居抜き物件の考え方


新たに工事が着工している居抜きの

物件ですが、厨房の作業寸法を確保

するために解体して再度カウンターを

作っていきます。

この場合、居抜き物件でも解体を

する必要があるので従来よりも

費用がどうしてもかかってきます。

物件を探している方の中には

初期費用を抑えるために居抜き物件

オンリーで探している方も多いかと

思いますが元々の配置や動線を

利用する場合は有効ですが、今回の

ようなケースでは有効とは言えない

ため、居抜き物件に限らずスケルトン

物件も含めて探してみてはいかが

でしょうか。


カテゴリー: スタッフダイアリー   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です