キセキ的?に予約ゲット! うわさの「悟空のきもち」行ってきましたレポ


 

暑くて寝苦しい夜が続きますね。

「途中で目覚めて、あまり眠った気がしない…」

「睡眠不足で、日中の作業にも影響しそう…」

そんな方にとって、なんとも魅力的なキーワードが

「絶頂睡眠」!!!

 

「絶頂睡眠」を体験できると

さまざまなメディアでとりあげられている

頭の揉みほぐし専門店「悟空のきもち」さん。

https://goku-nokimochi.com/kyoto.html

聞いたことある!という方も

多くいらっしゃることと思います。

予約をとるのは至難のワザ!の大人気店。

ホームページによると

新規予約での全国5店舗のキャンセル待ち合計は

312,051人(2018年7月現在)!

 

「絶頂睡眠」なんて言われると、惹かれて当然ですよね。

ましてや予約困難と知ると、

よけいに体験してみたくなるのが

人間の心理というもの。

さっそく、キャンセル待ちのLINE登録をしてみました。

ただ、キャンセル枠が出ても、

1分ほどで埋まってしまうとのこと。

なんといっても、312,051人が待っているので

競争率を考えると、絶望的になります(笑)。

 

ところが、その翌日

「悟空のきもち」さんのホームページを見ると

予約カレンダーに空きが出ていました。

あれれ?? と目を疑った一瞬。

想定外の事態に困惑しつつも

これってチャンスよね! と、ひとり大興奮です(笑)。

スケジュール帳を確認するのもそこそこに

急いで予約に必要な項目を記入→送信!

タイミングがよかったのか…なんだか不思議なのですが、

キセキ的に予約がとれました。

謎ですが、とにかくラッキー!

 

「悟空のきもち 京都本店」さんへ伺ったのは

予約申込みから3日後のこと。

寺町四条のビルの中です。

かんばん

「絶頂睡眠」を体験したい!

強く思いながらも

電車内や美容院などでもウトウトしたことがないわたしは、

半信半疑…。

 

ドアを開けると、よくある整骨院や整体院と

あまり変わらない空間づくり。

でも、それらと異なるのは、

かなり薄暗いことと、

スタッフの方が「ひそひそ声」で応対されるということ。

眠りの空間としての配慮が徹底されているようです。

 

受付では、かんたんに施術の説明がありました。

「絶頂睡眠とは、ふつうの睡眠とは異なり、

寝ているか寝ていないかよく自覚できない心地よい眠りです」

とのこと。

「ん?それは、どういうこと?」

もう少し聞いてみたかったのですが、

「ひそひそ声」なので、いろいろ質問はしづらい雰囲気もあり…。

 

案内されて、ちいさな個室スペースへ。

受付・待合スペースより、一段と暗くなります。

いす

心地いいイスが、ぐっと後ろへ倒れ、脚はオットマンへ。

カラダはリラックスした状態ですが、

きもちはワクワク!

ベーシックな1時間コースのはじまりです。

頭を中心に、デコルテ、肩甲骨、目もとなどを

揉みほぐしてもらえます。

もちろん心地いいのですが、

「いつ睡眠に落ちるか」と期待しすぎて

ワクワクが止まりません。

結果、かなり覚醒したまま1時間が過ぎてしまいました…。

 

外では寝られないタイプなので仕方ない。

気持ちよかったから、それでよし!

と思いながら受付へ戻る途中、

なんと、あちこちから寝息やいびきが!

それも、なんとも心地よさそうな…。

やっぱり「絶頂睡眠」ってあるのね、と

うらやましいような、くやしいような。

次こそはリベンジ!と予約を入れて帰りました。

新規で予約をとるのは至難のワザですが、

いちど施術を受けたひとは

優先的に次回予約がとれるシステム。

そんなしくみにも関心しながら、

まんまとのっかっているわたしです(笑)。

ビルの出口で一緒になったお客さん方が

「バリきもちよかった…」と

感嘆の声をもらしていらっしゃいました。

表情からも、そのうっとり感が伝わってきて

…あぁ、いいなあ。

つぎこそ、わたしも「絶頂睡眠」体験しました!と

お伝えできることを楽しみにしています。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です