1 2 3 4 5 ...

4,とりあえず内覧に行く。ということが有効なのか??開業に向けて

 

4,とりあえず内覧に行く。ということが有効なのか??開業に向けて

10月15日のコラムでは「開業準備までのスケジューリングが何より大事!」という表題で掲載しておりました。(https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31384

 

内覧というと不動産屋さんとアポイントとって店舗まで出向き

探している物件の条件や、今募集がある物件をその場で紹介してもらいながら

気になる物件があれば、実際に見に行くという工程がありました。

 

いまでは、インターネットが主流になってきて

ポータルサイトと呼ばれる、いろんな会社が自社の物件の掲載をできたりするサイトが

CMでもどんどん流れるくらい何社もあるかと思います。

 

 gori0I9A3099072103255_TP_V

 

 

そんなわけで、物件を探している側にとってはいつでもどこでも検索して

「一括問い合わせ」なんていう機能があるので簡単に不動産屋さんへアプローチできるのです。

 

本題の「とりあえず内覧に行く」ということは有効かどうか。

ズバリ有効だと思います。

ただ、計画書を作成しておくことが前提です!

 

メリットとデメリットをあげていくと…

 

【メリット】

・周辺環境を実際に見ることができる

不動産さんの紹介やインターネットでは物件周辺の環境を撮影したもの載せていることはほとんどありません。実際に見て、人の流れや周辺のお店などをチェックしておきましょう。

 

・広さ、高さ、設備、構造を見ることができる

周辺環境同様に、物件内部を実際に見ることで10坪の広さがどれくらいか、天井の高さ、残置物(エアコンやトイレなどの前借主が置いていったもの)がどのような状態であるかなどは行って見なければわかりません。また、紹介した不動産屋さんも自身の管理物件でなかったりすると実際に現地を見たことがないことが多いので、詳しく知るためには内覧が必要なのです。

 

・不動産屋さんと会う回数を重ねる

不動産屋さんと会う回数が増えると、メールや電話だけでやり取りをするより印象が残ります。またその分会話も増えるので、もっとやりたいことや、お店の雰囲気を伝えることとで、いい物件があるとすぐにあなたのことを思い出してくれると思います。毎日いろんなお客様とやり取りをする不動産屋さんだからこそ、そういったところにアプローチするのもひとつかもしれません。

 

【デメリット】

・計画書をつくらないままのとりあえず内覧

本当に借りたいイメージがないまま探してしまうと、せっかく紹介されても気づかずにいい物件を見逃してしまったり、急に物件ができてきても準備不足で探し直さなければいけないことになってしまう。

 

・時間を作らなければならない

忙しければ尚更、スケジュールを合わせるのは難しいこと。

 

・見すぎるとわからなくなる。

これは10件、20件と物件を見続けると何が良いのかわからなくなってきますよね。

物件によって良いところ、悪いところはありますが、大幅にコンセプトチェンジしなければならないものは置いておいて。。

結局選ばなかった物件でも、この物件ならどんなスケジュールでオープンできるか物件によっても契約年数、賃料、更新料の有無、保証金の額は違います。ここでも計画書と見比べてみたり、それぞれのタイプに合わせてみる、というのも計画を作成する上で精査されていきます。

 

 

結果的には、「とりあえず内覧に行くこと」は計画書を作っていない場合にはデメリットのほうが強くなってしまうこともあります。

なので「計画書、何もしてない、どうはじめれば…」という方にはおすすめしないです。

計画がなければ判断ができずに、限られた開業準備の時間の無駄遣いをしてしまう危険性があります。

あくまでも、計画をつくる上での情報収集という割り切りが重要です。

 

とは言うものの、計画書はすぐに書き出せるものでもないので、次回には事業計画書を作るにあたっての方法を紹介していきます!

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

2019年12月14日(土)開業セミナーvol.58-受付中です。-

600_280_v027

 

今年最後のセミナー 、今年最後の基礎振り返り

 

12月セミナーのお知らせです。

今年もあっという間でした。

皆様は開業へ向けてどこまで準備されましたか?

