重要事項説明って重要なんです。-京都の店舗専門・テナント仲介・店舗デザイン設計施工-


 

おはようございます、穴澤です。

今朝は、朝一番から重説を2件

チェックしておりました。

 

2件も同時に重説が出来るなんて言うのは

本当にありがたい事です。

スタッフにはとても感謝しています。

 

ところで、重説ってご存知ですか? 

重説というのは、重要事項説明書の

事を言いまして、物件の契約を行う前に

重要な事を説明しておくことで

契約時のトラブルを回避するものです。

 

保険や携帯の契約にも

重要事項説明は行われるので

ご存じの方も多いかもしれません。

 

契約書についてだったり

支払う費用に関してだったり

契約に関わる大切なコトが

びっしりと書いてあります。

 

びっしりと書いてあるので

読むのがめんどくせーなーと

思っている方もおられますが

実はこれが重要なんです。

 

不動産の仕事って物件を探す仕事だと

思っておられる方も多いと思いますが

それよりも、双方が納得できる

契約を行う事の方が重要なんです。

 

その為に宅地建物取引主任者といった

国家資格が設けられています。

有資格者でないと、不動産の取引は

行ってはいけないものなんです。

 

では、そんな重要事項説明書

どのような仕事をするのか

それは、専門的な不明確な取引内容を

しっかりと説明するという事です。

 

例えば、原状回復義務がついてます・・・?

原状回復って何?

ご存じの方もおられるでしょうが

知らない方もおられます。

 

これは、退去時には入居時の状態に

戻して出て行って下さいという内容です。

 

なんとなく文章にすればわかるけど

もう少し掘り下げるとどうでしょうか。

一般的に使っていた程度の汚れも

もとの様にピカピカにしないといけないのか。

 

そういわれると、どっちだろうと

考える人もおられると思います。

一般的な汚れは通常損耗と言いまして

原状回復には値しないのです。

 

他にも、エアコンがついているけど

家主さんがメンテナンスを見てくれるのか

自分達がメンテナンスをしなければいけないのか。

 

このように掘り下げると疑問が

たくさん生じてくるんです。

 

本来はそういった事を明確にしておいて

契約する必要があるのですが

そこまでしっかり出来ている方の方が

少ないのではないでしょうか。

 

どの契約書も重要事項説明書も

同じかといえば、違います。

フォーマットは同じでも

随所で家主さんや管理会社さんによって

修正がくわえられているものです。

 

だからこそ、不動産という仕事の

重要性が出てくるというものなんです。

物件を探すのと同じ位に

不動産会社を探すのも重要です。

 

物件探しに疲れ果てて、物件が決まったら

あとは、お任せ~、、、なんて事だけは

やめてくださいね。

 

あなたが契約する物件について

しっかりと契約内容を理解した上で

開業準備を進めていきましょう。

 

 

——————————————————————–

 

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に

下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方

→  無料相談・お問合せ → 無料小冊子プレゼント中 → 毎月セミナー開催中

・ お店を出す準備として、まずは物件を探してみたいという方

→  物件を探す → 厳選物件紹介 → 無料相談・お問合せ 

・ 物件は見つかっており、デザイン・工事の御見積りをしたいという方

→ 事例紹介 → お客様の声 → 無料相談・お問合せ 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です