ミシン台のテーブルなど、古道具屋さんのカフェならでは。


 

そのお店らしい、レトロでやさしい雰囲気を生みだす

存在感あるテーブルに出会いました。

eight ミシン台1

SINGERのマーク、気付かれましたか?

アンティークのミシン台のようです。

eight ミシン台2

 

ココは、東山駅スグの「eight」さん。

古道具と雑貨のショップで

奥にはカフェコーナーが併設されています。

古民家を改装されたお店。

eight 外観

 

古道具のショップだけあって

カフェコーナーのレトロ感も格別です。

eight カフェ

eight 看板

eight コップ

 

 

とくに京都には、

古民家や町家をリノベーションしたお店をもちたいと

お考えの方も多いと思います。

古さを活かした空間にフィットする

テーブル、椅子、雑貨選び。

「eight」さんには、そんなヒントがあちこちに。

遊びゴコロあるセンスに触れられます。

 

eight 雑貨売り場

お店に入ってスグの雑貨販売スペースには

たくさんの個性的なアイテムが並び、

懐かしさにときめきますが、

奥のカフェコーナーでは

とても穏やかな気持ちで過ごすことができました。

eight 飾り

BGMに流れていたレコード、

ユーミンの歌声も心地よく。

eight レコード

 

お店にレトロ感あるアイテムを投入したい方は、

ぜひ覗いてみてくださいね。

eight テレビなど

懐かしい古道具、インパクトある雑貨、

ひとつあるだけでもお店のアクセントになりそうです。

 

http://kyoto-eight.com/index.html

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム, 店舗デザイン   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です