町家の外観をいかして祇園にオープン! ハードロックカフェ京都


 

この夏、話題のオミセのNEW OPEN情報が続々と!

京都府指定有形文化財を改装した「パンとエスプレッソと嵐山庭園」

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31089

明治後期から地域に根ざしてきた自転車屋さんの一画に登場

「ブルーボトルコーヒー」

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/31122

オミセツクルコラム過去記事で

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

そして、今回訪れたのは

7月12日にオープンした「ハードロックカフェ京都」。

なんといっても驚きのロケーション。

祇園白川、巽橋のすぐそばです。

 

石畳

 

風情ある石畳の

伝統的建造物群保存地区にハードロック!

 

外観

 

とはいえ、外観にはハードロックテイストなし!です。

祇園の町並みに、完全になじんでいます。

エントランスにちいさなお庭も。

 

ちいさな庭

 

1階にショップ、2階がカフェ。

まずはカフェから案内していただきました。

階段の先には、ロックなギターが。

 

ギター

 

でも、振り返ると舞妓さんのうちわ。

 

うちわ

 

これが、ハードロックカフェ京都の醍醐味。

 

店内1

 

大勢のお客さんで賑わう店内。

外国人観光客の方も、かなり多くいらっしゃるようでした。

 

店内2

 

古さと新しさ、和と洋がミックスされてなじみあう空間は

興味深くて、あちこちキョロキョロ。

もちろん、BGMはロックです。

 

カウンター

 

すだれ

 

案内していただいたのは、白川側のカウンター。

すだれの向こうに、浴衣姿の人々が行き交う気配。

趣のあるいい席でした。

 

ハンバーガー

 

オーダーしたのは、チーズバーガー。

味付けがシンプルで、意外とあっさり!

 

おいしいハンバーガーをいただいた後は

1階のオリジナルグッズショップへ。

「京都祇園×ハードロック」の世界観が

ユニークに表現されたグッズの数々。

中でも、そのチャーミングなアイデアとデザインに

ココロひかれたのは

「永楽屋細辻伊兵衛商店」さんの手ぬぐいと

「株式会社井助商店」さんの漆まめさら。

 

手ぬぐい

 

まめさら

 

写真では分かりづらいので、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

ハードロックカフェ公式ホームページでも紹介されています。

これらのグッズを見ても、

「京都祇園×ハードロック」は、意外性がありながらも

実は相性よし!なのかも。

音楽の町、ミュージシャンの町でもある京都で

長く愛されるカルチャースポットとなるといいですね。

 

ハードロックカフェ京都

http://hardrockjapan.com/event/8128/

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です