こんなにラクなら、もっと着たい! 「3部式きもの」①


 

ふだんから和服姿の方をよく見かける京都ですが、

この時季は、また特別。

お正月や成人式の晴れ着姿が眩しいですね。

すぐに卒業シーズンも。

美しく伝統ある着物姿にはとっても憧れますが、

いざ着ることになると、

あれこれ大変だったりしてしまうのも現実…。

 

そんな中「3部式きもの」を販売されているお店driccoさんが

すてきな新店舗に移転されるとの情報をゲットしました。

看板

 

http://dricco-kimono.com/whats-dricco/

伝統ある着物文化を若い世代にも気軽に取り入れてほしいと

斬新かつ画期的なアイデアで開発された「3部式きもの」。

先日、夕方のニュース番組の情報コーナーで取り上げられていたのを

ご覧になった方も多いかも。

 

「3部式きもの」は、3つのパーツに分かれています。

・上半身(シャツみたいな感じ)

・下半身(巻きスカートみたいな感じ)

・胴まわり(幅広ベルトみたいな感じ)

driccoさんのホームページに、わかりやすく載っています。↓

http://dricco-kimono.com/whats-dricco/

 

テレビの紹介では、5分でかんたんに着ることができるし、

踊っても着崩れない…とのこと。

くわしく知りたくなったので

動画でもチェックしてみると、いろいろ、びっくり(笑)

みなさんも「3部式きもの」の着方、

まずは動画でぜひ見てください↓

https://www.youtube.com/watch?v=GxPWGqG5PNA

ふつうの着付けにはない

「スナップ」や「マジックテープ」というワードが何度も出てきます!

その代わりに、長襦袢や和装小物が不要とのこと。

 

「実際『3部式きもの』って、着てみたらどんな感じ?」

興味津々でオープンされたばかりの新店舗に伺いました。

 

移転されたお店は、路地奥に。居心地のいい隠れ家的ロケーション。

 

蔵1

 

蔵2

 

なんと! 蔵!?

重厚なエントランス…入る前から、気分も盛り上がります。

 

カジュアル

 

訪問着

 

落ち着いた空間に、

カジュアルなかわいらしい柄の着物から

正絹の訪問着や刺繍が美しい振袖、

和雑貨などが並び、わくわく。

 

「着てみませんか?」と、親切なお店の方。

「ありがとうございます」と、即答のわたし(笑)

やっぱり着てみないと分からないので・・・。

 

というわけで長くなりそうなので

実際に着せてもらった感想は続編の②へ。

想像以上!! ですよ。

「着物に興味はあるけど、いろいろハードル高い…」

と躊躇してるみなさま、お見逃しなく。

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です