「ふたば書房」が手掛ける、ハイセンスな町家の絵本カフェ


 

北区・新大宮商店街に、ことしの秋誕生した

すてきな空間。

ずっと気になっていた「絵本カフェ Mébaé(めばえ)」さんを

訪れることができました。

 

興味津々!だったのは、

あの「ふたば書房」さんの新店舗だと知ったから。

「ふたば書房」といえば、

河原町の「アンジェ」など雑貨事業も大人気。

京都の北欧好き、インテリア雑貨好きには、

大定番のショップではないでしょうか。

そんな「ふたば書房」さんの手掛ける

絵本カフェですから、

絵本のセレクトとともに、こだわりのインテリアにも

注目したいですよね。

 

商店街にしっくりなじんだ町家。

%e3%82%81%e3%81%b0%e3%81%88%e5%a4%96%e8%a6%b3%ef%bc%91

約600タイトルの絵本を閲覧、購入できるそうです。

ゆっくりお茶など飲みながら。

 

戸を開けると、

町家のイメージが覆るほど、明るい印象。

ぐっと天井が高いこと、

正面にお庭が見えることなどが、大きな理由かも。

%e3%82%81%e3%81%b0%e3%81%88%e5%ba%ad

%e9%ab%98%e3%81%84%e5%a4%a9%e4%ba%95%ef%bc%91

%e9%ab%98%e3%81%84%e5%a4%a9%e4%ba%95%ef%bc%92

 

 

スペースづくりも、ユニークです。

土間スペースには、テーブル席。

%e7%aa%93%e9%9a%9b%e3%81%ae%e5%b8%ad

その先の本棚やカウンターのスペースへは、

靴を脱いで小さな階段を上がります。

%e5%9c%9f%e9%96%93%e3%81%8b%e3%82%89%e9%9d%b4%e3%82%92%e8%84%b1%e3%81%84%e3%81%a7

そのちょっとした区切りが、なんとも楽しい!

誰かのおうちのような、図書室のような。

%e3%82%81%e3%81%b0%e3%81%88%e6%9c%ac%e6%a3%9a%e3%81%aa%e3%81%a9

%e3%82%81%e3%81%b0%e3%81%88%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%b8%ad

 

 

随所に、控えめなおとなっぽいセンスがきらり!

販売されている雑貨、食器はもちろんのこと、

カフェの椅子なども、さりげなくオシャレ。

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%81%a8%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e6%89%89

この小さい扉は、なに??

あちこち気になってしまいます。

%e7%85%a7%e6%98%8e

 

おとなひとりで訪れても

楽しめる絵本、たくさんたくさんありますよ。

思わず「くすっ」「にやり」ときには「ほろり」。

自然に表情もココロもやわらかく。

いい時間を過ごさせてもらえました。

 

絵本カフェに興味ありの方。

「アンジェ」の雑貨や食器ファンの方。

町家の店づくりを計画中の方。

日々の業務に追われ、ココロが硬直ぎみの方。

新大宮商店街の「絵本カフェ Mébaé」さんへGO!

%e3%82%81%e3%81%b0%e3%81%88%e5%a4%96%e8%a6%b3%ef%bc%92

https://www.facebook.com/ehoncafe.mebae/

 

 

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です