半年を振り返ると、この夏の間にかけては年内の開業を目指すかたのご相談が多く

秋から冬にかけては春までの開業を目指す方々の物件のご相談などを受けています。

なのでオープン希望時期の1年〜半年前には物件探しをはじめている方が多いです。

 

開業準備といえば資金練りから計画づくり、物件探しまで同時進行で行わなければなりません。

その中でも事前に準備しておくことと、物件が見つかるタイミングはとても重要です。

こうしてほぼ毎月開催しているセミナーにお越しいただける開業準備中の方や

これから開業をしていこうと情報収集している方、すこし気になるなと思ってお越しいただけるというとこは

京都の街は飲食店やサービス店が増え、さらに活気よくなっていくような気がします。

 

いままでずっと準備してこられた方も、はじめての世界に飛び込む方にも分かりやすい

過去の事例などをご紹介しながらお話をさせていただきたいと思います。

 

10月セミナーのアンケート一部ご紹介です。

今年最後のセミナーぜひお越しください。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

20191026122052


カテゴリー: 開業セミナー案内 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

大人のハロウィンにぴったり、長楽館。

 

京都でも、年々盛り上がりを見せるハロウィン。

ことしは、どんな楽しみ方をされますか?

各地での仮装パレードをはじめ

ホテルやレストランでのハロウィンスイーツビュッフェなど

イベントとしてはクリスマスを越えそうな勢い。

そう。最近は、若い世代だけではなく、

大人も楽しめるハロウィンイベントが増えてきています。

 

中でも気になるのが、東山の円山公園にある長楽館。

10月31日の夜開催

「ハロウィンナイトパーティー」に注目です。

https://www.chourakukan.co.jp/

 

長楽館外観1

 

長楽館外観2

 

明治42年に建てられた長楽館は

京都市指定有形文化財にも登録されている貴重な建物。

優雅で上品な佇まいの洋館です。

迎賓館として活用された当時の華やかな空間・時間を

いまも肌で感じることができます。

 

エントランス

 

階段など1

 

階段など2

 

存在感のある階段。

曲線が美しい建築様式。

どこをとっても細部まで絵になる洋館です。

また、部屋ごとに

少しずつ表情が異なるのも長楽館の魅力のひとつ。

 

部屋1

 

部屋2

 

部屋3

 

「ハロウィンナイトパーティー」では

夜の洋館ならではのムードを満喫できそう。

2階でデザートビュッフェ。

1階の「迎賓の間」がフォトコーナーになるそうです。

コスチュームも大人っぽくきめていきたいイベントですね。

シックな着物なども、洋館の雰囲気にマッチしそう。

予約制のイベントです。

お申込み・詳細は長楽館ホームページをご確認ください。

https://www.chourakukan.co.jp/

 

「ハロウィンナイトパーティー」だけではなく、

ハロウィンウィークを楽しみたい方も

長楽館のカフェやレストランを要チェック!

アフタヌーンティーなども人気です。

 

この洋館ならではの雰囲気、

実はクリスマスシーズンにも、とってもオススメなんですけどね(笑)。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

みんな大好き文房具! 「秋の京都ぶんぐフェスタ」@みやこめっせ

 

この時季になると、

来年のカレンダーを選んだり、

手帳を新調したり、

秋らしいしっとりムードの一筆箋が欲しくなったり。

いつもはスマホで完結しているひとも

ぬくもりを感じる紙やペンが愛しくなるような。

 

パンフレット

 

文房具の秋!ということで

10月26日(土)とっても楽しそうなイベントが催されますよ。

みやこめっせにて

「秋の京都ぶんぐフェスタ」。

https://www.facebook.com/kyoto.bungu.festa

パンフレットを見てみると、

最新文房具の体験、出店メーカーのPRトークショー、

また、アンケートと引換えの大抽選会(空くじなし!)など

テンション上がるイベントの数々。

さらに「AKB(秋の京都ぶんぐ)総選挙」!

ちょっと気になりませんか。

来場者が、各ジャンルにノミネートされたアイテムを

試して、比べて、推し文具に投票!

そんなシステムのようです。

投票結果は、当日15時~ステージ上で発表予定です。

 

ちなみに、去年のボールペン部門では

「ジェットストリーム3色ボールペン」(三菱鉛筆)、

ハサミ部門では「エクスシザース」(カール事務器)、

修正テープ部門では「MONOエアー」(トンボ鉛筆)が

1位に輝いたそう。

その他、のりテープ部門や消しゴム部門などもあったようですよ。

 

入場無料ですが、

組合加盟店舗でもらえる招待券&サンプル券つきパンフレットを

持参すると、よりおトクに満喫できるそうなので、

公式フェイスブックなどで詳細をぜひチェック。

 

招待券

 

 

サンプル券

 

 

わくわくの参加型イベントを楽しみながら

自分にベストフィットの文房具に会えるチャンス!

