖簾が、おでむかえ。

暖簾のある「ラデュレ」は

もしかすると世界でココだけかもしれませんね。

 

1階

 

ショーケース

 

1階ショーケースには

カラフルなマカロンやケーキがずらり。

商品パッケージや包装用のリボンもインテリアの一部となって

「ラデュレ」の世界がつくられています。

 

サロン・ド・テに案内していただきました。

 

2階

 

3階

 

「パリと京都の出会い」のある空間。

なるほど~。

確かに、大阪にあった「ラデュレ」の印象とは異なりました。

京都四条店は、ロマンティックな甘さなどは抑えたシックな空間。

スモーキーなパステルや

抹茶のようなグリーンなど、色調も穏やか。

どこかレトロな喫茶室のような雰囲気も。

この落ち着き感が、京都のイメージなのかもしれませんね。

床にデザインされている格子も

和の建築や京都の町並みを意識されたのかなと感じます。

 

照明と壁

 

インパクトのある照明や

壁の東洋的な柄には

パリ×京都の融合という印象を受けました。

 

他にはない特別な京都の「ラデュレ」。

オミセの入れ替わりが多い四条通ですが、

長く定着するといいですね。

 

ヤツハシ

 

限定マカロン

 

京都ならではの限定スイーツなど、

手みやげに喜ばれること間違いなし!

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です