「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」へ行ってきましたレポ (その2)


お待たせいたしました!

行ってきましたレポ、続編です。

 

ブルーボトルコーヒー 中庭と奥の棟

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」は

中庭をはさんで町家が2軒。広々スペースです。

奥の方の町家で注文をし、待っている間にきょろきょろと観察。

ブルーボトルコーヒー 窓と天井

歴史を感じる土壁や梁、高い天井が印象的。

 

ブルーボトルコーヒー ドリップ

ブルーボトルコーヒー カウンター

 

カウンターまわりは、スタイリッシュ&すっきり機能的。

全体に、明るいオープンなスペースですが、

坪庭のむこうには

奥まっていて落ち着ける

小部屋のような空間も。

 

ブルーボトルコーヒー 坪庭とテーブル席

日差しも雨も、お天気の気配が

ごく近くに感じられるようなオミセのつくりに思えました。

 

さわやかな晴天のこの日は、

中庭でコーヒーを楽しまれているお客さんの姿も。

とくに、動きたい盛りのお子さま連れには

うれしいスペース。

おとなも、ゆっくりリラックス。

 

ブルーボトルコーヒー 表の棟外観1

 

次に、通りに面した方の建物へ。

こちらも土壁!!

ブルーボトルコーヒー 表の棟 土壁のボトルマーク

年季を感じる土壁に、鮮やかなブルーボトルのサイン。

意外な組合せがおもしろくて、気分が上がってきます。

障子も、町家カフェならではのインテリア。

 

ブルーボトルコーヒー ショップ棚

ショップコーナーがありました。

コーヒーにまつわるアイテムの他、

ニット帽やお弁当包みなども販売されていました。

 

2軒の町家と、そのあいだの中庭で構成された

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」。

2軒とも、外観は、いかにも町家。整然と美しい佇まい。

でも、中に入ると、大胆、明るい、オープン!

意外性を満喫できました。

 

インクライン桜

すぐそばには、インクラインの桜並木も。

春とブルーボトルコーヒーを楽しみながら

オミセツクルアイデアを刺激しに、ぜひおでかけを!

 

ブルーボトルコーヒー公式サイトhttps://bluebottlecoffee.jp/

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です