お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.14


 

お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.14

-初期費用の計算方法-

 

家賃は10万円で、保証金は50万円で・・・

賃貸借契約に必要な資金っていくらくらい必要なんでしょうか。

これは抑えておきたいたいせつなコトですよね。

 

まず必要なものは礼金、敷金、保証金、権利金といったものです。

礼金と敷金、保証金と権利金といったペアが一般的です。

 

礼金と権利金は場所を借りる上でお支払する費用。

これは、言葉の通り、場所を使用するお礼の為や

場所を使用する権利として対価を支払うものとして定義されています。

 

また、敷金と保証金は借りる中で預けておく費用なんです。

場所を借りる上で支払わないといけない家賃であったり

その他にも考えられる債務について保証するといったものなんです。

 

このように預けるお金とお渡しするお金があります。

大きいものはこれくらいでしょうか。

 

その他には、基本的には前家賃が必要になります。

契約月の月末分も含めると最大で2ヶ月分になる事もあります。

 

その次にかかってくるのが仲介手数料です。

テナントに関しては家賃の1ヶ月分です。

 

その他に、物件によっても変わってきますが

最近では家賃保証会社との契約を必要とする場合があります。

保証会社によってばらばらですが、初期費用としては

家賃の50%~100%といった感じでしょうか。

 

さらに、鍵交換費だったり、借家人賠償責任保険(火災保険)や

契約書を作成する事務手数料というものもあります。

 

どちらも物件によって変わってきますので

都度都度案内時に不動産屋さんへ確認が必要です。

 

まとめると、礼金(権利金)、敷金(保証金)、前家賃、仲介手数料

家賃保証会社との契約金、鍵交換費、借家人賠償責任保険、事務手数料

といた感じでしょうか。

 

こう考えると、結構積もり積もって大きな金額になります。

思っていたよりもかかったという印象をお持ちになられる事がおおい気もしますので

是非、しっかりと確認をするようにしておきましょう。

 

<<< お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.13

お店を出すために抑えておきたい大切なコト。vol.15 >>>

 

<< <<< vol.1から読んでみたいという方はこちらをクリック。

 

 

——————————————————————–

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に
下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方へ→  無料相談のお問合せ

・ こちらのHPに掲載されている中から物件を探したいという方へ→  物件を探す

・ このページに掲載されていない物件も含めて紹介してほしい方へ→  お問合せフォーム

・ デザイン・工事の会社を選定中。事例を見てみたいという方へ→  事例紹介ページ

・ 物件は見つかったので、工事の御見積をお願いしたいという方へ→  お問合せフォーム

 

弊社又は弊社HPへの感想やリクエストなど、頂けると幸いです。

下記コメント覧に、お気軽にご記入下さい。

 


カテゴリー: 賃貸借契約   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です