重要事項説明書の作成!久しぶりに家主さんと直接契約です。-京都の店舗専門・テナント仲介・店舗デザイン設計施工-


 

こんにちは、穴澤です。

すごい荒れた天気、祇園祭大丈夫かな、

なんて考えながら、事務所でブログ書いてます。

 

今日は、夕方には外出して

お客様へ重要事項の説明にお伺いします。

 

重要事項説明ってご存知でない方も

おられるかもしれないので、

簡単に説明させて頂くと。

 

不動産の契約を取り交わす前に

しっかりと対象の建物の内容について

説明を行うというものです。

 

大きな買い物ですから、

思い違いや確認不足によって

間違いのないように行います。

 

こういった制度は良い制度です。

不動産というなんだか、怪しい業界でも

こういった真面目な取り組みがあるんですね。

 

なんて、冗談はさておきまして、、、

 

この重要事項説明書

普段は、相手方の不動産屋さんに

作成をお願いする事が一般的なんです。

 

あっ、相手方の不動産屋さんというのは

家主さんの貸したいという行為をサポートされる

不動産屋さんの事です。

 

ちょっと、話がそれますが、通常は

家主さん、家主さんの不動産屋さん

入居者さん、入居者さんの不動産屋さん

この4人で契約を行うというのが一般的なんです。

 

何故かと言いますと、不動産屋さん1人では

家主さんと入居者さん、それぞれを探すというのは

非常に確率論的にも難しいからなんです。

 

だから、普段から不動産屋さんは

お互いに情報を交換しながら、

借りたい人や貸したい人を繋いでいるという感じなんです。

 

と、一般的な事はこのあたりにさせて頂きまして

今回は、久しぶりにたまたまですが、

家主さん、僕達、入居者さんといった感じで、

相手方の不動産屋さん無での契約になりそうなんです。

 

なんとか、お互いに納得して頂けるような

条件をご提示しながら、ご契約に進めるよう

ご尽力したいと思っています。

 

このように、実は不動産の契約の裏側には

様々なケース、パターンが存在します。

 

実は、そんな裏側の構図を知っているか

知らないかというだけでも、

物件の探し方が大きく変わると思います。

 

孫子の兵法でこんな言葉があります。

彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。

 

敵と、味方の情勢を知っていれば

負ける事はないという兵法です。

敵という言い方が正しいかは、わかりませんが

不動産の仕組を知るというのが

実は、物件探しのポイントかもしれません。

 

では、重要事項説明書に不備がないか

再度チェックして、いざお客様の元へ行ってきます。

 

 

——————————————————————–

 

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に
下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方

→  無料相談・お問合せ → 無料小冊子プレゼント中 → 毎月セミナー開催中

・ お店を出す準備として、まずは物件を探してみたいという方

→  物件を探す → 厳選物件紹介 → 無料相談・お問合せ 

・ 物件は見つかっており、デザイン・工事の御見積りをしたいという方

→ 事例紹介 → お客様の声 → 無料相談・お問合せ 

 

——————————————————————–

コトスタイル主催のセミナー情報。

8月セミナー案内 ←ご案内資料はコチラから印刷できます。

こちらのセミナー申込みフォームからもお申込み頂けます。

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です