個性派のスタイリッシュな宿泊施設


 

近年、ラグジュアリーなホテルが増えている印象の京都。

一方で、個性的なスタイルをもつ宿泊施設も登場しています。

 

たとえば、2月15日OPEN予定の「ザ・プライムポッド京都」。

繁華街のド真ん中、木屋町三条のビルの中。

まだOPEN前なので、ホームページの写真を見る限りですが、

PODと呼ばれる客室は、ひとり用のコンパクトなもの。

機能特化型でありつつ、とてもスタイリッシュ。

木のあたたかみと、行燈やちょうちんのような照明が印象的です。

9階のロビーラウンジは、

京都の風情を感じられる

くつろぎ&交流のスペースになるようです。

http://theprimepod.jp/kyotolp.pdf

 

それから、いま注目の「BOOK AND BED KYOTO」。

その名のとおり「泊まれる本屋」。

去年12月にオープンしました。

京阪・祇園四条駅からスグという好立地。

ビル

ビルの9階に上がると…

不思議な世界への扉?

独特の雰囲気に、胸が高鳴ります。

B&B 扉

受付けで、先にお会計を済ませてから中へ。

 

B&B 眺め

ココは京都のマチナカの9階なんだ!と実感する眺め。

この角度からの南座と鴨川、なかなかありませんよね。

本より先に、まずこの景色に見入ってしまいました。

 

B&B 本とベッド

B&B ソファ

スペースの真ん中に、ずらりと本が並んでいます。

本のセレクトは、ごろんと横になって読むのにぴったりの

ゆるめのものが多く揃っているように思えました。

 

うれしいのは、宿泊施設でありながら

宿泊なしの昼間の利用(デイタイム)が可能なコト。

地元・京都のひとには、うれしいですよね。

デイタイム利用時、ベッドの使用は不可ですが、

壁際にぐるりと座り心地のいいソファがあるので

じゅうぶんくつろげます。

クッションもたくさん。膝掛けもあり。

居心地がよすぎて、

いま副交感神経が優位になってるんだろうな~と

自覚できるぐらいリラックスできましたよ。

B&B ベッド

http://bookandbedtokyo.com/kyoto/index.html

 

他にも、新スタイルの宿泊施設が、京都には続々。

なかなか宿泊の機会はなくても、

イベントやワークショップなど

地元のわたしたちにも楽しめることがありそう。

コンパクトなユニークホテル、今後も要チェックですね。

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です