お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.19


 

お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.19

-お店の内装について考えてみよう2-

 

前回は、内装デザインの重要性と

それにかける事ができる時間が

限られているという事について書きました。

 

だからこそ、やっておくと良い事だったり

やっておかないといけない事があるんです。

 

まずは、イメージを沸かせておくという事です。

現場が決まらないとイメージは湧かないなんて言いますが

現場が決まってもイメージって湧かないものです。

 

それよりも、イメージはあくまでもイメージですから

自由に考えてもらえればいいと思うんです。

例えば、スターバックスみたいな・・・感じって、感覚です。

 

できれば、インテリアの雑誌とかが参考になるかもしれませんし

それを手掛かりにして、実際にお店に行ってみるというのもひとつですね。

自分がやりたい店ってどんなのだろう、どんな店だったらやりたい事が実現できるだろう。

そんな事を考えながら、どんどん写真を切り抜いて集めて頂きたいんです。

 

事業計画の中でもターゲットやサービスについて考えますよね

では、そのターゲットはどんなお店だったら来てくれそうか、

サービスはどんなお店だったら実現できそうか、より伝える事ができるか

そんな事を考えながら、これだったらできる、できないという感じで

ピックアップしてもらえると、作業もしやすくなると思うんです。

 

なんだ、そんな事かって思われるかもしれませんが

これをやっているのといないのとでは、大きく進め方が変わってくるんです。

 

それってデザイナーさんの仕事じゃないの?

そうですね、確かにそれはデザイナーさんの仕事です。

だけど、デザイナーさんがお店をやるわけではないですよね。

 

実は、こうやって集めた写真をもとにデザインを考える人に

イメージだけでなく、想いだったり、目指しているものを伝える事が重要なんです。

 

時間が十分あれば、いくつもいくつも修正すればよいかもしれません。

しかし、限られた時間の中で、いかに理想の店舗に近づけなければいけないかを

考えれば、ジェスチャーで伝えるよりは、何か目に見えるものがあった方がいいですよね。

 

それは、やりたいイメージだけじゃなくて、駄目な例でもいいと思うんです。

そうやって伝えた情報をもとに、そこからデザイナーさんの力を発揮してもらった方が

何も伝えずに考えてもらうよりも、きっと理想に近かったり、それ以上のものが

出来上がってくると思いませんか。

 

そんな事がやりたいんでしたら、こんな感じもどうですか、

とか、話もきっと、どんどん膨らんで行くと思うんです。

だから、そんな話をするための材料として、切り抜きの写真を集めて頂くと

きっとスムーズに理想のデザインが出来上がってくると思うんです。

 

そして、もう一つやってほしい事があります。

それは、わがままを言ってほしいという事です。

 

これは、オシャレにして~とか、かっこよくして~という意味ではありません。

 

例えば、美容室だったらすっごく狭い物件なのに

個室みたいなスタイリングスペースで4席はほしい!とか具体的なわがままです。

 

個室にするのは実現できないけど、個室みたいな感覚にはできないだろうか

視線があわないレイアウトにしてみればどうだろうか・・・といった感じで

そんな具体的なわがままってデザインのきっかけになったりするんです。

 

やりたいを形にするデザインって感じでしょうか。

 

そうやって作ったお店って、オリジナルな感じがでて

お客さんの想いとデザイナーさんのセンスが交わって

とってもいい感じのお店になるんです。

 

厨房からお客様全員の顔が見たいんですよとか、

お客さん同志が仲良くなってくれる店にしたいんですよとか、

そんなアイデアが形になるってワクワクしませんか。

 

でも、実はデザイナーさんも、そんなわがままを待っていたりするんです。

何件もお店を作ってると、ちょっとマンネリ化するっていうか

ちょっと難しい問題を解きたくなるっていうか、

ただかっこいいとかオシャレといった事だけではないく

もうひとつお客様のやりたいを実現できるとなると、やりがいありますよね。

 

だから、できないだろうなって、遠慮していたら絶対ダメなんです。

 

もちろん、このわがままも時間がないなかで考えて

形にして行くことになりますから、先に考えておかなければなりません。

工事の途中になってしまえば、工事的にもできなくなる可能性もありますので

いかに早く伝える事ができるかも勝負なんです。

 

物件が決まれば、オープンまでカウントダウンがはじまります。

人それぞれに、その時間は違ってくると思いますが、

物件が決まってから、だらだら一年もほったらかしている人なんて

あまり、聞いた事ないですよね。

 

早ければ、1ヶ月後にはオープンしている場合もありますし

2ヶ月とか、長くても3ヶ月ではないでしょうか。

工事期間も考えると、実際に工事前にかけられる時間って

実際は、1月あるかないかという程度になってきます。

だからこそ、はじめの現場での打ち合わせって大切なんです。

 

時間がない中での勝負ですから、

あなたのやりたいって気持ちをしっかり伝える準備

それだけなら、今すぐでも始められますよね。

 

それが、内装デザインについて

抑えておきたい大切なコトだって思ってます。

 

<<< お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.18

お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.20 >>>

 

<< <<< vol.1から読んでみたいという方はこちらをクリック。

 

 

——————————————————————–

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に
下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方へ→  無料相談のお問合せ

・ こちらのHPに掲載されている中から物件を探したいという方へ→  物件を探す

・ このページに掲載されていない物件も含めて紹介してほしい方へ→  お問合せフォーム

・ デザイン・工事の会社を選定中。事例を見てみたいという方へ→  事例紹介ページ

・ 物件は見つかったので、工事の御見積をお願いしたいという方へ→  お問合せフォーム

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です