オミセツクルみなさんなら

ラミネーター、シュレッダー、プリンター、はんこなどの

アイテムにも注目してくださいね。

 

「秋の京都ぶんぐフェスタ」当日は、時代祭が開催される日。

みやこめっせは平安神宮のすぐそばなので、

時間次第では、時代祭の行列も観ることができますよ。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

3,開業までの、スケジューリングが何より大事!(第一版)開業までのスケジュールを把握。

 

ab63e3b18cc43b820ebb19e3cf5ead1e_s

 

さて、今回は…やりたいコトが明確になって、資金的にもメドがつけば、実現に向けて行動あるのみ!

 

ですがやみくもに動くだけではゴールは見えません。

 

実際のスケジュールは弊社HPの店舗完成までの流れ(https://www.kotostyle.co.jp/flow.html)を見ていただけるとより詳しくわかると思いますので今回は「抑えておきたいスケジュールのポイント」についてお話していきます。

 

大切なスケジュールポイントは「2つ」です。

 

その①物件探しのタイミング

開業・開店しようと思った時、事業計画書を作らずに物件をさがそうとする方が、実はけっこう多いです。

もちろんなんとなくいいな〜という感じで、物件を決めうまくいった方もたくさんおられるとおもいます。

だけど、そんなギャンブルみたいなやりかたで大切なお店を開業しないでほしいんです。

 

まずは事業計画をしっかりと検討し、それから物件探しをしてほしいのです。

そうすればどうなるでしょうか?例えば…

 

・売上や販売管理費基づいて支払い可能な賃料を検討できる

・足りない賃料をカバーする方法(販売方法など)も同時に検討できる

 

なにも考えずに決めてしまうのとでは、必ず結果も変わってきます。

これは、ぜひおさえておきたいスケジュールポイントです。

 

その②物件が見つかった!その時

物件が見つかった時、というよりは見つける前から見つかったときのスケジュールを「しっかりと予定し、計画しておくこと」なのですが、具体的に説明すると…

 

・物件が見つかるまでは不動産会社さんが窓口

・物件決定後は設計デザイナーさんや施工会社さんが窓口

 

つまり、物件がみつかった決定直後は特に「不動産会社さん・設計デザイナーさん・施工会社さん」この3社とのやり取りで非常に時間がとられてしまい、まとめるだけでも大変になってしまいます。

 

アナタと「不動産会社さん・設計デザイナーさん・施工会社さん」…

物件のカギの受け渡しだけでもこの4つの間の連絡が必要になってくるわけで、

物件が見つかる前と比べて「時間の流れが違うっ!」と感じられるくらい、ほんとに大変なんです。

 

物件のスケジュール、お店のデザインの打ち合わせ、工事内容について、それぞれのスケジュールをしっかりと管理することが非常に重要になってきます。

 

まとめ

・見切り発車で物件探しを始めない

・良さそうな物件があったら、家主さんに「デザイン、工事費用を計算する時間」を待っていただけるか確認

・不動産会社・設計デザイナー・施工会社に、見積などの締め切りや今後の進め方についてしっかりヒアリング

 

事業計画書を作成し、目標とするオープンの日取りが決まればその日に向け、おおまかなスケジュールを組んでみてください。

 

【適切なオープンの日を想定し物件探しを始める】

 

シンプルだけど浮上に重要だということがおわかりいただけたかと思います。

ぜひ、スケジュールの重要性を再確認してみてください!

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

ジェラート専門店 友和堂様

8月にOPENしたジェラート専門店。場所は下鴨本通北大路の東側です。

 

京都特有のジメジメした暑い夏にピッタリな香り豊かなジェラートがお店にズラリと並んでいるのをみるとどれにしようかと楽しくなりますね。

毎朝、お店で手作りされていて新鮮です。季節によって内容も変わるようですので年中楽しめるジェラートではないでしょうか。

 

以前はブティックだったということで厨房設備工事がやっかいな物件でしたが、ひとつひとつ工夫と報告を繰り返し、トラブルをオーナーさんと一緒にクリアしていきました。

 

お店の雰囲気はジェラートの本場イタリアをイメージ。お店のロゴカラーと同じ色を壁一面に塗装し、オーナーさんの素敵な笑顔が映えるような楽しそうな雰囲気に仕上がりました。

 

毎年、異常な暑さが記録されていますがここでは、ゆーったりした涼しい時間が流れているようです。

 

