京都ならでは。ちょっと大人っぽく嗜むハロウィン。


京都のマチナカ、いたるところに

ハロウィンカラーが溢れているきょうこのごろ。

オレンジや紫が鮮やかですね。

 

ハロウィンスイーツも、かなり充実。

デパ地下をひとまわりすれば、

年々バリエーションの広がりを実感します。

洋菓子・和菓子を問わず、

かぼちゃ、おばけ、クモの巣、こうもり…などなど、

ハロウィンモチーフがあちらこちらに。

 

カラフルなハロウィンスイーツが並ぶ中、

目が合って惹かれてしまったのは

はんなり落ち着いたハロウィン和菓子でした。

デパ地下の「仙太郎」さんの売り場。

「ハロウィン薯蕷」。

ハロウィン和菓子

ほっとひと息つきたいお茶タイムにぴったり。

京都らしさを感じます。

http://www.sentaro.co.jp/wagashi-cat2.html

 

ところで、ハロウィンといえば、仮装!コスプレ!

という方も増えているようですね。

京都でも、イベント多数。

一方で、まだまだハードルが高いと感じている方には、

ハロウィンカラーを意識したおしゃれがオススメ。

 

いまや「京都のネイル」として全国的に人気の

「胡粉ネイル」を使って

ハロウィンネイルはいかがですか。

「胡粉ネイル」は

日本最古の絵の具屋「上羽絵惣」さんから生まれた

爪にやさしいネイルカラーです。

上羽店舗

https://www.gofun-nail.com/company

 

それぞれに名付けられた色名も魅力的。

老舗の絵の具屋さんらしい

上品でイメージが豊かにふくらむネーミング。

 

ハロウィン限定のこちらのセット。

3つの色の名前は、左から

紫苑(しおん)・おみかん・鮮紅朱(せんこうしゅ)。

ネイルパッケージ表

気分をさらに盛り上げるネイルシール付きです。

ネイルシール

https://www.gofun-nail.com/halloween2017

 

ビビッドな色は苦手…という方なら、

紫苑(しおん)をメインカラーとして塗れば

大人のシックな指先に。

和の花から生まれたような

やさしい色。

ハロウィンネイル1

ポイントに、他の2色を効かせると、

相乗効果でハロウィンらしさが生まれます。

シールの黒や金色のラインもうまく取り入れると

セルフネイルとは思えない出来栄えに。

ハロウィンネイル2

 

京都らしく、ちょっと大人のハロウィン。

探してみると、まだまだありそうです。

10月31日までの限られた期間、

みなさんは、どんなふうに楽しみますか?


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です