バレンタインデー間近の企画、第2弾。 チョコレートじゃなくても、バレンタイン。


 

バレンタイン月間!ということで。

前回は、のれんがかかる

京情緒あふれる佇まいのチョコレート専門店を紹介しました。

 

今回は「チョコレートじゃない、バレンタイン」を求めて、

ぶらりと寺町通を歩いてみましたよ。

寺町

 

まずは、寺町二条。

和菓子の「二條若狭屋 寺町店」さん。

 

若狭屋

 

寒風に「氷」の文字が震えて見えました。

そう。こちらの店舗では、一年中、かき氷を提供されています。

季節ごとに、バラエティーも豊か。

全国のかきごおりすと注目のオミセです。

そんな「二條若狭屋 寺町店」さんなので、

ありました!バレンタイン期間限定のかき氷。

 

カキ氷

 

寒さ関係なく人気のようで、

召し上がっているお客さんが何組も。

が、こちらの店舗でのバレンタイン、かき氷だけじゃありません。

 

恋小袖

 

やっぱり和菓子屋さん。

この時季だけの可憐な生菓子です。

ネーミングも、バレンタインにぴったり、かつ美しい「恋小袖」。

ちなみに、中は白あんです。

http://www.kyogashi.info/sub5.html

 

寺町アーケード

 

「恋小袖」の余韻にうっとり浸りながら

次は寺町通を南へ。

御池通を越え、商店街を歩きました。

 

かまぼこ屋

 

かまぼこの「茨木屋」さん。風格を感じる佇まいです。

その店前に、かんばん発見。

 

バレンタインかまぼこ

 

カラフルなバレンタインかまぼこ!

甘いのは苦手…という方には、最適ですね。

たのしいアイデア! きっと、お弁当にも大活躍。

http://www.ibarakiya.co.jp/

 

そのまま南へ少し歩くと、紅茶の「ルピシア」さん。

 

ルピシア

 

紅茶のかんばん

 

こちらにも、バレンタインなかんばんが店前に。

チョコレートとフルーツやマロンなどを組み合わせた

フレイバーの茶葉の数々。

店内撮影NGでしたが、

「チョコレートの紅茶」のコーナーがあり、

大勢のお客さんが選んでいらっしゃいました。

https://www.lupicia.com/shop/e/eT02P06A/

 

今回は、寺町通の少しの距離を歩いただけでも

いろんなタイプのバレンタインに巡り会えました。

きっと、京都のマチのあちこちで、飲食以外にも

ユニークなバレンタイン企画が、たくさんあるはず。

たとえば、タクシーだって、バレンタイン!

クローバーのマークでおなじみ「ヤサカタクシー」さんは

2月13日・14日限定で「ラブクローバー号」を運行。

かわいらしいピンクのクローバーのマーク。

1300台のうち25台とレアなので、

ぜひ遭遇してみたいものです。

https://www.yasakataxi.jp/news/news-detail.php?id=60

 

「本命チョコ」「義理チョコ」などの時代は過ぎ去って、

さまざまなカタチで参加できるようになったバレンタイン。

極寒の季節、ちいさな楽しみをいっぱい見つけましょう。

ハッピーバレンタイン!

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です