大阪市北区西天満は、市役所や日本銀行なども然ることながら、高等裁判所や地方裁判所など司法関係の建物が並ぶ、法律事務所の多いエリアです。そんな場所に、大学時代から切磋琢磨したお二人が共同経営という形で、事務所を開設されました。

 

面積が約100㎡と広い事務所の為、レイアウトには余裕を持って設計する事ができました。エントランスカウンターの後ろには、イメージカラーであるブルーのクロスにステンレスの切文字看板を合わせる事でシャープさを演出しました。

 

ゆとりのあるレイアウトの為、人と人との距離は慎重に進めました。弁護士であるお二人の距離は共同経営に適した距離感をもつように、弁護士のお二人と事務員の方とは、仕事に集中できるように、少し距離をもって仕事をして頂けるように、距離にこだわった執務スペースとなっています。

 

また、ミーティングルームも広めに設計しています。奥の部屋には大きな窓があり、一日中光が差し込む気持ちのいいスペースになりしたが、手前の部屋には窓がない為暗いイメージになる恐れがありました。そこで廊下側にチェッカーガラスを入れる事で、心地よい明るさを感じて頂けるように配慮しました。

 

内容:店舗デザイン設計施工

業種:法律事務所

広さ:約110㎡(約33坪)