Whisky Bar モルトストック様②


2019 年10月18日にオープンした、多彩なウィスキーが飲めるバー「Whisky Bar モルトストック」と、ウィスキーのセレクトショップ「Whisky House テラマチショウテン」。前回は、オーナーの石榑さんにバーのリフォームについて伺いました。今回は、店舗側のリフォームについて伺っていきます。

 

在庫を置きすぎないよう計算された棚

ボトルがびっしりと並ぶ、魅力的な空間に

 

AGE_3781

 

——店舗には天井までボトルがびっしりと並んでいますね。

 

石榑さん:

ええ。店舗には、天井まである大きなガラス戸付きの棚を入れてもらったほか、既製の棚を壁際に設置してもらいました。取り扱っているウィスキーの1/3が終売品といって、すでに生産中止になっていたり、もう市場に出回っていないなど、高価な商品もあるので、そうした商品はガラスの扉に鍵がついた棚に置いています。実はこの棚がすごく高いのですが、当初コトスタイルさんがこの高価な棚を2つ並べようとするので慌てて止めて(笑)、鍵付きの棚は1つにしてもらって、あとはオープンの棚を設置してもらいました。

 

DSC_0005

 

——この棚はけっこう高価なんですね。やはり予算との兼ね合いもありますよね(笑)

 

石榑さん:

そうなんです(笑)

棚に関しては、ひとつこだわりがあり、奥行きが浅いものを選んでいます。あまり多くの在庫をかかえても大変なので、1種につき1本。置きすぎることのないよう奥行きは浅めで、その商品がなくなったらまた新しい商品を取り寄せて置くようにしています。

 

——お客様にとっても、お店に来るたびに新しい商品と出会えたら、楽しいですよね。今、お酒はどのくらいの種類を扱っているのでしょう?

 

石榑さん:

そうですね、棚の幅から計算して、だいたい550種類くらいでしょうか。普通の酒屋では、うちみたいな変な仕入れはしないのかもしれません(笑)街の酒屋にはあまり置いていないような珍しいものも仕入れているので、ウィスキーマニアの方が来られることもあるんですよ。

 

——そういえば先日、あるウィスキーが人気で品薄のため、近々販売中止になるというニュースを見ました。

 

石榑さん:

私もチェックしていまして、やはりそのあとすぐに取り置いてほしいという電話がありましたね(笑)

 

DSC_0006

 

——本当に人気なんですね。ところで、店内にはけっこうたくさん防犯カメラが設置してありますね。

 

石榑さん:

はい。うちで置いているボトルの中で一番高価なものは、100万円を超えています。高価なお酒を置いていることもあり、防犯の意味で店内にはカメラを8台設置しています。最初は自分で設置しようかとも思っていたのですが、これも結局コトスタイルさんにお願いしてやってもらいました。それでリフォーム代が1000万円こえたんですかね(笑)

 

——いや、いろいろな理由があるかと思いますが(笑)さきほどからお話を伺っていると、コトスタイルのスタッフとはわりと軽口をきける関係で、気さくな感じで楽しくリフォームが進んだのかなという印象を受けます。

 

それにしても100万円を越えるお酒!それは確かに高級品ですね。鍵付きの棚が設置してある理由も理解できました。

 

石榑さん:

はい。今は冬なので扉は閉じていますが、春になったら、バーの入り口を開け放して、ウッドデッキでもお客さまにゆっくり過ごしてもらえるよう、手を加えたいなと考えています。それもまたコトスタイルさんに相談です。今ウッドデッキは煙草を吸う方が利用されるくらいなので、もう少しこの場所を活用できればと思っているんです。

 

——ウッドデッキは今回の工事で新たに作られたのですか?

 

AGE_3750

 

石榑さん:

元々あったのですが、かなり古くなっていたので今回のリフォームできれいにしてもらいました。ウッドデッキにテーブルをもう1つ置けるようになると、利用してもらえるお客様も増えますし、そのためにもウッドデッキ部分をもう少し拡大してもらおうと思っています。

 

——たしかに春になると、このウッドデッキで過ごすのはとっても気持ちがよさそうです! バーは昼の15時にオープン、コーヒーも注文できるそうなので、お酒を飲まない方もぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。石榑さん、貴重なお話をありがとうございました!

 


カテゴリー: 店舗開業されたお客様の声   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です