下京区飲食店厨房設備仕込が完了。-京都で店舗設計施工の仕事をしている人から見たヒビノコト-


 

下京区の飲食店の工事現場もなんとか設備の仕込も完了し

いよいよ土間打ちがスタートします。

 

まずブロックを立ち上げ、それから防水下地を塗り

乾くのを待って、防水を塗り、またまた乾くのを待って

保護用にモルタルを塗ってと・・・

 

飲食店が他の業態に比べて時間がかかるのは

本当にこの防水工事のおかげだなって、改めて実感します。

そして、その後にはすぐさまグリーストラップを置き

一気に厨房レイアウトにあわせて配管や配線を仕込みます。

 

それらが終っての土間打ちなんで

なるほど、いよいよって感じですよね。

 

 

こんな感じです。土間にモルタルを流して

配管がずれたら駄目なので、しっかり固定します。

ここに一気にモルタルを流すんですから

左官屋さんも気持ちいいだろうな、なんて思います。

 

いよいよ、この工程が完了すれば

大工さん登場です。

今回は大工工事もかなり見所満載になっているので

今から工事が楽しみです。

 

コトスタイル株式会社では、設計施工のみのご相談も受け付けております。

もちろんご相談や御見積は無料です。お気軽にこちらのお問合せフォームよりお送りください。

 

お問合せフォーム

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です