河原町二条の交差点から北西に少し入った閑静な住宅街の一画に、美容室”comeLe”様がオープンされました。

 

お客様と鏡越しに目を合わせるだけでなく、実際に向き合って目を合わせてお話ができるようなカタチにしていきたい、ということでカットスペースと作業スペースの間に対面のカウンターを造作しました。

 

さらに、ミラーは合計で4枚ありますがそのうち3枚が引き戸のようになっており、スライドして動かすことが可能なためミラーをよけてカウンター内の美容師さんとお客様がおしゃべりできるようになっています。

 

外壁とカウンターの立上りには古材の板を貼っており、単調にならないようナナメのデザイン貼りにしています。

 

カットチェア背面には、棚を多めに取り付けました。棚板はオーナーさんのご支給で、古材を選んでいただいています。幅と奥行のサイズもピッタリだったため、かつて階段に使われていた板を使用しています。

 

看板には、木板にビスを何本も打ち込んで店名のロゴを表現したオリジナルのサインを造作させていただきました。

 

お客様との対話を大事にしているオーナーさんの、こだわりのつまったお店となっています。

 

内容:テナント仲介、店舗設計施工

業種:美容室

広さ:48.98㎡(14.84坪)

住所:京都市中京区新椹木町二条上ル角倉町222