京町家×南仏プロヴァンスのパティスリー@祇園新橋


 

祇園白川

白川の流れ、風情ある石畳。

とくに観光の方にとっては

「ザ・京都」「ザ・祇園」と感じられる通りなのではないでしょうか。

辰巳神社の北側、祇園新橋。

祇園新橋1

修学旅行生や和服姿の方も多く、撮影スポットとしても人気ですね。

 

そんな京情緒あふれる祇園新橋に

町家リノベーションのオミセが誕生したと聞いたので

さっそく行ってみました。

祇園新橋2

5月25日にOPENしたばかり。

「ラ メゾン ジュヴォー 京都祇園店 ブティック&サロン」さん。

ジュヴォーは、南仏プロヴァンス地方で愛され続けている

老舗パティスリー。

日本では、東京、名古屋で展開。

今回の京都店が、はじめての関西進出だそう。

ジュヴォー外観1

 

新店舗とは思えないほど、祇園新橋の町並みに

しっくりとなじんでいます。

風情や風格がありながらも、入りやすい雰囲気。

ウェルカム感! 大切ですよね。

ジュヴォー外観2

店内に入ると、外観の印象から一転。

さまざまなスイーツが宝物のようにディスプレイされている様子は、

まさに海外のパティスリー。

「生ロカイユ」というメレンゲ菓子や

はかり売りの「マロングラッセ」が並ぶ光景が

なんだか新鮮。

わくわくで、目が輝いていたと思います(笑)。

 

2階へ

2階のサロンスペースへ案内していただきました。

2階上がったところ

和洋のテイストが融合し、洗練された空間。

壁のイラスト

 

壁のディスプレイ

 

天井

白い壁、白い天井が印象的。

インテリアのほとんどがプロヴァンスのイメージですが、

ところどころに町家ならではのアクセント。

すだれ

窓辺のすだれや屋根瓦、

そのむこうに垣間見える京都の美しい町並み。

 

場所柄、観光の方が多いのかなと思いましたが、

この居心地のよさは

京都で暮らす、働く、わたしたちにとっても魅力的。

実際のスペースよりも

広々と感じられ、のんびりリラックス。

こんなオミセを構えたいな~なんて

妄想やアイデアがどんどん湧いてくるかも。

 

最後に。

サロンでいただけるスイーツの中で

「いちばんのオススメ!」とスタッフの方に教わった

チョコレートメニューをご紹介。

S

「ブールショコラ」。

そのままでも魅了されてしまう姿ですが、

ここに温かいチョコレートソースをとろ~り。

パティシエの方に、目の前でかけてもらえます。

チョコ2

 

チョコ3

ゆっくりと溶けていくチョコレート…

うっとり見入ってしまいます。

中にはフルーツが入っているので、さわやか。

夏にぴったりのチョコレートかも。

 

町家・古民家物件に憧れる方も

スイーツマニアの方も

南フランスに興味がある方も!

ぜひ足を運んでみては?

ラ メゾン ジュヴォー 京都祇園店 ブティック&サロン

http://www.patisserie-jouvaud.jp/kyoto.html

 


カテゴリー: オミセツクルコラム   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です