花見小路の町家に、エルメス!


 

2017年、大丸が創業300周年(!)を迎えられるそうです。

その記念行事の一環として

「大丸京都店 祇園町家」を出店。

11月3日(祝)OPEN!

%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b9%e7%94%ba%e5%ae%b6

四条通の南、石畳の花見小路に面した立派な町家です。

この京都らしく風情あふれる空間に

第一弾として登場するのが「エルメス」!

%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%b9

 

スタートの1カ月間は

「エルメスといえば…」の象徴である

スカーフ(カレ)をメインに

展示やイベントも開催されるそうです。

 

スカーフやアクセサリーを展示するモダンな内装にも、

古いものを大切にしたいという思いが込められています。

釘や接着剤を使用しない

「木組み」や「組子」と呼ばれる

伝統的な建築技法をとりいれたデザイン。

ぜひ実際に見てみたいものですね。

 

エルメス出店の期間が終わった後も、

さまざまな企画が展開される予定。

大丸の記念行事を通して

町家の再生・活用、地域の活性化をめざす取組みになっています。

 

エルメスのマークののれん、

世界で唯一?かもしれませんね。

ちょっぴりオシャレをして出掛けたくなるスポットです。

花見小路がますます華やぐ予感!

http://www.daimaru.co.jp/kyoto/topics/2016101356013.html

 

 

 

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です