お近くの際にぜひ立ち寄ってみてください。お持ち帰りのジェラートもご用意されているので、お家でのパーティーやお土産にもいかがでしょうか。

 

 

内容:店舗デザイン設計施工

業種:飲食店

広さ:約33.9㎡(10.3坪)

住所:〒606-0817 京都府京都市左京区下鴨西林町1−1 アートギャラリープレール


カテゴリー: 施工事例 | コメントをどうぞ

カフェ TRIBUTECOFFEE 様

観光客から学生までたくさんの人が行き交う三条河原町近くのビル3階に、”TRIBUTE COFFEE””様がオープンされました。

ビルの3階ということで賑わうエリアにありながらも、喧騒から離れた少し隠れ家的な雰囲気もあり、全体に木を多く使いながらオーナーさんこだわりのアンティーク家具も馴染んでいて、自家焙煎された珈琲豆の香りが漂う中で何時間でも居座ってしまいそうな居心地のいい空間となっています。

カウンターは木材を特殊な加工でRに曲げており、柔らかい雰囲気を醸し出しています。カウンターの立ち上がり面や建具にはシルバーハートの突板、柱型の化粧貼りにはチークの突板を使用しており樹種による木目の違いを考えながら使用する素材を決定していきました。

天井の板貼りは、無垢のピーラー材で塗装サンプルをいくつか作成して全体の雰囲気を考えながら決定していただくなど、細部までこだわって仕様を決めています。

ショッピングの後やお仕事終わりに、美味しいコーヒーでひと休みするのにピッタリのお店となっています。ぜひお立ち寄りください。

内容:店舗デザイン設計施工

業種:カフェ

広さ:57.46㎡(17.38坪)

住所: 京都府京都市中京区恵比須町435−2 ヒジカタビル3F


カテゴリー: 施工事例 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

京都府指定文化財「パンとエスプレッソと嵐山庭園」& 新しく「パンとエスプレッソと福田美術館」!

 

 

門の外から

 

本格的な秋の観光シーズンが始まる前に!と

リベンジしてきました。

7月の記事で紹介した「パンとエスプレッソと嵐山庭園」。

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31089

 

前回訪れたオープン直後は

待ち時間が長すぎて、カフェには入れず。

今回も、平日にも関わらず並びましたが、

「旧小林家住宅」を改装されたカフェ、ようやく体験できました。

改装、オープンに至る経緯がとっても気になる

「京都府指定文化財」。

築210年の旧家屋が、どんな空間になっているのか。

分厚い茅葺き屋根と、ハイセンスなのれんをくぐって、いざ。

 

のれん

 

入口

 

高い天井、足元には小石。

このあたりは、元の土間をいかした造りなのかな~と想像。

 

天井

 

店内1

 

店内2

 

土壁、立派な梁。

年季の入った家具や建具。

築210年となると、さすがに大幅な手入れが必要だと思うのですが、

重厚な趣ある材質と、いまどきなセンスや清潔感がしっくりと調和。

きっと元の雰囲気を大切にした

さりげない改装に相当尽力されたのでしょうね。

席に着いてからも、

元の建物の構造をイメージしながら、あちこちキョロキョロ。

 

店内3

 

店内4

 

おくどさん

 

存在感のあるおくどさん。

お店のスタッフの方によると

「これも文化財です。色は最近塗ったんですけど」

とのこと。

 

庭1

 

庭2

 

秋の気配が深まり、お庭も色づくと、

ますます人気を呼ぶに違いない

「パンとエスプレッソと嵐山庭園」です。

 

福田美術館1

 

そして、嵐山といえば、10月1日に「福田美術館」がオープン。

渡月橋にも近く、とっても見晴らしがよさそうな立地。

…と思っていたら、なんと館内に

「パンとエスプレッソと福田美術館」が誕生するのだそう!

こちらは、来館者のみ利用できるカフェ。

美術館内にふさわしい洗練されたインテリア。

落ち着いた雰囲気の中、水と緑の景色を一望。

 

福田美術館2

 

桂川

 

「パンとエスプレッソと嵐山庭園」

http://www.bread-espresso.jp/shop/arashiyama-cafe.html

「パンとエスプレッソと福田美術館」

https://fukuda-art-museum.jp/facility

どちらも、グッドロケーション!

選べないから、ハシゴしたいぐらいですね。

オミセツクルみなさんなら、ぜひ要チェック。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ
 1 2 3 4 5 ...