雑誌「Casa BRUTUS」の特集に、うっとり。照明のスタイリング


 

夜の京都。冷たい空気の中、

イルミネーションがますます美しく冴えて見える気がしますね。

屋内においても、冬は灯りが気になる季節。

いま書店に並んでいる「Casa BRUTUS」は

もうご覧になりましたか?

美しい照明の特集記事です。

特に、お店づくりを予定されている方や

インテリア構想の真っ最中!という方は、

ぜひチェックしたい1冊。

表紙にある「照明こそインテリアの要です!」というワードに

共感される方も多いのではないでしょうか。

 

店舗の照明には、大きく分けて、

2つの役割があるように思います。

まずは「肌を美しく見せたい」

「商品をクリアに見せたい」

「カウンター席をムーディーに」

などといった「照明をONにしたとき」の灯りの役割。

それから、もうひとつ

「OFFのとき」でも、そのお店らしさを感じるオブジェとしての役割。

 

「でも、機能だけじゃなくって

センスもばっちり!な照明って、どこで購入できるの?」

そんな声にお応えするのが、

このたびOPENしたテンポカスタムです。http://www.tenpo-custom.com/index.html

 

全体のアイテム数はまだ限られていますが、

「照明・電気」のカテゴリーでは

個性的なアイテムをピックアップしてご紹介しています。

真鍮のペンダントライトや

味わい深い「船舶用」を思わせるヴィンテージ風ライトなど

気になる方は、要チェック!です。

使用シーンの写真なども掲載しています。

 

「そろそろお店のプチ・リフォームを!」

「イメチェンしたくなってきたかも…」

そんなオーナーさんも

2017年の始まりは、灯りを変えてリフレッシュ!

なんて、いかがでしょうか。

 

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です