伊勢神宮で式年遷宮の儀が行われました。-京都の店舗専門・テナント仲介・店舗デザイン設計施工-


 

お世話になっております。

池田です。

 

昨日、伊勢神宮で20年に一度社殿を

建て替える式年遷宮で新しい正殿に

ご神体を移す遷御の儀が行われて

いました。

 

1300年続いている式年遷宮は今年

で62回目を迎えたとのこと

 

そもそも遷宮ってなになのか?

 

新しいお宮を造って大御神にお遷りを

願うことで、式年とは定められた年を意味

します。

 

神宮には内宮、外宮と東西それぞれ同じ

敷地の大きさがあり、20年ごとに同じ形の

社殿を交互に造り替える儀式です。

 

簡単にいえば神様のお引っ越しのような

ものみたいですね。

 

ただ、そのお引っ越しに掛かる費用が

550億円掛かっているそうです。

 

8年もの歳月をかけ、たくさんの祭事を

重ねて準備していくことから日本人が

改めて氏神の信仰する民族なんだなと

感じました。

 

また、今回の遷宮は金座と呼ばれ、波乱や

激動、物質欲が強い経済の時代と言われて

いるそうです。

 

前回もバブル時代に行われ、経済界に大きな

変化が起こるそうです。

 

4月から消費税が8%に上がると政府から発表

されただけに、今回も時代を変えるような大きな

変化があるかもしれませんね。

 

 

——————————————————————–

 

コトスタイル株式会社ではお店を出して開業を目指される方々に

下記のサービスを行っております。是非、お気軽にご相談ください。

 

・ 開業したいけど何からはじめたら良いかわからないという方

→  無料相談・お問合せ → 無料小冊子プレゼント中 → 毎月セミナー開催中

・ お店を出す準備として、まずは物件を探してみたいという方

→  物件を探す → 厳選物件紹介 → 無料相談・お問合せ 

・ 物件は見つかっており、デザイン・工事の御見積りをしたいという方

→ 事例紹介 → お客様の声 → 無料相談・お問合せ 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です