銭湯リノベ、金庫リノベ。


春の陽気に誘われて、おでかけ。

そんなときの楽しみのひとつに、

カフェでのお茶タイムがありますね。

仲間といっしょでも、ひとりでも、

充実したひとときを過ごせる

リノベーションカフェに立ち寄ってみました。

 

嵯峨野駅すぐ。

嵯峨野湯外観

のれんを見ると

元・銭湯ということが、すぐにわかりますね。

のれん

 

その名残りを探すのも

リノベーションカフェの楽しみかた。

蛇口

下足箱

お会計コーナーには、

BANDAIと書いてあります。

番台

 

元は、このあたりに浴槽があったのかな~

などとイメージしながらの

おいしい時間。

 

もう一軒は、京都文化博物館の別館内。

文化博物館中庭

元は、日本銀行京都支店の金庫室。

居心地のいい店内です。

前田珈琲店内

 

金庫室の名残りを見つけました。

窓のむこうには、鉄格子。

窓

壁の扉

金庫…ということは、

いま座っているこのあたりにも

昔は大金やお宝が!?

と、ちょっとゾワゾワするような

ワクワクするような。

 

お店を出るときに気づきました。

ドアもがっちり厚みアリ。

何重にもガードされていたのでしょう。

ドア

 

「元は○○でした」

というリノベーションのお店。

京都には、いくつもありそうです。

また、リノベーションするときには

あえて元○○の名残りを活かすと、

きっとお客さんの楽しみも倍増!

 

あっ!そういえば、先日元銭湯という物件。

御預りしてきましたので、ご興味ある方は

お問合せください~。(北野天満宮から徒歩圏内、味アリアリっす。)

上京区-東竪町一棟 (1)


カテゴリー: オミセツクルコラム, テナント仲介, 店舗デザイン, 物件情報   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です