マーケティングについて。バリューセリングとプロダクトセリングって考え方


 

おはようございます。穴澤です。

今日もマーケティングについて復習です。

なんだか、どっぷりです。

 

-何故か、同じ商品だけど、価格が違う。-

 

例えばおいしい水を、イメージしてください。

今朝も買いましたが、一般的には自動販売機で110円

だけど、激安ディスカウントショップなんかに行けば

箱売りで一本50円とかでも売っています。

 

最近話題になった川越シェフのお店では

800円らしいです。

 

と、同じような水の金額がこうも違うという点に

普段気づいてますか?

ここに、今日のテーマの秘密があります。

 

要は、価格設定を行う際に

何を基にしているかという点がポイントです。

 

-商品重視のプロダクトセリング-

 

例えば、ディスカウントショップで50円。

これは、とにかく安く仕入れたいという

ユーザー向けではないでしょうか。

 

同じ商品なら、わざわざディスカウントショップに

足を運んでも安く買いたいという考えです。

主にこのような、商品(プロダクト)重視の考え方を

プロダクトセリングと言うそうです。

 

同じ商品を買うなら安い方がいいですよね。

だから、商品重視のプロダクトセリングは

価格競争に巻き込まれやすいそうです。

 

-価値重視のバリューセリング-

 

逆に川越シェフのお店だったら、

(おそらくですが・・・)

それは素敵な内装の中、一流のディナー。

 

そんな特別な空間で味わえる水だからこそ

特別な体験価値として、特別な価格設定にしても

お客様に受け入れて頂けるという考え方になります。

 

これを、バリューセリングと言うそうです。

商品ではなく、バリュー(価値)に裏付けされた価格。

サービスという見えない価値を売ってるイメージですね。

 

-あなたのビジネスはどちらのセリング?-

 

プロダクトセリングとバリューセリング。

価格の捉え方の違いですが、

大きな違いが現れますよね。

 

あなたなら、どちらの価格の決め方をしたいですか?

価格競争に巻き込まれるプロダクトセリングではなく、

高価格が狙えるバリューセリングですよね。

 

では、どうすればバリューセリングという考えができるか、

これこそが、マーケティングの醍醐味ではないかと思います。

 

あなたが、これからお店を出して開業を考えておられるなら

このバリューについて、もう一度深く考えてみてください。

今日はバリューセリングとプロダクトセリングについて書きました。

 

うーん、やっぱりマーケティングって面白いですね!

お店作りと考え方が直結しているから、余計そう思うのかも。

まだまだ、ネタはいっぱいあるので、

次週からも、しばらくマーケティングについて考えてみます。

 

 

——————————————————————–

コトスタイルの新しいサービス!

販促開業パックストアツール。

詳細はこちらをご覧ください。

ストアツール


カテゴリー: オミセツクルコラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です