新元号「令和」にちなんで。


 

 

漢字ミュージアム

 

新元号の発表、みなさんはどのように受けとめられたでしょうか。

身近なひとの反応やテレビ・SNSの情報では、

概ね「『和』は想定内。『令』は思ってもみなかった!」というような声が

多かったような。

私個人としては「れいわ」の響きは、新しく、かわいく、かっこいい。

でも「令」という漢字を見ると

「号令」「命令」といった熟語の印象が強く…。

辞書を引いて初めて、いい意味もあることを知りました。

 

辞書

 

たとえば「令月」は、よい月。

「令姿」は、美しいすがた。

「令日」は、めでたい日、吉日。

ただただ「令和」が、平和で明るい時代になることを願うばかりです。

 

さて、新元号発表を受けて

さっそくシゴトが早いひとたち!

 

キャンディーショータイム看板

 

祇園の四条通にある「CANDY SHOW TIME」さん。

キャンディーづくりの様子を

ショーを見るように楽しみながら、

ポップなキャラクターや京都らしい絵柄のキャンディーなどを

購入できるショップです。

 

キャンディーショータイム店内

 

こちらで見つけた「令和」。

 

令和キャンディー店頭

 

キャンディー自体かなり小粒なのですが、

その中にさらに細かく入れられた文字!

 

キャンディー袋

 

令和キャンディー

 

かわいらしい&おめでたい気分になりますね。

http://candy-showtime.com/

 

和洋菓子などのパッケージにも「令和」バージョンがちらほら。

 

ようかん

 

「笹屋伊織」さんの本練羊羹。

https://www.sasayaiori.com/shop/products/p-3598/

和菓子は、これからパッケージだけではなく

令和の焼印入りなど、さまざまな新製品が開発されそうな予感!

 

バウムクーヘン店頭

 

バウムクーヘン

 

「ユーハイム」さんのバウムクーヘントゥルム。

「先を見通せる」バウムクーヘンで、新しい時代を迎えましょう。

と店頭ポスターに記されていました。

https://www.juchheim.co.jp/

 

しばらくは、日に日に、令和商品が増えていきますね。

これぞ!という新製品やアイデアメニュー、

京都でも誕生するかも。

めったにない機会。きょろきょろ探して楽しみましょう!

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です