京都で、いま注目の的!といえば パリ発「リベルテ・パティスリーブーランジェリー」さん


 

10月5日のオープン以来

「もう行った?」

「まいにち混んでるね~」

「ランチに並ばない?」

京都のマチのあちこちでウワサの的。

とくに女性たちに注目を浴びている一軒が

東洞院六角下がるに誕生した

「リベルテ・パティスリーブーランジェリー」さんです。

 

外観1

 

外観2

 

https://libertejapon.com/about/index.html

世界イチとも言われるパティスリーブーランジェリー激戦区パリで

人気店の地位を確立。

日本では、東京・吉祥寺に続いて2店舗目です。

 

オープン初日から

数回覗きましたが、いつも大賑わいだったので

なかなか入れず。

でも、きょうこそは!と意気込んで行ってきました。

 

お昼休みの時間帯はかなり混むだろうと、11時すぎに到着。

いい具合に、カフェスペースには空きの席も見られてラッキー!

 

カフェスペース1

 

と思いきや…

「いまの時間帯はテイクアウトだけになります」と

店頭に立つスタッフさん。

ザンネン…(涙)

 

イートインは終了しました

 

イートインのラストオーダーの時間がすぎていたようです。

他にも、システムに混乱されていたお客さまがいらっしゃったので

みなさん、おでかけの際には

WEBサイトなどで時間をよくチェックしてくださいね~。

 

気をとり直して、テイクアウトの列に並ぶことに。

まずは、美しい佇まいのケーキの数々。

 

ケーキショーケース

 

オープンキッチン

 

その向こうには、パティシエの方々が作業されている

オープンキッチン。

エントランスからすぐ、華やかさと活気でお出迎え。

こういうウェルカム感って、大切だなあと実感です。

 

パンカウンター

 

奥へと続くカウンターには、たくさんのパンが並んでいます。

バゲットやパンドミなど、シンプルなパンの種類が豊富。

お値段も、ちょっと高級だなあと感じつつ

クロワッサンを選びました。

税込320円。

 

クロワッサン

 

混んでいるので、番号札をもらってお会計を待ちます。

その間に、スタッフの方が

オリジナルのアイスティーを配ってくださるサービスも。

 

カフェスペース2

 

カフェスペースを見渡すと

オシャレなママ友グループが多い印象。

ゆったりとおしゃべりできそうなソファ席も。

つぎは、ぜひランチに並んでみたいと思います。

野菜メインまたは魚メインのワンプレートに、パンつき。

パンのお替わりができるようなんです。

販売されているパンの価格を考えると

ランチってお得な気がします。

 

さて、帰宅して食べた高級クロワッサン。

ひとつ320円もするので

今後はなかなか買うことはないだろうな~と思っていたのですが…

ひと口めで納得。ちょっとびっくりするぐらいのおいしさでした。

もちろん大満足!

また自分のためのご褒美?とかなんとか理由をつけて

買ってしまう予感(笑)

 

食欲の秋も、芸術の秋も満たしてくれるような

カジュアルな雰囲気でありながらオシャレなオミセ。

オミセツクル真っ最中のみなさんにとっては

旬の京都を知るためにも

ぜひチェックしていただきたい一軒です。

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です