曼殊院道は、ゆるさとオシャレがイイ感じ。 ラーメン二郎OPENのニュースも。


 

叡電の一乗寺駅。なんとなくレトロで、画になりますよね。

そんな一乗寺駅がある曼殊院道は

ゆるさとオシャレのさじ加減が絶妙。

さまざまなカルチャーが混ざり合ったマチ。

 

この通りにある「恵文社」さんについては

以前、紹介させていただいたこともありますが、

その他にも

お楽しみスポットはたくさん!

 

たとえば、活版印刷とグラフィックデザインの

「りてん堂」さん。

りてん堂 外観

 

お店のご主人が

古く貴重な「チャンドラー」と呼ばれる印刷機で

作業されているところでした。

リズミカルな音が心地よく。

りてん堂 チャンドラー

りてん堂 作業場

 

見たことのない活版印刷のシゴト場…見入ってしまいます。

 

あたたかみと味わいがある活版印刷で生まれた

紙モノの販売も。

りてん堂 雑貨

りてん堂 メモ

 

遊びゴコロにクスッ。

 

名刺のオーダーも請けていらっしゃるとのことで

ぜひ次の名刺は「りてん堂」さんで!

と決めました。

http://www.eonet.ne.jp/~retendo/

 

 

お次は「りてん堂」さんの並びにある「むしやしない」さん。

世界唯一の「豆乳パティシエ」が腕をふるうケーキ屋さんです。

むしやしない 外観

インパクトのある「むしやしなべ」でご存知の方も多いかも。

クッキーでつくられた大きなお鍋ごと(フタも)

食べられるケーキです。

「むしやしなべ」を食べてみたかったのですが、

値段もサイズもスペシャルなので

今回は「ぷちむしなべ」。(こちらは、容器は食べられません)

ぷちむしやしなべ

http://648471.com/

 

曼殊院道

暮らしに根ざしたお店や医院などがありながら、

おしゃれなカフェやショップも点在。

暮らすにも遊びにでかけるにも

シゴト場をもつにも、魅力的なエリアです。

 

そんな一乗寺・曼殊院道に、

ある有名店OPENのニュースが飛び込んできました。

「ラーメン二郎」。

特にラーメン好きというわけではなくても

その名を聞いたことがある方、

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

関東を中心に、行列の絶えないラーメン店として有名です。

関西での初出店が、この曼殊院道となります。

「ラーメン二郎 京都店」のツイッターアカウントで確認すると、

場所は一乗寺駅のすぐそば。

4月2日(日)にオープン。

初日限定100食、整理券制とのこと。

関西初ということは、他府県からのお客さんも多いのでは!?

一乗寺は、ますます「ラーメン激戦区」として

注目を浴びそうですね。

https://twitter.com/jiro_kyoto?ref_src=twsrc%5Etfw

 

さまざまなお楽しみが点在して、

ぶらぶら歩いていても飽きない曼殊院道。

ちょっと春めいた日を見はからって

散策や物件探しはいかがでしょうか。

よろしければコトスタイルがお伴しますので

気軽にお声掛けくださいね。


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です