賑わう四条烏丸エリアに、静かな風が吹く石畳。 「膏薬辻子(こうやくのずし)」


 

7月。いよいよ祇園祭が始まりました。

 

ちょうちん

 

月鉾保存会

ますます活気あふれる四条烏丸エリア。

 

そんなマチナカの駅チカ。

四条の大通りから南へ入る路地があります。

路地

とつぜんの静かな世界。

ふだんは見過ごしていたかも…。

「膏薬辻子(こうやくのずし)」と呼ばれる細い通り。

膏薬辻子

 

とくに炎天下は、交通量の多い道路よりも、

こんな石畳の路地を歩きたくなりますね。

吸い込まれるように「膏薬辻子」へ。

路地の店

 

路地のホテル

 

神社

オミセもホテルも、和の佇まい。

京都を舞台にした小説が生まれそうな光景。

このエリアには、重要文化財の住宅もあるそうです。

 

突き当たって、さらに奥へ。

路地奥

四条烏丸から歩いて5分…とは

とても思えないロケーションです。

町家のオミセに

のれんがなびく様子も、画になりますね。

 

外観1

 

外観2

そんな中、ひときわお客さんの出入りがあるオミセを発見。

紙とサンドイッチのオミセ「ROCCA&FRIENDS PAPIER KYOTO」さん。

http://rocca-papier.com/

ロゴ

先月オープンしたばかりの新しいオミセですが、

まわりの景観にしっくりと溶け込んでいます。

店内の窓

 

店内

店内も、古い造りの魅力が活かされて。

障子、ふすま、引き戸などにも、ほっと和みます。

 

1階がサンドイッチやスムージーのカフェスペース。

2階の紙雑貨、文房具などのスペースは、

8月オープン予定とのこと。

 

ドリンクの種類が多く、テイクアウトOKなので、

バーゲンや祇園祭でますますアツイみなさんも、ぜひ。

マチナカに突如あらわれる静かな別天地で

クールダウンしましょう。

 

「町家を活かしたオミセをオープンしたい!」

「隠れ家のような路地物件に巡りあいたい…」

そんなオミセツクル真っ最中の方も

もちろん要チェックですよ。

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です