飲食店 わんこDeli&Cafe Rui


 

コトスタイルで施工なさったお客さまに、

お話を伺ってきました

 

阪急、嵐電の2つの駅があり、

学生さん、若い人たちで賑わう西院から東へ、

四条通り御前の交差点にほど近い縦の通りを

少し北へ、向かうとわんこDeli&cafe Ruiはありました。

 

 

オーナー・宮本さんのご友人がつくられた

可愛いロゴのわんこイラストを中心に、

妹さんがひとつひとつ手書きで描かれたという

ブラックボードを覗き込もうとした瞬

 

気配を察した、お店の看板わんこの

風太くん(5歳・スムースコートチワワ)から

熱烈なお迎えが!

 

足にすりすり、服のニオイをクンクン…

そしてごろりと寝転んだかと思うと…

アンっ!!!

 

この可愛い鳴き声で完全にノックアウトされてしまいます。

わんこDeli&cafe Ruiは、そんな「わんちゃん連れ」のお客様だけでなく、

「ワンコが好きだけど、自宅では飼えない」

そして「風太くんに会ってお茶が飲みたい、ランチがしたい」

そんな方の、憩いの場となっています。

 

ウッディで、くつろげるインテリア、そこここに配置された、

印象的なグッズ、そして…なにより、

お店に入って一番に目に飛び込んでくるのが

 

店の奥、一面、床から天井までという大きなサイズの、

黒板ならぬ「赤板」です。

 

その「レッド(赤)ボード」には、一面にご友人が

つくられたワンこのイラストや「飼い主&ワンコ」が、

お揃いで食べられる、日替わりのランチなど、

妹さんが書かれた、楽しいメニューがたくさん!

 

「このボードには…こだわったんです。お店の中を

すこしでも明るい雰囲気でまとめたかったから…

黒板の色や、濃い緑色では、暗くなるかと思って。

ちょうど、冷凍のショーケースも、業者さんのご好意で

同じ色に揃えて頂けてので、ほんとうに大満足!」(オーナー・宮本さん)

 


 

確かに…この赤の色合いが、オーナーの宮本さんの明るく、

優しげな雰囲気とぴったり!

 

わんちゃんのデリカを入れている

冷凍のショーケースの色と揃っているので、

すごく統一感もあって、素敵ですよね!

 

「はい、最初は…なかなかお店のイメージができなくて。

コトスタイルさんと、話をすすめるうちに、

少しづつお店の様子が具体的に浮かぶようになっていきました。

 

テーブル、キッチン、カウンターなど、

インテリアの要になるものが出来上がって、

配置されていくにつれ、ほんとうにウキウキしましたよ。」


 

 

そう、にこやかにお話される宮本さん、

施工中にお困りのことなどは…なかったですか?

 

「いえいえ…困るどころか、逆にコトスタイルさんには、

いっぱいムリ言っちゃったし。一番【困らせちゃった】のは、

工事の最初のあたり、厨房の下水の配管が終わった直後に、

洗い場と、キッチンの作業台下の冷蔵庫の位置を

交換して、ってお願いしたことかなあ」

 

「そんなムリを、コトスタイルさんは、聞き入れてくださいました。

冷蔵庫と洗い場の位置関係って、

作業効率というか、動線に大きく関係するから。

 

ほんとうにあのとき、決意して、コトスタイルさんが、

聞き入れて、入れ替えてくださって、よかったです。

おかげで、抜群に使いやすいキッチンになりました」

 

 

その他に、お店でこだわったところはありますか?

 

「ええっと…こだわり、というわけじゃないけど、

わたしが【コレ、使いたい】っていう、

細々したリクエストを、全部聞いてくださったんですよ。

 

例えば…この玄関のドアの「引き手」、

コレは私がネットで見つけて、

ぜひ、使いたいなあって思って。

池田さん(コトスタイル・担当者)に

お願いしたら『いけますよ』って。

 

他にもいろいろ【コレ、ここに使いたい】ってお願いを、

ほぼ、聞いて取り入れてくださったんです。

 

施工の納期的にぎりぎりで申し訳ないって、

思いつつ、いいものを見つけたら、

メールで写真を添付して送っては…

『池田さん、お願いっ』って」(笑)

 

そう、笑顔で話すオーナー・宮本さんのそばで、

膝にのったり、テーブルのお客さまにご挨拶したり、

お愛想を振りまいたりと大忙しの風太くんの姿が…

 

飼い始めた当初は、しょっちゅうオナカを壊したり

「あんまり丈夫じゃなかったの」という風太くんは、

ペット食育協会で「犬と食、人との関わり」を勉強なさった

宮本さんのおかげで、いまでは弱々しかった

子犬の頃が想像できないほどの、

元気をお店中に振りまいてくれます。

 

 

「人も、わんこも、食に対する考え方は同じです。

わんこだって、食べたい日、食べたくない日があって当然。

アレルギーがあったり、好き嫌いがあったとしても、

少しでも「身体に優しいフード」を選んで、

食べていただけるように、これからも工夫を重ねていきたいですね」

 

宮本さんの長年の夢だった「わんこと、人が仲良く

一緒にくつろげ、一緒にランチ、デザートが楽しめる」お店、

わんこDeli&cafe Ruiは、犬好きにはたまらない、

そして、わんこの身体とココロにも、限りなく優しい空間なのでした。

 

わんこDeli&cafe Rui様の事例紹介ページはこちらから。

 


カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です