四条大宮から四条通を西へ5分ほど歩いたところにあるかわいらしい黄色のテントが目印のお店、洋食彩酒アンプリュス様のオープンのお手伝いをさせていただきました。

 

長い間空きテナントとして募集していた物件で以前には医療関係のお店や飲食店が入居していたということもあり、グリストラップと厨房の床が残存しており、半居抜き物件のような作りになっている物件でした。

 

ところが調査をしていくと2つのテナントが1つにまとめて使用していることが判明し、配管やメーター類が分かれていたり、経路が不明な点もあり新しくする箇所と既存を使用する箇所をはじめにきっちりと精査して進めていきました。

 

店内の内装は全体的にシンプルな造りになっており、壁にはラインが描かれた壁紙を使用して奥行感が出て圧迫感を感じることなく過ごすことができます。天井も低いことから一部をくり抜いて段差をつけて間接照明を取り入れることで広々とした客席になっています。

 

床には濃い木目のフロアタイルを貼ることで全体を引き締める効果を担っています。

 

祇園にあるフランス料理店でお勤めをされていたということで美味しいものをリーズナブルに食べやすいようにということで入りやすいお店になっているので、近くに寄った際には一度堪能してみてはいかがでしょうか。

 

内容:店舗デザイン設計施工

業種:フレンチ

広さ:約44.01㎡(13.31坪)

所在地:京都府京都市中京区壬生賀陽御所町64-18 マキシムⅢ1F