ザ・リッツ・カールトン京都の チャリティブレックファーストへ行ってきましたレポ!


 

 

12月3日。ザ・リッツ・カールトン京都にて

すてきなイベントが開催されることを新聞で知り、

参加させていただきました。

「チャリティブレックファースト」。

 

京都市内の児童養護施設の子どもたちに

クリスマスプレゼントを贈るという企画です。

その仕組みがハッピー&ハッピー! ラグジュアリーホテルならでは。

朝、決められた時刻に

子どもたちへのプレゼントをホテルに持参すると、

ホテルの従業員ボランティアの方が

朝食を無料で提供してくださる、というもの。

 

チャリティって言われると、なんとなく素直に参加できなかったり、

照れがあったり…少々あまのじゃくなわたしにとってはぴったりの

魅力的なイベント。

たくさんの方が笑顔になれる

すてきなアイデアだなあと感心してしまいました。

 

ツリー

 

顔を知らない子どもたちへのプレゼントですが、

選ぶ時間は、やはりわくわく楽しいもの。

ちいさな子から高校生までの年代別、また男・女・男女兼用と

対象を伝えてプレゼントをあずけます。

わたしが購入したのは、高校生・男女兼用。

きっと、よろこんでくれると思うんだけどな。

どんなふうに使ってくれるかな。

そんな思いで選んだプレゼントを受付の方に手渡して、朝食会場へ。

 

会場

 

テーブル

 

かなり大きな広間が、大勢のひとで賑わっていました。

クリスマスらしく、また、おとなっぽいテーブルコーディネート。

 

フルーツ

 

朝食

 

ビュッフェスタイルで、ホテルならではの上質な朝食を。

お目当てだったピエール・エルメ・パリのクロワッサンも!

まわりのみなさんからも

「ジュースだけでも、めちゃめちゃおいしい!」

「スープが贅沢すぎる…」

と、感嘆の声が漏れていました。

自分のためだけに高級ホテルに朝食へ行くことは

金銭的にもメンタル的にもハードルが高くて

なんとなく躊躇してしまうものですが、

自分もおいしい、うれしい。その上、誰かが、よろこんでくれる。

そう思えると、ホテル朝食、行ってしまいますよね(笑)

 

京都にはホテルがどんどん増える昨今ですが、

地域住民としては

「またホテルか…」という声も、まあまあ多いという印象。

地元のひとは、なかなか近くのホテルを利用する機会は少なく…。

そんな中、今回のような

笑顔にあふれた地域との連携活動などがあると、

単純すぎるかもしれませんが

「ちょっとこのホテルのファンになっちゃうな」

そんな気分です。

 

クリスマスイベントでしたが、

ホテルのエントランスでは紅葉も美しく。

 

紅葉

 

https://www.ritzcarlton-kyoto.jp/

 

気持ちを暖かくして、冬を迎える準備ができそうです。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です