祇園の北側エリア、花見小路から少し入った立地がまさに隠れ家のような趣のぎおん楽宴小路の一画に、”炭火やきとり隠れ家 呑んべゑ”様がオープンされています。

 

まず入り口を入って右側がカウンター席と厨房、左側の細い廊下をすすんでいくと個室という面白い形の物件です。カウンターと厨房のあるエリアは、設備配管をほとんど新しく行い、土間を打ち直したり壁を造り直したりと、わりと大規模な改修を行っています。

 

全体的に和の雰囲気でありながらスタイリッシュな印象にもなっており、壁は左官でじゅらく仕上げをしていますが一面だけは下塗りのカーボンプラスターを塗った状態で仕上げとしています。面積の狭い店舗のため、1面だけ表情を変えることでアクセントとなっています。

 

タモ材の天板のカウンターに座ると、炭焼台でやきとりを焼いている手元が見える距離で、一人でふらっと寄るにもピッタリだと思います。大人数の場合は個室があり、いろいろなシーンで使いたいお店です。

 

祇園というエリアにありながらおどろくほどリーズナブルなところもとても魅力的で、ぜひ足を運んでいただきたいお店となっています。

 

内容:店舗デザイン設計施工、ストアツール

業種:焼き鳥

広さ:22.48㎡(6.81坪)

住所:京都府京都市東山区四条通大和大路東入北側347番地118