平成スイーツを食べながら、令和カウントダウンはいかが?


 

 新元号が発表された直後、

いそいそと「令和」にちなんだ商品を記事にしました(笑)

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/30623

が、実際に「平成」が残り数日となると

やっぱり名残惜しいもので…。

このタイミングに自分の人生を振り返っちゃうなあ…という方も

多いのではないでしょうか。

山あり、谷あり、それぞれの「平成」の日々。

 

そんなセンチメンタルな気分で

大丸デパ地下をうろうろしていたら、

「京都北山マールブランシュ」さん店頭にこんなチラシを発見。

 

平成スイーツちらし

 

「平成アイドルスイーツ3人組」。

平成2年に流行したティラミス。

平成6年のパンナコッタ。

平成14年のマンゴープリン。

 

ティラミスやパンナコッタの流行をオンタイムで体験している

昭和生まれとしては、見逃せません。

購入して、ひとりしみじみ食べました。

同世代の友人と思い出話に花を咲かせながらのお茶タイムに

ぴったりだと思いますが(笑)

パンナコッタ

 

「平成アイドルスイーツ3人組」は、

マールブランシュの生ケーキ取扱い店舗で購入できるそうです。

大丸でわたしが購入したときはお昼前でしたが、

すでに品薄だったので、早め早めに要チェックです!

5月6日(火・祝日)まで。

 

京都北山マールブランシュ

http://www.malebranche.co.jp/news/5253/

 

平成にブームとなったスイーツは、ほかにもたくさん。

みなさん思い出せますか?

ナタデココ、タピオカ、生キャラメル、カヌレ、ラスク、

マカロン、パンケーキ…。

ここ数年は、映えることも人気要素となり、

断面萌えなフルーツサンド、まるごと系フルーツパフェ

趣向を凝らしたカキ氷など。

ヒットソングと同じように、食べものも

それをきっかけに

どんどん当時の記憶を蘇らせてくれる気がしますね。

 

改元イベントも、いろいろとあるようです。

ゴールデンウィークのお楽しみに、チェックしてみてくださいね。

 

■家族で!

ウエスティン都ホテル 祝新元号「令和」GWファミリーバイキング

https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/eve/westin_miyako_kaigen_viking2019/index.html

 

■懐かしソングで!

マハラジャ 祝新元号カウントダウンディスコパーティー

https://ja-jp.facebook.com/MAHARAJAGION/

 

■着物で!

祝改元 京都鴨川堤灯行列

https://machiaruki.kyoto/event/#kaigen

定員に達していますが、参加可能のようです↑

 

ありがとう平成。令和もよろしくお願いします。

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です