最近のハマリゴト。-京都の店舗専門・テナント仲介・店舗デザイン設計施工-


 

お世話になっております。池田です。

 

最近日本の建築家が海外で活躍している

ニュースを見かけることが多くなったように

思います。

 

イギリスのサーペンタイン・ギャラリー隣接の

草地に夏季限定で仮設のカフェ兼休憩所

「サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン」が

開催されています。

 

 

雲のようなオブジェのような、どこがイスでどこが

テーブルなのかと言いたくなるのでないでしょうか。

 

 

このような建築なのか家具なのかわからない曖昧で

プリミティブな空間は過ごす人にとっては、とても楽しい

ことだと思います。

 

そんな建築を施したのは藤本壮介さんという日本の

建築家です。

 

学生のときから本を読んだり、講演に足を運んでは

一言一句聞き逃すことなく、メモを取って友人たちと

ああでもないこうでもないと談義に花を咲かせていた

くらい大好きな建築家です。

 

建築に対する考え方やアプローチの手法がとても

日本人の感覚に訴えているのではないかと思います。

 

5冊ほど本を出版しているので、興味を持たれた方は

是非読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

——————————————————————–

コトスタイル主催のセミナーをはじめます。 

 

7月セミナーのご案内 ←ご案内資料はコチラから印刷できます。

こちらのセミナー申込みフォームからもお申込み頂けます。

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です