飲食店 Beer &Pastaスケルツォ様①


2008年、烏丸今出川から1本西へ入った住宅街にオープンした「スケルツォ」が、

この度今出川通りに面した場所へ移転リニューアルオープン!

 

_GE_3831

 

新しい店舗のオープン日は、コロナ禍の最中にあった202051日でした。

移転した理由とは? そして、このタイミングでのリニューアルオープンした結果は、どうだったのか?

さらにアフターコロナに向け、飲食店が今できることなど、これからの戦略について、オーナーの土谷さんにお話を伺いました。

 

前編・後編の2回に分けてご紹介します。

——————

2号店を検討していたはずが、店舗の移転に。

このタイミングでの移転は、正直不安でした。

 

——20083月のオープンから約2年半。今回、移転を決めたきっかけは何だったのでしょうか?

土谷さん:

おかげさまで以前のお店には、大学生や地域の方が大勢来てくださるようになり、だんだんと手狭になってきたんです。

それで、前のお店からそう遠くはない今出川周辺で2号店をオープンするつもりで物件を探していました。

この物件を見に来たときもその予定だったのですが、気が付けば移転することになっていました(笑)

 

DSC_0006

 

——そうなんですね(笑)なぜ2号店を出すことをやめ、移転することになったのでしょう?

 

土谷さん:

以前のお店をオープンしたときは、お客様に満足して楽しんでいただけることはもちろん、私自身も楽しみたいという思いがありました。

ですが、徐々に私がやりたいことも変わってきて、自分が楽しみたいというより、ビジネスとしてもっと成長させたいという思いが芽生えてきたんです。

それならば2店舗目を作るより、また新たな気持ちでお店を始めたいと考え、移転リニューアルにしようと思いました。

物件は昨年の秋頃からずっと探していて、たまたまこのタイミングで見つかったので移転することにしました。

 

最初に物件を見に来たのが2月下旬、いろいろ検討を重ねて移転を決断し契約したのが3月上旬、工事は3月下旬からスタートしましたが、直後の4月上旬に緊急事態宣言が出たことは、やはり不安でした。

タイミングが悪かったなという後悔もありましたね。

 

とはいえ、リニューアルオープンして2か月たった今となっては、思いきってこの時期にできてよかったなと思っているんです。

というのも、以前のお店には窓がなく、客席数も11席と狭い空間だったため、いわゆる三密を回避して営業するためにはかなりの困難があったと想像します。

もしあのままお店にとどまっていたら、逆に自然衰退してダメになっていたかもしれません。

 

_GE_3753

 

——なるほど。ですが、リニューアル工事をされたのはまさにコロナ禍のとき。

オープンまでは、どんな気持ちで過ごされたのでしょうか。

 

そうですね、やるべきことを粛々とやるだけでしたよ(笑)

以前のお店は4月末まで営業をしていて、51日からこちらがオープンだったので準備が結構大変でした。

今回、コトスタイルさんにお願いしたのはとにかく無駄を省いて、経済的に安くお願いしますということ(笑)

 

厨房機器は新しく購入したものありますが、直前まで使っていたものをこちらに運んできたり、家具などは自分で発注して運び入れたり。

ほかには、見積りを見て削れる部分は思い切って削ってもらったりしてできるだけコストを抑えるようにしました。

見積りは変更するたびに、まめに新しいものを印刷して渡してくれてましたね。

 

わざわざ紙で渡してくれるのはありがたかったんですが、工事中はバタバタするので、見積書をどこに置いたか忘れたり、最新のものがどれなのか分からなくなったりすることも。

今後はもうデータでもらえるといいのかなと思ったりしました(笑)

とはいえ、物件を見に来たときにスタッフの方にも同行してもらったことで、トイレが厨房の中にあったので、移設できるかどうか?

席数はどのくらい確保できるのか?その場で相談することができたので物件を決めるときも、とてもスムーズでした。

 

——物件を検討するときに、現場でアドバイスをもらえると検討もしやすいですね。

 

土谷さん:

そうですね。

トイレは新しく購入しなくても、今あるものを移設すればいいということも分かり、

予算もだいたいどのくらいになるのか図面を引いてもらって検討できたのがありがたかったです。

前のお店よりも工事費を押さえることができ満足です!

 

——やはり2度目となると、要領も分かってくるのでしょうか。

 

_GE_3794

 

土谷さん:

そうですね。私も今回で2度目のお店作りとなったので、自分で出来るところは自分でやって、お願いしたいところは任せるなど、前回よりきちんと希望を伝えられるようになっていたのかもしれません。

 

また、今回担当してくれた方は前回の方とは違っていたのですが、とにかくこちらの意図をよく理解してくれて、先回りして提案してもらえたことも助かりました。

物件がほぼ新築の状態だったので、ほとんど手を入れることなくオープンできたのもよかったですね。

 

トイレを移設したほか床はそのままを使用していますし、照明のスポットライトを追加してもらい、カウンター席がなかったので、3席分だけ新たに作ってもらいました。

今回移転リニューアルするにあたり、増席したいという思いがあったので、テーブルの幅やレイアウトを考えて、11席から23席にまで増やすことができました。

 

これは、最後までコトスタイルにも相談に乗ってもらいながら考えました。

 

——なるほど。そうだったんですね。

後編では、ウィズコロナでの飲食店の在り方について伺います!

 

>>>インタビュー②後編

_GE_3840


カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です