注目! レトロビルディングの魅力。


京都には、戦災の中も生き延びた

近代建築の美しいビルが、いくつも存在します。

クラシカルな雰囲気を活かしたビルの中には、

ショップ、カフェなどの商業施設、

事務所などがうまく融合して、魅力的。

階段ひとつとってみても、

年季の入った手すりの色合い、装飾などに心奪われます。

 

たとえば、四条河原町下がる、壽ビルデイング。

レトロビル外観

昭和2年に建てられた高層化初期のビルだそうです。

右から書かれた文字が、たまりませんね。

曲線が美しい外観です。

ショップや事務所が入っています。

 

レトロビル案内版

レトロビル階段

 

レトロビル踊り場から

 

また、河原町三条から西へアーケードを抜けると、

レトロなビルが点在。

博物館や郵便局だけでなく、

商業施設として活用されているビルもあります。

 

三条富小路には、SACRAビル。

大正5年に建てられた銀行建築。

階段やショップの扉に使われた木の重厚さ、あたたかみ。

年月を経てこその味わいが、あちこちに。

 

ちなみに、こちらのSACRAビルさんの一階には

先日、改装工事のお手伝いをさせて頂いた「キメラボ」様も

ご入居されておられます。

1

(キメラボ様の事例紹介ページはこちらから。)

 

烏丸通りを過ぎると、文椿(ふみつばき)ビルヂングがあります。

大正9年に建てられた木造の洋館。

こちらにも、クラシカルな大人の雰囲気に融合したさまざまなお店が。

 

せっかく京都でお店や事務所をOPENするなら、

そんな個性的なレトロビルをチェックしてみるのも

いかがでしょうか。

お客さんはもちろんのこと、

自分が職場として通うのもワクワク。

心地いい居場所になりそうですよ。

レトロなビルも、一緒にお探しします。

お気軽にご相談くださいね。


カテゴリー: オミセツクルコラム, 物件探しテクニック   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です