バレンタインデー間近!  「のれん」のあるチョコレート店めぐり


 

年々増えていく、京都のマチのチョコレート専門店。

ショコラトリーって呼ぶそうですね。

気になるチョコレートを求めてショコラトリーめぐりをしようと

わざわざ京都へ足を運ばれる方もいらっしゃるそうです。

 

今回は、バレンタインデー直前企画。

個性あふれるショコラトリーの中でも、

京都らしい風情の外観に着目しました。

とくに「『のれん』のかかるチョコレートやさん」

と、テーマを絞ってご紹介!

 

加加阿外観

 

まずは「加加阿365」さん。

モンブランや茶の菓でおなじみ「マールブランシュ」さんの

ショコラトリーです。

八坂神社そばのロケーションながら、閑静な通り。

その佇まいは、祇園の町並みにすっかり溶け込んで。

「いったい何のオミセ?」と思う方も多いはず。

のれんの向こうに広がる

めくるめくチョコの世界、ぜひ覗いてみてください。

 

格子

 

かけじく

 

店内も、和の情緒たっぷりですが、

目を奪われる個性的なデザインが、あちらこちらに。

チョコも内装も!です。

 

チョコレート

 

きょうの宙

 

渡月橋、北野天満宮、平安神宮、下鴨神社などなど、

京都の名所にちなみ、かわいらしい紋をつけたボンボンチョコレート。

京都旅行のおみやげ話が弾みそう。

 

天井1

 

天井2

 

天井にも、紋や文字がデザイン。

落ち着いた町家ののれんをくぐると

こんなにワクワクしかけのある世界が広がっているとは。

http://www.malebranche.co.jp/chocolatory/

 

お次は、人通りが多く賑やかな三条通に面したショコラトリー。

烏丸御池駅からも近い、堺町通の東側にあります。

オシャレなえんじ色ののれん

「そういえば見たことある!」という方も多いのではないでしょうか。

 

ベルアメール外観

 

「ベル アメール 京都別邸」さん。

 

庭

 

のれんをくぐると、ちいさなお庭。

お宿のような落ち着いた雰囲気のエントランスです。

 

吹き抜け

 

店内奥にも坪庭があり、また天井がぐっと高く、明るい売り場。

 

ベルアメール店内

 

ベルアメールさんのうれしいポイントは、

2階がカフェスペースになっていること。

 

カフェスペース

 

ドリンク

 

ショッピングの休憩にも、ぴったり。

おいしい甘さが、カラダとココロに沁みます。

となりの席のお客さまたちは、

ひと口ごとに歓喜の声をあげながら

アフタヌーンティーを召し上がっていました。

http://www.belamer-kyoto.jp/index.html

 

おしゃれな空間も、チョコレートへのこだわりも間違いなし!の

「のれん×ショコラトリー」。

実は、これまでにオミセツクルコラムで紹介したショップの中にも!

ぜひ、こちら↓の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

 

 

「ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店」さん。

 

ダンデライオン

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/29355

 

 

「ラ メゾン ジュヴォー 京都祇園店 ブティック&サロン」さん

 

ジュヴォー

 

https://www.kotostyle.co.jp/blog/archives/29505

 

 

ことしは、どこでどんなチョコレートを買おうかな~と迷ったら

のれんを目印に、おでかけしてみては?

ハッピーバレンタイン!

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です