来春から8%に消費税増税が決定。-京都の店舗専門・テナント仲介・店舗デザイン設計施工-


 

昨日、安倍晋三首相より

平成26年4月から

消費税が5%から8%に増税する事が

正式に発表されました。

 

わかっていた事とはいえ

いざ決まると、いろいろ大変ですね。

 

弊社でも、物件金額など

対応しなければいけません。

おそらく他にも細かな影響はあるでしょう。

 

様々な経済対策も検討されているみたいですが

どのように日本経済が動くのか

不安でもありますし、楽しみでもありますね。

 

増税前の駆け込み特需も期待されています。

住宅をはじめとした高額なお買いものは

増税前に購入しておこうという感じのようです。

 

確かに3%の差額は商品の代金によっては

大きな差額になりますから、すでに

購入を決めておられる方にとっては

是非とも、購入しておきたい事でしょう。

 

少し心配なのは、開業についてです。

やはり、日々開業に関する仕事をしていますから

増税に対してどうのような形で

影響がでるかは不安に思います。

 

もちろん、すでに準備中であって

事業計画の中で、ベストな物件が出てきたとすれば

それは、増税どうこうではなく、買い時ですよね。

 

だけど、今から探しはじめようかという方で

あまり計画を進めておられない方については

ある程度、増税という事に振り回されないで

ほしいと考えます。

 

やはり、物件の取得はもちろん、工事代金

什器備品に家具等、開業には様々な費用が掛かります。

もちろん数百万から数千万という額を準備して

一気に使わなければいけないため、

増税された3%はとても痛手に感じるでしょう。

 

しかし、その3%の為に焦って決断してしまうと

本当に取り返しのきかない結末も考えられます。

様々な専門業者にとっては、当然のように

税金が上がる前に購入を進めてくるでしょう。

 

しかし、すべての業者をスケジュール通りに

まとめて行わなければいけない開業準備では

相当慎重に物事を進めていかなければいけません。

 

100万の3%は3万円、500万なら15万円

1000万なら30万円、2000万なら、、、

確かに大きな差額になりますが、

今後の事業の展開を優先して

勇気ある決断をもって、準備を行ってほしいと思います。

 

消費税増税、さらに今後も上がっていく様子です。

平成27年10月には10%という予定。

このような経済状況ですから、増税とも

うまく付き合って商売をしないといけないですね。

 

その反面、法人税率を下げるなどといった

期待できる案も打ち出しているようですね。

しかし、法人税が下がり、海外の企業が日本にくると

それは、それで、大変かもしれませんが。笑

 

とはいえ、外部環境はどんどん変わっていきます。

そう考えると、いかに他社とは違うアイデアを

打ち出して、競合優位性を持ったビジネスモデルで

市場に喜んで頂けるように変わり続ける事ができる

企業が生き残るんだなという風に感じますね。

 

弊社でも、そのような企業として、

世の中で生き残れるように、

日々アンテナを張って、柔軟な頭で

市場と真剣に向き合おうと思います。

 

 

 

——————————————————————–

 

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に

下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方

→  無料相談・お問合せ → 無料小冊子プレゼント中 → 毎月セミナー開催中

・ お店を出す準備として、まずは物件を探してみたいという方

→  物件を探す → 厳選物件紹介 → 無料相談・お問合せ 

・ 物件は見つかっており、デザイン・工事の御見積りをしたいという方

→ 事例紹介 → お客様の声 → 無料相談・お問合せ 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です