「働き方」「フードロス」を考えるいま。 話題の「佰食屋」さんへ行ってきました。


 

京都の「佰食屋」さん

注目されている方も多いのではないでしょうか。

「国産牛ステーキ丼専門店 佰食屋」

「佰食屋 肉寿司専科」

「佰食屋 すき焼き専科」

いずれも100食限定。

100食しか販売しない、という潔いシステムが

「フードロス削減」「働き方改革」などに直結し、

さまざまなメディアでとりあげられていますね。

 

わたしも、とっても気になっていたので

いまさらながら行ってみました。

今回は、阪急河原町駅からすぐ、アクセスばつぐんの

「佰食屋 すき焼き専科」へ。

https://www.sukiyakisenka.com/

 

外観

 

伺ったのは、平日の1時半ごろ。

朝から整理券を配られているほどの人気店なので

半ばあきらめモードだったのですが、超ラッキー!

まったく並ばず、待たず、席に案内していただけました。

 

エントランス

 

エントランスは、旅館のような和の風情。

外国人旅行客にも、よろこばれそう。

 

店内 (1)

 

カウンター (1)

 

店内はカジュアル。

カウンター席へ。

 

メニュー

 

メニューもシンプル、定食は3種類。

外国語表記は、メニュー以外にも

店内のいたるところの案内に。

たしかに、外国人観光客の方が多いと実感。

 

すきやき

 

あっという間に、注文した国産牛すき焼き定食が

運ばれてきました。

ひとり鍋スタイルです。

お肉をはじめ、お米など、

安全にこだわって厳選された食材。

お店のホームページによると

佰食屋さんには、冷凍庫が存在しないそうです。

100食分仕入れて、その日のうちに100食分完売する。

だから、翌日に持ち越すことなく、

いつも新鮮な食材を提供できるとのこと。

また、こちらもホームページで知ったのですが、

「佰食屋」さんの「佰」の文字には

ひとを大切に思う気持ちが込められているのだそうです。

お客さまはもちろんのこと、従業員を大切に。

100食売り切れた時点でお店を閉めるから、ランチ営業のみ。

従業員は、残業がなく、家族そろって食卓を囲める。

そんな新しいスタイルの働き方を教えてくれるお店です。

 

さらに、今月誕生したばかりの「佰食屋1/2」は

なんと50食限定!

オミセツクルみなさんなら、きっと興味津々。

ぜひチェックしてみてくださいね。

阪急大宮駅から徒歩7分。

「佰食屋1/2」は、整理券システムなし、来店順に案内です。

https://hyakushokuya.com/

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です