事業計画書が、どんどんブラッシュアップされる行政サービス


事業計画書、創業計画書を目の前に、

頭を抱えてしまっていませんか?

ひとりでは、息が詰まってしまいそうに

なることもありますね。

ほんとに大変な時期!…と体験上、お察しします。

 

カンペキなものを一気に仕上げようとしても

なかなかできるものではありません。

そんなときは、まだラフな段階でも

他のひとに(できれば専門家に)

見てもらうことをオススメします。

 

たとえば、行政のサービスを活用してみませんか。

京都府の公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)の

STC(エス・ティー・シー・スリー)。

企業創業を支援するシェアオフィスです。

http://stc3.net/

京都市の公益財団法人京都産業21のセミナーや

https://www.ki21.jp/

京都商工会議所の創業塾、創業支援セミナー、窓口相談なども。

http://www.kyo.or.jp/kyoto/

 

専門家、行政のアドバイザーの方々との

個別相談を繰り返していくうちに、

事業計画書は分厚く充実したものになり、

ブラッシュアップされていきます。

 

また、シェアオフィスやセミナーなどの会場で

知りあうひとたちは「開業・創業」をめざす同志!

意見、アドバイスだけにとどまらず、

いまのがんばりを分かちあい、支えあえる、

貴重な仲間を得られると思いますよ。


カテゴリー: オミセツクルコラム, 事業計画書, 開業サポート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です