日本で最初の商業施設付き団地である堀川団地。その歴史ある商店街内に日本酒バルポキ家様がオープンされました。

 

店舗のデザインは建物が建った当時から残る、少し表面の朽ちた状態になっていたコンクリートの壁をあえて利用しながら、日本酒の持つすっきりと洗練されたイメージと馴染み深いあたたかみを感じられることを意識し、新しい部分と古い部分とのコントラストが感じられる事を意識したつくりになっています。

 

クールな印象を受けるモルタル、コンクリートといった素材を多用しながらも、そこに無垢の天板を入れる事で、人のもっとも触れる部分にはぬくもりが感じられる様にという思いをこめております。

 

また、ポッキーさんの当初からの御希望と設計工事担当者の熱い要望により、京都出身の作家さんによる作品Re;planterという照明器具をカウンターの一番目立つところに設置し、お店の顔として店内の演出の一端を担ってもらっています。外からもよく目立つ、木で作った大きな日本地図もポキ家のサインとして存在感を出しております。

 

全国の珍しい日本酒、お酒のすすむ“あて”はもちろん、なにより店主のポッキーさんの人柄が魅力です!ぜひカウンター越しにおしゃべりしに来てください!日本酒はちょっと苦手・・・というひとでも、きっと楽しめます!

 

内容:店舗デザイン設計施工・ストアツール(ロゴデザイン)

業種:日本酒バル

広さ:約58.50(17.7坪)

住所:京都府上京区桝屋町28  出水団地115号